2018年6月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

広告

2018年5月 7日 (月)

やっと完成!........

GWが終ってしまったぁ.......。結局色々とやってたモンだから、GW中は車検取得に陸運局へと乗っただけ.........(泣)。まぁ完成したから良いんだけどね........。コレでやっと今シーズン仕様で乗り出す事が出来るのだ。GW終わった事だしまたお仕事頑張らんとね、次期プランに向けて...........(ΦωΦ)フフフ…(笑)。

と言うことで前回の続きで、せっかく車検受けて合格したけど、直ぐサマ残りの作業に掛かるのだ。この時点ではGW中に1日位は乗れるのか?.......の望みは捨てずにね(笑)。

Ge1 Ge2

先ず手を付けたのがテールランプ。今回フロントのイメージが大幅に変わってナンだか尖り気味(爆)だから、ソレに合せてテールランプも尖り気味のやつに。トータルコーディネートって感じ?(笑)。今回チョット大きめのテールランプでリアフェンダー後端内に収まらずに少し飛び出す形になるから、上部との隙間をギリギリまで詰めてマウント。テールランプ変わるだけでも割と新鮮な感じなのだね。 で、次の作業にとまたバラし.........マフラー外してギアケース外して...........っと

Ge3 Ge4

このアルミリング(?)の様なモノをインストするが、コレがナンなのかはお楽しみ(笑)。ただソノ前にギアケースのオイルシールも交換っと。特にオイル漏れしてた訳ではないが、何かタイミングでメンテしなきゃなぁ......と思ってた所なのでついでにやってしまうのだ。割と簡単にギアケースはバラせるのでサクッとシール交換完了。ただこのシールがハマる溝(?)がストッパ構造になってないので、入れて叩いてたら反対側に抜けた(笑)。なのでココ交換する際は、バラした状態で水平に丁度良いところで止めるか、組み立ててから当たるまで叩くか.........だと思う。(どっちが正しいのかは分からんです(汗))因みに管理人は元のシール位置を判断して丁度良い所で止めておいた。

Ge7 Ge5

元の純正プラカバーを廃して組み立てたギアケースにアルミリング(?)を取付。ゴツいステー類と共にコレなんなのか.............マタマタ某国より密輸.......イヤ正規輸入(笑)したった'OTEC' License Plate Holderなのだ。最近の外車ナンかに多い、リアアクスル周辺から伸びたナンバーステーなのだね。このステー類ってリング含めナンバー灯用の配線を通す溝が切ってあったりで随分と作りが良い。お値段もソレなりだったけど.......。

Ge8 Ge11

実際に取付けるとコンな感じ。リアサス外しスイングアーム落ちてるからナンバーが立って取り付く感じがするが、スイングアームが上げれば丁度良い角度になる?コノ角度のままだったら格好悪いな.........。因みにナンバー灯も付いてきたが(左横から照らすタイプ)、日本規格(?)のナンバーをセンターに取付けるとナンバーと被ってしまって取り付けられないので一旦外した(汗)。ナンバー灯は後程考える事とするのだ。

Ge10 Ge12

このLicense Plate Holderってタイヤサイズで数種類有り(ステーの長さ等が違う)管理人が購入したのは190/50-17用だが、青鬼号のタイヤサイズは190/55-17。クリアランスは..........思ったより大丈夫だったε-(´∀`*)ホッ でフェンダーも付いてくるんだけど案の定フェンダーは入らない。まぁ元々フェンダーは付けるつもりじゃなかったから良いんだけどね。しかしこのフェンダーってナンバーステーとは別料金で$175.........。フェンダー要らなかったけどセットもんだからダメだって...........(泣)。ナもんでナンバーステーで込みx2で$Ⅴ□△超えだった(驚)..........。もう今年は大きい買いモンは出来んな..........。

Ge13 Ge15

ナンバーステーが良い感じだったモンだから、邪魔な元のナンバーステーはブッタ切って(笑)リフレクター貼り付け。コレ無いと車検通らんからね.......。で先日付けたばかりでナンバーステー裏に付けていた(あ、blogに書いてなかったね)MOS-FETレギュを、最初からココに付けておけばよかったなぁ........と後悔しながらダミータンク内に移設(爆)。

Ge16 Ge17

リアキャリパーもペイントロゴ品に交換してフロントのモノブロックキャリパーと合わせるのだ。実は今回の前後キャリパー交換はペイントロゴもだがbrembo純正のチタニウムカラーにしたかった事も大きい。交換前のキャリパーもアルマイト掛けて近い色にしてみたが、どうにも納得行かずで交換なのだ。だってコッチの方が格好良いし.......。まぁ性能でなく見た目で選ぶのが管理人らしいと言うか........自分でもそう思うフ.......(爆)。 で、アンダーカウル付けたりと各部仕上げたらようやっと完成なのだ!

Ge18 Ge19
Ge20 Ge21

でも完成したのがGW最終日の夕方(汗)。結局一番良い季節の長期休みに全然乗り回して無いや........(爆)。 今回の作業自体も時間掛かったが、バラした部分の部品一つ一つの清掃と磨き等でも時間を要したからなぁ.......。でも今季Verが完成したから良しとしよう。コレでようやっと、本当にやっとこさ存分に乗り回せるのだね。今の所オイル、水周りの漏れも無いので安心か!? 先ずは近場で様子見か.......。

2018年5月 3日 (木)

取り敢えず車検取ってきた......

世間はスッカリGWなのだね......、って言う管理人も勿論GWなのだ(爆)。都合9連休だが青鬼号がまだ仕上がってないので何処にも行けれなヒ......(^O^;)。セッカクの長期休みだから家族サービスを.......とも思ったが、子供たちは友人と出かけたり部活だったりで家に居ず、嫁さんもナンヤカンヤで忙しい様なので結果的に結構自分の時間が取れたりする(笑)。嬉しさと少しの寂しさ......(´・ω・`)

っと、夜なx2作業で取り敢えずの状態でも車検取得を目指すGW。作業中であるジェネレータ部のオイル滲み対策での再組み立てだが、以前から気に入らなかった部分もついでに解決したった。

Gk12 Gk4

以前の記事で書いたが、削り出したブツはココの蓋(画像左:Before 右:After)。フライホイルのボルトがクルクル回ってるのが見えるのは良いんだけど、オイルがピューっとクリア部目がけて吹いてる様が気に入らなかった。なモンで蓋をして、ソレだけではツマランので音叉マークをインスト。耐久性はワカランが取敢えず大丈夫と思われ。で、出来上がったジェネレータカバーを組んだら.........

Gk1_2

Gk2 Gk3

ハイ!やっと動き出せるまでになりました(嬉)。車検取得が目的だから各部ソレなりの仕様だが、立ち姿は中々格好良いではないか!ほぼ管理人が目論んだ姿に大満足。家の前をグルグルと乗り回し(た夢を見て......)久々の青鬼号の感触を味わう。ん~.......ヤハリ自分のは良いモンなのだ。この時点が4月30日で、5月2日に予約した車検だが、興奮が抑えられず(爆)思わず明日(5月1日)へ変更(笑)。もう少し軽い作業するつもりだったけど、大手を振って乗る為の車検取得を優先したのだ。

Gk5 Gk6

夜に光軸合わせして各部再チェック。翌日午前中に自賠責加入と仮ナンバー借用を済ませ、午後に陸運局へ。平日とは言えGW中だからかR20が激混みで陸運局行くまでにエライ時間が掛かったから............予約した第3ラウンド(午後一番)の最終受付になってしまい、慌ててラインの車列に並んだら管理人最後尾(笑)。ラウンド最後だけどもう専用ライン行って良いよ~.......との指示でワープして直ぐに二輪検査ライン突入。鬼門の光量、光軸共に問題無くアッサリ合格(゚д゚)! 陸運局には30分程の滞在で自己最短記録(笑)。無事に車検取得と相成ったのだ(爆嬉)。

再度渋滞のR20を経て帰宅。そのまま少しでも乗り回そうかな?とも思ったが、今の所の管理人脳内仕様に完成させてからでないと多分........イヤきっと満足しない管理人........。無事に車検取ったけど、また別の作業に掛かるのだ........(汗)。

2018年4月26日 (木)

後少し......

GWも見えてきた今日このごろ.......。管理人は相変わらずの日々を送り(爆)4月中の車検取得は難しいと判断せざるを得ない感じ(T_T)。 とは言え着々と完成に近づいてるのは間違いないのだが、あ!ついでにココも.......ナンてやってるからイカンのだね......。正直、見た目は前回記事から余り変わり映えもしないが、己のモチベーションを保つためにツマラン記事を書く。何かしらVmaxの事に触れてないとコノままズルズル行きそうだしね.......。

Mkan1 Mkan2

スピードメーターと油温計がスクリーンに当たってしまう為に、前回は取り敢えず付けた感じのアッパーカウル。で、メーターの処理をせねばならんと言うことでアレコレ考えてハンドルクランプのステー(?)を廃し、別のステーをオートメーター(タコメーター)への共締めで解決したった。コレでスクリーンにも当たらず一応(?)綺麗に収まった。現スピードメーター位置に後々A/Fモニタ付けたいから、スピードメーターをどうするかは今後の課題だが、今はソンなこと考えないようにした(笑)。 と同時にブレーキ側の配管処理も終わしてフルード注入&エア抜きも完了っと。ブレーキのフィーリングは..............走らなきゃワカラン(爆)。

Mkan3 Mkan4

ンで、ミラー付けたりで段々と完成形に(嬉)。鈴菌なライト周り で車種不明は管理人の狙う所だが、流石にメーカー名の主張は少しだけしたいゾ!.......なので、小さい..........本当に小さく(爆)音叉エンブレムを貼り付けた。取り敢えず良く見りゃYAMAHAって分かる(笑)。

Mkan5 Mkan7

後は外した外装をクリーニングしつつ装着。全体的なイメージは管理人の意とするモノで、早く走りたいゾ~.......な先週末だったが当然まだ走り出せる訳も無く、ソノ週末に開催されたVmaxML全国OFFに併せた「V-MAX OWNERS FILE」の撮影会だったり、FBのV-max倶楽部での浜名湖MTGには参加できず........(泣)。悔しいからジェネレータ部の作業に取り掛かってやった(爆)。コレ書いてる今もジェネレータ部はバラしたままだが、今週末までには部品が揃う予定。で、週末より管理人はGW突入なのだが、カレンダー的に平日な5月2日!!!車検を予約しました!!! 他は置いといて、ジェネレータ部を仕上げたら兎も角車検取って来るとココに宣言するのだ!そうすりゃGW中のどこか1日位は自由に乗れる日が........ある.......かな?(爆)。さぁ、後少しなのだ.......。

2018年4月 9日 (月)

塗装モノ納品で取付け.......

イヤ~......遂に......遂に納品されたyo。塗装に出してたモンが......(嬉)。意外と時間が掛かってしまったモンだから、管理人脳内予定で行くと2週位作業遅延が発生してるから、少しでも早く作業を進めんとね。4月中に車検はどうにか取れ.......る........と思う.......。

Gs1

正直嬉しいもんだから(爆)イキナリ組み付けた状態を晒すのだ。以前は無塗装でFフェンダーも無いままの仮付でしか状態を確認出来なかったから、完成イメージは有れどピンッと来ない部分も有ったが、ヤハリ色が付いてF周りと共に組み上げるとナンとも言えず良い感じだなぁ........っと眺めながら自画自賛(笑)。カウル、フェンダー共に塗装が綺麗だし、削って尖らかしたフェンダーも相まって中々スパルタンになったんでないかい? コノ週末作業は色々と進めることが出来たので、花粉症も全く気にならなかった(笑)。塗装モノの作業の他にもまた海外より仕入れたモノも取付けなのだ。

Gs2 Gs3

シリンダー横のカバー(?)を取り替えてみた。海外のカスタム車両で良く目にするパーツだが、当初コレを目にした時は、シリンダーヘッドから連なるシルバーの横線が増えるからアマリ格好良いとは思えず、MEK製(ジャーマニー)の別なカバーを取付けていた......。が、見慣れたのか気が変わったのか改心したのか(笑)、ナンカコレカッヨクネ?.......と思う様になったので(爆)、とある部品(ソレはまたその内取付け)の輸入ついでに購入してみた。全体的なイメージとして合う&合わないも有るので、ダメ元で購入してイメージと違った場合はレッツヤフオクでイイヤ......と......。届いた実物は重厚な作りで、写真でしか見た事がなかった管理人のイメージを一発で覆したのだ。厚みが有って綺麗な作りだし、ナニより横から見て結構目立つ(笑)。写真で見るよりも実物で見た方が良さが分かる.......と思ふ........管理人.......だけは........。

で、コンなんを取り付けしてたら塗装業者から仕上がったとの連絡を受け、スキップ混じりで速攻で引き取りに行ってきた。真っ先にカウル付けて完成イメージの確認をしたかったが、物には順序ってヤツがあるので、Fフェンダー共々F周りを完成指す事にした。

Gs4

フェンダー付けてホイル組んでキャリパー類を取付け。取付けは事前確認済だったから何事もなくアッサリ終了。キャリパーセンター、ホース取り回しも問題無し。あぁそうそう、今回新たに組んだキャリパーはbremboのM50。モノブロックラジアルなのだ。削り出しじゃないけどね.....。コレ、ピンストンが30/30だから今までのマスター(Φ19)じゃ経が大きく、推奨がΦ17のマスターだから少し前に記事にしたRCSを導入した経緯なのだ。キャリパーを変更した理由は............格好良いから(爆)。モノブロックを使ってみたかったってのと、ペイントロゴが格好良い.........も理由かな?(再爆)。何にしても以前使ってたラジアルが能力不足で.......とかタッチが......とか機能的な理由が何一つない不純な動機での入替えなのだ(笑)。 と、この辺を組み上げ後にやっとカウルのインストール。今回のリニューアル最大の山場を迎える......(嬉)。

Gs7 Gs5

ライトにハメ込んでボルト4本の簡単取付。ウィンカー部でカウルとライトステーとで共締めされてるから、かなり強固に取付いてる。ただ取付にあたってカウルの一部を削ったり、スピードメーター&油温計が当たって正規位置に収まらなかったので、先のメーター類は一旦取り外したのだ。仮付時に色々と位置を確認したのだが........( ´Д`)=3 メーター位置は........後日考える事とする(笑)。ココまで組み上がると更にヤル気が出る管理人だが、今日の作業はココまでとなった。

Gs6

今回カウル下部に別の色を入れてみた。当初普通(?)のシルバーとも思ったが、シルバーが明るすぎると浮いてしまうので暗めのシルバーで色を探して.........ソニックチタニウムって色にしたった。コレらの写真ではガンメタっぽく見えるが実物はもっとシルバーに近く、日中の外では鈍いシルバーを放って正にチタニウム。我ながら良い色を見つけたな........と。コノ色だと車体各所に有るアルミの色とも喧嘩せずに統一感を出せるな.......と。 正面から見ても良い感じの面構えなのだ。ダミーダクト取付けるともっと迫力出ると思う(〃ω〃)。あと少しやりたい事あるけど、取敢えず走るようにして車検を取るのが目下の課題。車検さえ取れれば.........後はナンとかなる.........気がする(爆)。

2018年4月 2日 (月)

色で選びましたが........

花粉の時期はシーズンin......。今年は大丈夫だなぁ......ナンて思ってたら、ココ3日位で酷くなってきた花粉症......早く収まらんかなぁ....っとコレ書いてる今日はもう4月1日なのだね.....(汗)。ボケボケしてるとアッという間に時間が過ぎてしまうからチャッチャと仕上げに向けて作業x2.....。今年はもう無理(かもシレン)だが、来年は桜満開の下で青鬼&赤鬼号で写真撮りたいゾッと(笑)。

で、塗装物の納期確認したら後1週間内には渡せるとの事だったので、完成を想像しながらヽ(°▽、°)ノエヘヘヘヘ と 花粉で( >д<)、;'.・ ィクシッ を織り交ぜながらのマターリ作業なのだ。ココ最近は気温20°を余裕で上回るから、日中ガレージの中がチト暑い.....。

Bli2

ナもんで、カキ氷シロップのブルーハワイをリザーバータンクに入れて夏気分を.........(笑)。ってのは 冗談で(爆)、クラッチフルード入れてエア抜きに勤しんだのだ。あぁそうそう、フルードと言えばブレーキにしてもクラッチにしても、ブレーキ「オイル」だったりクラッチ「オイル」って言う方が居るけど、圧力伝達が主目的な場合は「フルード」、潤滑が主目的な場合は「オイル」なので、ブレーキオイルって言われると違和感がある管理人(笑)。まぁ共にある意味間違っては無いんだけどね.....。

Bli1 Bli3

で、ブルーハワイ(笑)の正体はBILLIONのスーパーフルードのBR-5。コレ、ドライ沸点が320°、1%ウェット沸点が283°と結構な肛門......イヤ高温まで耐えられる代物。このスーパーフルードはDOT規格じゃないけど、通常のDOT4と同じレベルでの扱いで良いらしいので特に気を使う必要がない......らしい(笑)。お値段も1Lで4.5英世と特に高価な訳でもない。何より良いのは色が青!! ま、正直色だけで選んだね(爆)。リニューアルに併せたリザーバータンク購入時に今流行(?)のスモークの購入も考えてたが、青いフルードカコ(・∀・)イイ!! なので普通のタンクを購入したのだ(笑)。もう一度書く...........色で選んだ(笑)。

後、写真撮ってないがクラッチのレリーズ外して、レリーズシリンダーのプッシュロッド当たり面をグリスアップしたりと、諸々細かい部分の作業を粛々と進めつつも旋盤でコンな物も製作。

Bli4 Bli5

何かの蓋のようにも見えるが.......。さて何に使うんでしょうね?もう一手間加えて、アレをああすれば(゚*゚)ア◯ルー.......アアなる(笑)。大した物ではないがその内お披露目します(爆)。さぁ~て、塗装物の納品が待ち遠しいゾォ。

2018年3月25日 (日)

やっとココ迄.....

暖かくなったり寒くなったりで確実にシーズンinが近づいてる。休日のガレージ作業中にバイクが走り去る音を聞く頻度が高くなってきたしネ.....。裏山ぁ.....と思いながら作業に勤しむ管理人.....。1ヶ月blogの記事書いてなかったが、一応その間も着実に進んどります(笑)。ま、途中で余計な事してキャブ外す羽目になったが(爆)、外したからこそ出来た作業も有ったりで良いんだか悪いんだか.......(笑)。

先ずは途中だったハンドル周りの作業を終えてしまうのだね。マスター系を交換したので、配線纏めたりフォーミングしたりと細かい作業なのだ。で、ズッと気になってたスロットルワイヤーの取り回しを変更したら長さが合わなくなったので(爆)やむを得ず新品交換だが、何故か長さ間違えて購入してしまい1set分無駄な出費をしてしまったりも.......(泣)。無駄な出費は嫁さんに内緒にしつつ(笑)、ライト取付ければ走り出せるところまでは来たが、未だFフェンダーやカウル類が塗装から上がって来ないので、ソレらを付けてからと考えてた作業はお預けのまま.......(;´д`)トホホ…。

Mou3 Mou4

とは言え、Fタイヤを仮付すれば出来る作業も有る訳で、本当はFフェンダー付けてからやりたかったブレーキ周りの作業に掛かる。今回キャリパーも一新するのでキャリパーのセンター出し(確認)やブレーキホース類の取り回しも確認なのだ。特にブレーキホースは、取回し考察⇒確認⇒長さ測る⇒部品購入.....の手順で進めるので意外に時間がかかってしまったりね.....(笑)。で、今回もホースの取り回しはバイピースで行くが、今まで同様に単に繋いだだけでは面白くないので.............

Mou5

コンなん取り回しに......(笑)。なかなかメカメカしくて管理人好みなのだが、結局ホースも新品にしなければならなくなり(爆)、また今までよりも1本余分に使用する事になるので、考えてたよりもお高くなってしまった.......。とは言え妥協はしたくないので別用途を考えてた管理人専用ヘソクリから捻出(笑)。なんやかんやで結構ヘソクリ無くなってるゾ.......(爆)。

ん~........やっとココまで来た感じ(゚д゚)(。_。)(゚д゚)(。_。) ウンウン カウル類が塗装から上がってくればソコからは早いと思フ.......。もうすぐ4月かぁ...... 暖かい日には赤鬼号に乗り出す手も有るが、やはりシーズンinは自分のバイクでinしたい......ナンてツマラナイ拘りが有るからナカナカ乗り出せない(出さない)でいるのも事実。4月中には車検取りたいなぁ.......。

2018年2月25日 (日)

ハンドル周りとMOS-FETレギュ......

下の子がインフルB掛かったけど家族内に蔓延せずに大丈夫で、ナンだか今シーズンは全く風邪引かん!引く気配すら無いゾォ!.......ナンて思ってたら喉痛くなって鼻水が......(泣)。まだ熱出てないけどコノまま収まってくれと、ユンケル飲んで熱湯風呂で汗出して様子見(笑)。

日中のガレージ内はずいぶん暖かくなってきた(嬉)。Fフェンダー、アッパーカウル等は塗装に出したので、その間に別な部分をやってまうのだ。しかしアッパーカウル無いと某K崎車みたいだね(笑)。今回のライト周りリニューアルに伴い同時にやってしまう事は.........10年以上(15年以上か?)使用してきたハンドルの交換と、コレまた10年以上使用してきたブレーキマスター&クラッチマスター(bremboラジアル)、ソレに伴うモロモロの交換。ハンドルは........以前と同じHARDYのロー。ミディアムも検討したが........踏み切れなかった(爆)。が、色褪せてたハンドルが綺麗になったのはチト嬉しい。

Vk1 Rcs1

んで、両マスター交換はbremboのRCS。RCSとはレシオクリックシステムの略で、レバーレシオが変更できるモノなのだ。今までのラジアルはレシオ20の固定だったが、RCSだと18と20に変更できる。今回マスターの交換は、今から組込むキャリパーに合わせたマスター経(サイズ)のΦ17がRCSにしか無かった事(普通?のラジアルだとΦ16になってしまう)と、ブレーキ側が変わるならクラッチ側も.......(爆)と両方を合わせたかった事(笑)なのだ。で、車両に組込む前にレバー類をantlion製に変更。

Rcs2 Rcs3

RCS機構をantlion側へ移植してレバー組込。どうせならとブリーダーとピボットピンはチタン製に。ピボットピンは陽極酸化のゴールドにしたらヤフオクに出てる偽物bremboラジアルマスターみたいになっちゃった(笑)。

Rcs4 Rcs5

RCSシリーズのブレーキ側は純正(?)でブレーキスイッチ付いてるけど、クラッチ側は付いてないので後付けのスイッチを。しかし何故クラッチ側にも純正で付けないのかと.......(泣)。後付けスイッチが出っ張って気に入らないが、あまり目立たないからまぁ良いか......。けど今までと同じ油圧スイッチの方が良かったかなぁ........(悩)。で、コレまたantlion製タンクステーと共にハンドルに装着。少しずつ形になってきたからチト嬉しいし、形になってくるとヤル気が出てくるね(笑)。

で、もう一つ進めてる作業はレクチファイア&レギュレータ(以下レギュ)の交換。青鬼号は対策後の後期レギュで今まで特に不具合も無いんだけど、コレを最近のMOS-FET(モスエフイーティー)レギュにと。可変電圧型なので負荷に応じて色々と良い事をしてくれるレギュなのだ。書くと長くなるから書かないけど(爆)、詳しく解説したHPとか有るからレッツgoogleでお願いします(笑)。Vmaxの熱対策(って言われてるFan動作時のエンストや失火)ってバッテリーメンテとこのMOS-FETレギュで解決出来る(と思う)し、ライトON時の電圧も高くなる様なので、ライトが明るくなる≒車検が楽ちん(笑)(になるかな?).......な事と、FBのV-max倶楽部でも話題になってたり、知人も使用していて以前から具合が良いと聞いてたので今回を期に交換なのだ。

Rec1 Rec2

購入したレギュは純正品番が1D7-81960-01(税込¥14,040)だが、ヤフオクで1.3諭吉程。レギュ側の防水コネクタ類と送料込みだからかなり良心的価格なのだね。ただ車両ハーネス側のコネクタは別途購入しなきゃならん。なので3PM250K-M1P305K-F1P305K-Mの3種と2.0sqの線を調達。

Rec3

既に配線終わった写真だが(爆)、白線3本はジェネレータのコネクタに。白線3本に指定は無く、どの位置に繋いでもOK。赤線がバッテリープラス、黒線がバッテリーマイナスと簡単配線(笑)。配線色を合わせ、ハーネスチューブにも通して純正を装うのだ(笑)。まだ取付けていないが、レギュが大きくなった分、ノーマルレギュの位置(左タンデムステッププレート裏側)には取付け出来ない(一応当てがって見たけどヤッパ無理)。なので、取付位置はチト考えねばならん........。管理人はダミータンク内にでも仕込もうかと思ってるが........。

さて、もうじき2月も終わってしまうかぁ........(汗)。

2018年2月 5日 (月)

ブラケットとフェンダー流用失敗.......

最近の大寒波.....少し落ち着いたけど寒すぎ(爆)。 チョット前に雪降ったけど、山梨よりも都心の方が雪多かったって最近の天気はどうなってんだろうね(笑)。まぁ以前の様な大雪になるよりは寒いってだけで済んでるからまだ良いのかね....。

作業......あまり進んでないけど(爆)ヤれるところはやってるよっと。納期掛かって部品が揃わなかったりするもんだから、休日も車両に手付かず.......なんて日も(笑)。まぁその間は色々と加工をしてしまうのだね。

Mo1 Mo2

ライトステーをマウントするブラケット作ったり、Fフェンダーを取付けるアダプタ作ったりと、ボール盤、旋盤が大活躍なのだ。ライトマウントブラケットは緻密な(?)位置出しから寸法取ったから(笑)さほど労せず完成。コレで強固な取り付けが出来るので安心。光軸ちゃんと出るような角度にしたから車検の度にライト交換しなくて済むかな? 今までのFZ6のライトの時は車体とのバランス見て、かなり下向きに取り付けしてたモンでHIビームにして通常のLOビーム位置を照らしてたからねぇ.......(爆)。今回の仕様は何もせずに車検合格を出来る仕様とするのだ。ホンでバルブはH4にするかLEDにするか考えチウ......。だってLEDって明るいけど明暗がハッキリしすぎて見にくかったりする。昨年、赤鬼号(H4バルブ)で夜に高速走った時に思ったのは、青鬼号のLEDより光量は低いけど見やすいんだよね。暗いながらも照射範囲が満遍なく見えるというか......。LEDは明るいところは明るいけど中間域が無いというか見にくい。管理人の目がオカシイのかね?(笑)。

それとFフェンダー。他人と少しでも違うようにと、最近車種の某車から流用しようと目論んだ。しかし某車よりもVmaxの方が若干フォークピッチが狭いので、フェンダー横がフォークボトムに少し接触(泣)。でもホンの少しだったから、気にしない事にした(笑)。今時の形を採用して、少しでも今時の形に近づけようと試みた(笑)。ただそのフェンダーの上部が丸くRが付いてるので、そのままスンなり取り付かず、強引に付けてもフェンダーのダウンカラーとフェンダーのR部に隙間が出来てしまう。なのでRを部分を埋めるべくアダプタ作製し、流用に勤しんだのだ。

Mo3 Mo4

元のフェンダー高さと合わせて取付~。タイヤ(ホイル)を仮に当てがって、少し遠目から眺めてみたら..........ん~~..........管理人が思い描いていたイメージと全然違う(爆)。造形的に全体的に下がって見えるから、何か間延び感というか気が抜けたフェンダー位置と言うか.....。兎も角管理人のイメージと違うので、このフェンダーは却下なのだ(爆)。違うフェンダーを探すかぁ........とも思ったが、吊り下げ型じゃないフェンダーを流用しようとすると、結局フェンダー上部のRがネックとなり、同じような位置になってしまうなぁ.......と。ンジャ今までので良いや(笑)。と言う訳で、今までのフェンダーを使用するが、ソノまま付けるのは面白くないからフェンダー先端に気合を入れるのだ。

Mo5 Mo6

丸まってる(?)先端を少し鋭利にして今風にと(笑)。マスキングで角度を決め、失敗しても元に戻せないけどナンとかなるとの思いで削るのだ。一応、失敗せず満足の行く仕上がりになったので、後はアッパーカウル共々塗装に出すのだ。 あ、因みに流用しようとした某車ってR25ね(笑)。

しかしコンな事を1ヶ月も掛けてやってたらもう2月だね........。作業ペース配分を考えると.......ヤヴァイなぁ........。あぁ~早く部品揃わないかな........。まだまだやる事は多い......。

2018年1月 9日 (火)

本年も宜しくです.......

とっくに新年明けてましたね。正月.........も、少しバタバタしておりました(汗)。まぁそのお陰であまり酒に溺れることもなく(笑)、胃腸の具合とインフルエンザには掛からずで体調は良い感じです。今正月は喪中だったので「あけましておめでとうございます」とは言えません(書きません)が、本年もkaazとコノ偏ったblog共々宜しくお願い致します。しかし喪中故に仕方無いんですが、年賀状が来ないってのはヤハリ寂しいモンが有りますね........。今時はLINE等で済ましてしまうんでしょうかね.......。

亡くなった嫁父のお墓の事も考えつつ、空いた時間には少しづつだけど作業はしてますよ(笑)。でも、ヤハリ寒いガレージは真夏の暑いガレージよりも作業が進まない........。もう少し大きいストーブ買おうかなぁ......(泣)。で、作業はと言うと...........ライト周りを色々と調整しながら、一応形になる所までの作業が終わったのだ。本当は.............ほぼ全ての作業が終わって9割方完成した時点でお披露目しようかとも思ってたけど、前記事にも書いたが既に同一仕様の方が居るライト周りだけはココに載せちゃいます(笑)。オンリーワンでは無いが、一応ココに載せておけば管理人が超絶極々少数の内に手掛けた証拠にもなるしね(笑)今回の仕様となるライト周りは!!...........

Vgs

コンな感じです(*´ェ`*) このライト.........何の車種か分かる方も居ると思いますが................そう、SUZUKIのGSR750です(笑)。ソレにマジカルレーシングのアッパーカウルでより一層イカツさを出そうと(爆)。当初B-KINGやZ1000系のライト周りナンかも候補の一つでは有ったが、前方への飛び出し感が管理人の感性と合わず見送り。ホンでコノGSR750用マジカルのアッパーカウル見た瞬間に、絶対にコレしか無いぃぃぃィィ!!............と、速攻でGSR750のライト周りの部品やらアッパーカウルを調達。ソンな部品のみ入手した状態からドンドンと時間は過ぎ(爆)、2018年の今こうしてやっと取付(笑)。 取り付けにあたってはシッカリと取付けすべく、アーでもないコーでもない..........と試行錯誤を重ね、取付け位置も管理人脳内の黄金比とするべく、ミリ単位での調整で時間が掛かったり..........とでやっとココまで来た感じ。と言ってもまだ完璧でなくもう少し詰めたい部分も有るから、マダマダ色々と考えねばならんのだ.......(泣)。このライト周り以外にもまだヤル事あるしね(笑)。勿論、このアッパーカウルの色も塗らなきゃ(塗ってもらう)ならん........。 あー.......でも折角交換したステムがあまり見えなくなった........(泣)。

って事で今春完成目指して頑張るのだ。また最後に重ねて書かせて頂きます。
今年もこんな感じで.........本年も宜しくお願い致します。


2017年12月17日 (日)

ステム取り付け完了.........

いよいよと年末......。週末は忘年会で酒飲む機会が多く、作業時間が著しく少なくなってしまう。最近酒飲んだ次の日は二日酔いじゃ無いんだけど、寝て起きると頭痛が激しかったりするから、半日は時間が潰れてしまう........。何時も目の奥が痛くなるんだよなぁ.......。人間ドックの時にソノ症状を医者に言ったら脳神経外科で見てもらえって言われたけど、面倒だから行ってない(爆)。まぁ、トントンと作業は進んでないが、先週今週で何とかステムを組み上げなきゃなぁ......と。

んで、前回事の続き。フレーム側へのレース打込みは成功したので、ステムシャフトにもレース打ち込むのだ。純正のようなニードルベアリングだとベアリング自体を打込むのだが、今回使うアンギュラ玉軸受は保持器に入ったボールを上下のレースで挟む形になるので、もう一方のレースのみをステムシャフトに打込む。

Stk12 Stk13

っとその前に(笑)、ステムシャフト下部の高さ合わせのためのアルミリングがホンの少しアンダーブラケットより飛び出してるのが気に入らないので(爆)旋盤で外径を少し小さくして、アンダーブラケットのrにピッタリ合わせた。海外製はこういう所が雑だなぁ~.......ナンて思っていたら........

Stk14

ダストシール当てがってみたら、ダストシールも少し飛び出す(汗)........。よってアルミリングはコレに合った形状となっており、全く削る必要が無かった.........(;´д`)トホホ… ま、数ミリしか削ってないから、気にせずにコノままレースを打込むのだ。レースの打込にあたってはΦ30の塩ビ管で打込むのが良いとの事前情報を得てたので塩ビ管も調達。しかしなるべくなら余り力入れずに打込みたいなぁ.........と。なら冷やしてステムシャフトをを収縮させて...........

Stk15 Stk16

なモンで、一晩掛けて冷やしてしまうのだ(爆)。管理人宅に有る、コストコで買ってきたら小分けして冷凍してしまえ!用の冷凍庫にステムまるごとin。次の日の作業時には持ってられない程冷え切ったステムにレース入れて塩ビ管で打撃。3回位叩いたら一番下までスンナリ入った(笑)。しかし冷え切ったステムはコレ以上の作業が出来ない程に冷え冷えだったから...........

Stk17 Stk18

日光浴で自然解凍(爆)。ユックリと常温(?)に戻した所で、ハンドルストッパー部に後々に必要になるハンドルの切れ角調整用のネジ穴も切って........

Stk19 Stk20

ベリンググリスをコレでもか!!......ってほどタップリとベアリング玉に塗り込んで、レースにも盛ってフレームに合体。ステムナットは一回目一杯締め込んで、グリグリとステム動かしてグリスを馴染ませる。アンギュラだからなのか、目一杯締め込んでも結構スムーズに動くのはチョット驚いたのだ。で、ソコから少しずつ緩めては動きを確認して、またホンの少し緩めては動きを確認して...........を繰り返し、ガタ無く軽くスムーズに動くポイントを探って、コノ作業を繰り返すのだ。良い感じ(?)のポイントが見つかったら、アンギュラは予圧掛けた方がスムーズ&長持ちするとの情報を見たので、ソレに習って若干締め込んだ状態とした。....っと、簡単に書いているが、管理人の納得する良い感じのポイントを探し出すまで、1時間位はア~でもないコ~でもないと延々とやってた(笑)

Stk21 Stk22

ココ迄くれば、後はトップブリッジ付けてFフォーク付けて..........で、取敢えずの状態まで仕上げたのだ(嬉)。一応ハンドルとFタイヤも仮付けして、Fタイヤを着地させてハンドル切ってみたら..............マジでメチャクチャにスムーズだった(∩´∀`)∩ワーイ。走るのが楽しみだね。

取敢えずステムが完了したので、次はハンドルとかキャリパーとかマスター辺りの作業を予定なのだ。順調に行けば来春早々に車検取れる........気がする.........。まぁ順調に行けばの話だから..........コノまま順調に行く.........か?........(-∧-;) ナムー

より以前の記事一覧