2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

広告

2017年12月17日 (日)

ステム取り付け完了.........

いよいよと年末......。週末は忘年会で酒飲む機会が多く、作業時間が著しく少なくなってしまう。最近酒飲んだ次の日は二日酔いじゃ無いんだけど、寝て起きると頭痛が激しかったりするから、半日は時間が潰れてしまう........。何時も目の奥が痛くなるんだよなぁ.......。人間ドックの時にソノ症状を医者に言ったら脳神経外科で見てもらえって言われたけど、面倒だから行ってない(爆)。まぁ、トントンと作業は進んでないが、先週今週で何とかステムを組み上げなきゃなぁ......と。

んで、前回事の続き。フレーム側へのレース打込みは成功したので、ステムシャフトにもレース打ち込むのだ。純正のようなニードルベアリングだとベアリング自体を打込むのだが、今回使うアンギュラ玉軸受は保持器に入ったボールを上下のレースで挟む形になるので、もう一方のレースのみをステムシャフトに打込む。

Stk12 Stk13

っとその前に(笑)、ステムシャフト下部の高さ合わせのためのアルミリングがホンの少しアンダーブラケットより飛び出してるのが気に入らないので(爆)旋盤で外径を少し小さくして、アンダーブラケットのrにピッタリ合わせた。海外製はこういう所が雑だなぁ~.......ナンて思っていたら........

Stk14

ダストシール当てがってみたら、ダストシールも少し飛び出す(汗)........。よってアルミリングはコレに合った形状となっており、全く削る必要が無かった.........(;´д`)トホホ… ま、数ミリしか削ってないから、気にせずにコノままレースを打込むのだ。レースの打込にあたってはΦ30の塩ビ管で打込むのが良いとの事前情報を得てたので塩ビ管も調達。しかしなるべくなら余り力入れずに打込みたいなぁ.........と。なら冷やしてステムシャフトをを収縮させて...........

Stk15 Stk16

なモンで、一晩掛けて冷やしてしまうのだ(爆)。管理人宅に有る、コストコで買ってきたら小分けして冷凍してしまえ!用の冷凍庫にステムまるごとin。次の日の作業時には持ってられない程冷え切ったステムにレース入れて塩ビ管で打撃。3回位叩いたら一番下までスンナリ入った(笑)。しかし冷え切ったステムはコレ以上の作業が出来ない程に冷え冷えだったから...........

Stk17 Stk18

日光浴で自然解凍(爆)。ユックリと常温(?)に戻した所で、ハンドルストッパー部に後々に必要になるハンドルの切れ角調整用のネジ穴も切って........

Stk19 Stk20

ベリンググリスをコレでもか!!......ってほどタップリとベアリング玉に塗り込んで、レースにも盛ってフレームに合体。ステムナットは一回目一杯締め込んで、グリグリとステム動かしてグリスを馴染ませる。アンギュラだからなのか、目一杯締め込んでも結構スムーズに動くのはチョット驚いたのだ。で、ソコから少しずつ緩めては動きを確認して、またホンの少し緩めては動きを確認して...........を繰り返し、ガタ無く軽くスムーズに動くポイントを探って、コノ作業を繰り返すのだ。良い感じ(?)のポイントが見つかったら、アンギュラは予圧掛けた方がスムーズ&長持ちするとの情報を見たので、ソレに習って若干締め込んだ状態とした。....っと、簡単に書いているが、管理人の納得する良い感じのポイントを探し出すまで、1時間位はア~でもないコ~でもないと延々とやってた(笑)

Stk21 Stk22

ココ迄くれば、後はトップブリッジ付けてFフォーク付けて..........で、取敢えずの状態まで仕上げたのだ(嬉)。一応ハンドルとFタイヤも仮付けして、Fタイヤを着地させてハンドル切ってみたら..............マジでメチャクチャにスムーズだった(∩´∀`)∩ワーイ。走るのが楽しみだね。

取敢えずステムが完了したので、次はハンドルとかキャリパーとかマスター辺りの作業を予定なのだ。順調に行けば来春早々に車検取れる........気がする.........。まぁ順調に行けばの話だから..........コノまま順調に行く.........か?........(-∧-;) ナムー

2017年12月10日 (日)

シーズンOFFでメンテ&カスタム........

喫煙者である管理人.......。巷ではicos等の加熱式タバコが随分前から流行っており、ソノ流れに乗ってみようと管理人もgloを購入して1.5ヶ月程禁断症状を我慢して吸ってみた.....。元々煙草を全く止める気の無い(爆)管理人には物足りなさしか無く(笑)、結局今までの有害な(?)タバコに戻してしまった.......。コッチの方が吸った感がハンパなく有るし、色々と加熱式にするメリットが見出だせなかったからヤッパこっちで良いや.......っと(笑)。加熱式にして思ったのは、今までもニコチン摂取の為だけにタバコを吸ってたんじゃなかったんだなと、改めて実感......。味は勿論の事、タバコ咥えて火をつける動作、灰を払ったりもみ消す動作、咥えタバコでのガレージ作業等々........タバコとその様々なシチュエーションをも楽しんでた事.......。オマケにバッテリー(充電)や時間を気にしながらの喫煙(?)って管理人には合わんのだ。なモンでgloは速攻で後輩に売っぱらって元に戻った(爆)。

ソンな咥えタバコ(笑)のガレージ作業で、先週より今季シーズンoffメンテ&カスタムに突入したのだ。以前よりフロント周りのリニューアルを計画してたが、中々実行出来ず1年以上経ってしまった(汗).......。フロント周りリニューアルの理由だが、管理人が使用しているFZ6のライト......。手前味噌では有るがコレを採用した時に、国内外に同仕様の車両が有るか調べ、採用例が無かったので導入した経緯がある。が、昨今FBで見る海外の車両等に採用されている例を多々見掛けるので、ソレじゃツマランなぁ.........と仕様変更。他人とは違う仕様........オンリーワンを目指すのだ!粗方仕様は決まったので..........今はまだ秘密だけどね(笑)。色々とやりたい事は有るが、1ヶ1ヶ手を付けてくのに手始めにフロント周りのバラし~。

Stk1 Stk11

どんどんバラして先ずはステムの交換なのだ。手持ちのステムは海外から入手した物(画像右側)と、ヤフオクで入手した物(画像左側)の2種有るから、どっち付けようかな~っと(笑)。海外物はVmax用に作られたモノだから加工無しのポン付け。ヤフオク品はVmaxに使用してた物だけど他車種(タブンXJR1300)流用な物。なのでオフセットが違ったり、フォークスパンも若干違う.........気がする(爆)ので、Vmaxに使用していたとは言え、恐らく少々の加工は必要だと思われる......。イザ付けるとなるとどっちを付けるか悩むなぁ.....(´ε`;)ウーン… と悩みつつも、何れステムベアリングは新品に打ち替えるのでレースの交換作業をしてしまうのだ。

Stk2 Stk4

ネック部に残ったベアリングレースを取り外すのに、上側のレースはアストロ製の三爪プーラーで爪の掛かりが少々浅いが、注意して作業すればスンナリ外れるので問題なし。問題はVmax鬼門であるアンダーレースなのだ(泣)。レースとフレーム間に爪を掛ける隙間が極僅かしか無く、何も知らなければ悪戦苦闘する筈が、先人達の苦労のお陰で(笑)やり方を真似させてもらった(感謝)。ストレート製のステムベアリングレースリムーバーの爪をグラインダーで薄く削って(元はコレの3倍位厚い)、僅かな隙間にハメ込むのだ。

Stk5 Stk6

シッカリと隙間にハメ込んだら、上から金属棒とハンマーでレースリムバーをガンガンぶっ叩く。この時隙間へのハメ込が甘いとレースリムーバーが外れてしまうので、本当にシッカリとハメ込まねばならんのだ。上手く行くと少しずつレースが抜けてくる。左画像程に抜けた所で、様子を見ながら叩き加減を弱めないとエライ勢いでリムーバーが飛んでいくので注意(笑)。工具加工も含め苦節(?)30分強(笑)で無事にアンダーレースが抜けた ε-(´∀`*)ホッ

Stk7

今回使うベアリングだが、Vmaxに元々使用されているテーパーローラー(ニードル)ベアリングではなく、XJR1300等で使用されているアンギュラ玉軸受(ベアリング)なのだ。この2種の違いは............詳しく開設してるwebが幾多も有るのでココでは割愛(爆)。ラジアルベアリングとスラストベアリングの中間........と思えば分かり易いカモ.....。テーパーローラーの様に面接触でなくボールによる点接触なので動きが良い.......らしい.......(笑)。但し耐荷重&耐久性はテーパーローラが有利らしいが、昨今の技術向上で昔ほどの差は無いようだ。用意したベアリングは........SUZUKI純正品(笑)。ベアリングはサイズさえ合えば販売メーカー不問で使用でき、純正品もベアリングメーカーは大体同じで、YAMAHAもSUZUKIもKOYO精工(現ジェイテクト)なのだ。で、YAMAHA純正品よりもSUZUKI純正品の方が安価なので、SUZUKI純正品購入と相成った(笑)。管理人もドコかのwebの情報だったがURL失念。多分ググれば出て来ると思うので、アンギュラを使ってみようという方はレッツGoogleでおながいします。因みに管理人の購入したSUZUKI品番は、ベアリング上:09267-25009¥1,350  ベアリング下:09267-30010¥1,647 ダストシール下:51644-12C00¥486の3点。ダストシール上はSUZUKIで合う物が調べ切れなかったのでYAMAHA純正品(カバー、ボールレース:1J7-23415-00¥214)を入手した。

Stk8 Stk9

早速レースの打ち込みだが、テーパローラーのレースよりも今回使うアンギュラのレースの方が薄いため(上下共)、奥まで打ち込める工具が必要なのだ。しかし手持ちのベアリングインストーラーに丁度良いサイズ(大きさと深さ)が無く(泣)、ナニか良い手はないか?と考えてアレコレ確認してる内に良い物見つけた.........(嬉)。チョット前に寸法間違えて失敗した旋盤削りだしのブツ(笑)。コレの大きさが上レース外径より僅かに小さく、また打ち込み深さも十分な代物で、まるで上レース打ち込みの為に作ったような寸法なのだ。レースに薄くグリス塗ってトンカントンカン........スンナリ打ち込めた(笑)。

Stk10

続いて下レースもだが、コチラも丁度良いインストーラーが無かったので、一番近い大きさのインストーラーを旋盤で切削(爆)。奥まで打ち込めたらインストーラーとフレームが面位置になるように作ったった。コチラもカンコンカンコン.........無事に打ち込み完了!ん~.......ヤハリ持つべき物は旋盤だった........と自己満足(笑)。............ッとココまでが先週末の作業。

その後、両ステムをジックリと比較し、考え、想像し、妄想し、車両に当てがってみたりで............どっちにスッかなぁ~.........ヨシ決めた!.........っと。海外から仕入れた新品を使う事にした。もう1ヶの方は後々赤鬼号にでも使えばヨロシ.......。と言う事で、長くなったので今週の作業は次に書きます(爆)。当面色々と書く事があるが、最近写真を撮り忘れたりするなぁ........。

2017年12月 4日 (月)

点火マップ設定のソフト......2

忘れない内に(爆)続き書きます。

先に書いた記事で続きを書くと書いたが、良く考えればもう2つの画面は特に説明する程のモノでも無く、前記事で一緒に書いても長くならなかったカモ......な位。なので超絶簡単に書くので、さほど面白くない記事になると思うが、お暇な方は読んで下さい(爆)。

Dy5 Dy6

残り2ヶの画面はDiagnostics(左画像)とConfig(右画像)のtab。
Diagnosticsは走行時のLogをイグナイタよりDownloadして確認できる。リセットするまでズット積算するようだ。各項目は.........特に説明しないので、知りたい方は画面を見て翻訳サイトで調べて下さい(笑)。まぁ何となく単語が分かればナニかは想像できると思う............と、TOEICのテストで何も考えずに全部同じ回答番号にマークしたら何店取れるかな?と実践したら260点も取れてしまった管理人が申します(爆)。
で、最後のConfigはPCへのイグナイタの接続ポート選択と、上部の「Show all switch selectable curve on graph」にチェックを付けると、Curve設定のグラフにCurve1と2のFullThrottleが同時に表示され比較することが出来る(特に画像なし)
以上でマップ設定ソフトCurve Makerの説明は終わり.........(本当に適当ダ......(笑))

ただ、この週末よりいよいよと青鬼号のフロントリニューアル作業に取り掛かったので、次回は作業の様子を伝えられると思う。作業しながら色々と考える所もあるので、ジックリと作業を進めて来春に備えるのだ。

2017年11月28日 (火)

点火マップ設定のソフト......

先日義父が急逝し、嫁さん長女なモンだからほぼ喪主(喪主は義母さん)の努めだった管理人.....。ナニやって良いか分からんし、嫁さん方の親戚の顔分からんし、色々と大変だった(汗)。しかも葬儀中にクレジットカードが悪用されたとのカード会社からの連絡もあり、コレもコレで手続きが大変(泣)。海外通販に使ったカードだから、恐らくソレ系で情報が漏れたんではないかと推測。でもカード会社でアラームが上がったらしく、ソレらの支払いは保留だったので金銭的被害が無かったのはコレ幸いなのだ。年内に49日法要も済ませなきゃならんので、まだ少しバタバタしそうなのだ......。

で、8月に書いたDyna3000の記事........(汗)。点火マップの設定ソフトに関して書くと綴って........何も書いてなかった(爆)。なので3ヶ月も経ってしまったが重い腰を上げて(?)書くのだ(笑)。先の記事にも書いたが、PCとの接続はUSBなので、先ずはUSBドライバを付属メディアよりインスコ。続いてマップ弄りソフトの「Dynateck Curve Maker D3K」ってのをインスコ。カーブメーカーって名前......ソノまんまだな(笑)。で、インスコ終わるとVmax2種の他、同系E/gのベンチャーやロイヤルスターのショトカットアイコンも作成されるが必要ないから即効削除(笑)。Vmaxの2種は85~89年式と90~07年式に別れてる。コレはイグナイタ(点火方式)の違いによるモノと思われる。

※マップって書いたりCurveって書いたり統一性がないので、以下よりCurveで統一する。どちらの言い方も同じ意味らしいが、管理人的にはマップと書くと回転数の他にスロットル開度や吸気管圧力、排気温度等を加味しての3次元マップを想像するので、点火カーブって言い方(書き方)の方がシックリくるのだ。

Icon  Dy2

で、デスクトップに出てきたアイコンをクリックすると色々とチェックが走って、終わるとコンな画面(画像右)が出て来る。ん~ナンか格好良いゾ!! 因みにコノ画面はAbout(xxに関して)なので何も設定はできない(笑)。設定は上部に並んだ各々のTabでCurve1/Curve2の点火マップを調整する。マップはイグナイタ本体に2ヶ保存でき、別途イグナイタ本体に取り付けるセレクターSWにてCurve1とCurve2の切り替えを行うが、SWを持ってない管理人はどっちかのCurveのみを使う事となる(汗)。どっちかの........とは、SW付けない状態だとどっちが選択されるのか今の所分からんから........`;:゙;`;・(゚ε゚ )ブッ!! 実際に取り付ける際には片方に極端に低いレブリミットを設定してE/g回してみる。そうすればどっちのCurveが選択されてるか分かるからね。Curveの切替は適当なSW付ければ何とかなると思うが、ソレは後々考える事とするのだ。

Dy3_3  Dy4
       Curve1                Curve2

で、画像左がCurve1、画像右Curve2である(Curve1には説明用の色枠を付けてある)。ソフト起動時のCurve1&2は、共にPC内に保存されてるCurveのファイル(dtkファイル)が読み込まれ、コレらはDynatekがプリセットしたモノになる。またCurveはPCからイグナイタに書き込むのみの仕様となっており、イグナイタ内のCurveを読み出す仕様にはなってないので、弄ったCurveを保存する際は別名で保存するか、プリセットされたCurveは別途バックアップしておく等の必要がある。因みにプリセットされたCurve1はHi Compression Timing、Curve2はHigh Performance Curveと明記があり、当然だが各々点火時期が違う。ハイコンプ仕様でない管理人のVmaxではCurve2を使用したい所である。ウオタニの点火時期と比べてみたいがウオタニのデータが無いので........。( ゚д゚)ハッ! ウオタニにデータ貰えるのか連絡してみよう(笑)。

ではCurve1の画像で設定項目を説明するのだ。
赤枠内のBreakPointsがDynaの真髄(?)な部分で、入力項にrpm、Advanceとあり、rpmに回転数、Advanceに点火時期(角度)を入力する。回転数は10項設定でき、デフォルトでは100-800-1500-2800-4500-6500-7000-8000-9000-14000(rpm)となっているが、ココは固定でなくユーザーが任意に100rpm単位で回転数を10項設定できる。よってかなり細かな設定も可能となっている。
点火時期も回転数同様に10項設定でき、C.A(カルシウム.....じゃなくてクランクシャフトアングル)/BTDCで入力する。

因みにBTDCとは.........TDCがTop Dead Center(トップデッドセンター)で上死点の意で、頭に付くBはBefore(ビフォア)で、"BTDC=上死点手前"の意。なので例えばBTDC10は上死点手前10℃の意。火炎伝搬や燃焼速度も含め必ず上死点手前でプラグに点火してるからこの様な表現なのだ。同様に下死点はBDC(ボトムデッドセンター)となるが、点火時期の話では全く出てこない(笑)。バルブタイミングの話では出てくるけど.....(爆)。

ピストンスピード等の関係で低回転では遅く、高回転では早く点火する値(進角制御)を入力するが、コレだ!って値を探すは非常に難しいので、メーカープリセット値から少しずつ弄った値で様子を見るのが良い。余りに早めたりでヘタするとノッキング等でE/g壊すしね......。何にしても点火時期もかなり細かい設定が出来るのだ。

ほんで、コレらrpmと点火時期は、更に設定項上部の別tabにて3シーンの設定が出来る。3シーンとはFull Throttle(全開)、Part Throttle(半開)、Retard(遅延)。全開時は言わずもがな、半開時の点火時期も設定できたりする。ホンで遅延とは高圧縮や過給等のノッキングが出やすい場合の点火時期が別設定できる。しかし遅延を使用するには何らかのセンサー等から信号をイグナイタに入力する必要がある。管理人は今の所遅延は使わないので、全開と半開の設定すれば良さそうなのだ。赤枠だけでもコレ程の設定項目があるとナニをどうしたら良いか?ナニをドウやったっけ?って忘れそうになるかもなので(イヤ、絶対忘れる(汗))、Curveファイルはマメに保存して、何処を変更したかメモらんとヤバそうなのだ........。1Curveにつき20項x3シーン.......とても全てを上手く設定できないな(爆)。赤枠内下部の「Advance Timing」と「Retard Timing」のボタンはそれぞれを押す毎に、現設定値から全設定値が1°づつ点火時期(進角、遅角)が変わるボタンとなってる。

続いて緑枠だが、ココはrpmスイッチ2ヶのスタートエンドの回転数とレブリミッター、ローンチコントロールのリミット回転数が設定出来る。rpmスイッチは回転数によりON/OFF出来る便利機能(嬉)。様々な機器を回転数制御出来る........(ΦωΦ)フフフ…その内使う......かも........。 ホンでレブリミットは14,000rpm迄入力(設定)できるが、絶対にソンな値に設定しないであろう......あ!でもメカチューンすれば......(笑)。 またレーススタート時に有効なローンチコントロールは.........1回位使ってみたいから(爆)。4,000rpm位に設定したら街中で面白いかね?

最後に黄枠。コノ3つはボタンで、Update Curveを押すと、赤枠、緑枠で変更した数値がグラフに反映され可視化される。まぁ可視化した所で、良いか悪いかは乗ってみんと分からんね(爆)。Print Curveは.........読んでソノままグラフの印刷。最後のPrograming Ignitionがイグナイタへの書込み。実際に適当なモノ書き込んでみたが、5秒程で書込みは終わるのだ。でも書き込みボタン押すのはナンかドキドキしる.....。

とダラダラ説明を書いたが、英語読める人は画像見れば分かる......と思う。Curve1/2以外の画面は次記事で書く事とします......。近い内に......書きます.......必ずや........。・゚・(ノ∀`)・゚・。

2017年10月14日 (土)

新兵器導入でカラー作成.......

ココ最近出張が連続してチトお疲れ気味........。4日ぶりの山梨帰郷で(爆)マタ~リ休日過ごしながら、今暇だから(笑)コレ書いてる。

んで、タイトルの新兵器とは.............まだ置いといて(笑)実は全国OFFin新潟の前に、割りと突貫気味に取付けた赤鬼号のアンダーカウルだが、せっかく取付けたけど全国OFFには取り外して行ったのだ。理由はメーカー指定の取付け方法が気に入らなかったから(爆)。海外製だからか?メーカーが取付けをあまり考えて無いからか?.......コレまた取り付け方法がイマイチで、ケースカバー類にカウルを共締めするモンだから、規定トルク掛けるとカウルがバキッ......っとなるし、かと言って規定トルク掛けないんじゃオイル漏れの心配もある。なモンで全国OFFには外して行ったと言う経緯なのだ。メーカー指定の取付け方法は ボルト→カウル→カラー→ケース類 となっており、ケース類からボルトを外し、カラーを介してカウルを取り付けるモノ。ん~.......分かり難いネ.......(爆)。要するにアンダーカウルでカラーをケースに押さえつけているのだ。カウルはFRPなモンだから、一定以上締め込むと前途のようにバキッ.......っとなってしまう(泣)。オマケにカウルの塗装もボルトの頭でグリグリやるもんだから、その部分がハゲてしまうのだ........。かと言ってアンダーカウルを諦める訳にはイカン........。ナもんで、ソンな状況にならないカラーを新規に製作して取り付ける必要があるのだ。

ダラダラと書いたカラーに関してはこんな感じ(笑)
Photo
元のはカラーとは名ばかりのただの肉薄のパイプ(爆)。ボルトに対してブカブカだし、肉薄なもんだからトルク掛けるとパイプがメキメキとアンダーカウルにめり込んでしまうのだ。なのでカラーを外側まで出して、そのカラー自体でケース類に締め込める構造として、且つアンダーカウル用のストッパー(?)とボルト頭との間にもスペースを設け、ココにカウルをマウントする事で塗装も痛まないようにしようと画策したのだ。

カラーは定尺モンであれば量販店等で購入するが、管理人考案なスペサルカラー類が必要になった時は、Netで製作してくれる会社または個人を探して依頼してきた。ただコレだと時間は掛かるしお値段もソレなり.......。寸法修正したくても直ぐに出来ず、結局また時間とお金が掛かってしまうのだ。まぁ最初から正確な寸法であれば問題ないが........割りと管理人は、ココもう少し!!......あと0.5mm※□△........な部分が必ず出るので.............(笑)。そこで!新兵器を導入してしまった..........以前blogにもチョコッと書いた旋盤なのだ(爆)。

Sen1 Sen3

卓上旋盤だが心間350mm、振り180mm、チャック100mmと管理人が作りたいモノでは十分なスペックなのだ。旋盤使うなんて何十年ブリだろうか......。チョット値は張ったが今後も考えると有っても良いと思えたので、嫁さんと十分な(ココ重要)協議の上、購入と相成った(笑)。コレでカラーやスペーサー類は思うがまま(?)作れる........っポイ。先ずは旋盤技術を精進せねば。付属のバイトは鑞付けバイトで切れ味イマイチだったのでスローアウェーも購入。因みに8mmシャンク仕様との事だったが、10mmシャンクで刃高調整無しでオケだった。 コレを使って夜な夜な..............

Sen2

カラー作ったった。ほぼ初心者の管理人にしてはマズマズの物が作れたと思フ。ん~.......今後の夢が広がりますな(笑)。あとフライスがあれば完璧か..........。

Sen4 Sen5

んでこんな感じにアンダーカウルに使用する。カウルと現物合わせしながらツバ部を削ったり寸法調整したと、正に管理人が求めてた作り方(使用方法)なのだね。やはり自分で各部微調整出来るってのはスバラスィのだ。塗装面は普通に(?)取付けた時の塗装のシワが有るが(汗)、コレはキャップホルダーで隠してしまう。本当はこうならないように最初からしたかったが時既に遅し......。またカウルよりもカラーを若干飛び出させたので、規定トルク掛けてボルト締めれるからオイル漏れも心配なし☆-(ノ゚Д゚)八(゚Д゚ )ノイエーイ  実はコレ完成したのフルブラの前日(爆)。

Sen6

で、無事にフルブラにはアンダーカウル付けて参加してきたと言う訳なのだ。帰宅してチェックしてもアンダーカウルのズレ、ボルトの緩み等は無かったので、まぁコレで大丈夫かと........思われる。今後旋盤技術磨いて、アンな物やコンな物の製作を画策するのだ! しかし旋盤で削る前に、希望寸法+αでの母材の切り出し時間が掛かる........。母材は細切れで購入するよりもある程度の長さで購入したほうが安価なので、長モノから金ノコで切り出して旋盤加工に入るが、コレがまた大変な作業.........。フライスよりも先にコンターマシン(バンドソー)が必要かも..............(爆)。

2017年10月 9日 (月)

フルブラ&狂う図行ってきた~.......

ココ最近天気が悪いと朝はチョット寒い山梨.....。例年よりも随分早いが2日ほど前の朝はファンヒーター稼働させたった(汗)。ん~......そう考えると管理人家は温度変化にメッポウ弱いのだね.....(爆)。

VmaxML全国OFFin新潟が終わって2週間.....。全国OFFの熱も冷めやらぬ(?)まま、昨年は未開催だったフルブラ(正称はフルブラッド)に行ってきたのだ。2年ぶりの開催なので超嬉しい管理人。だってフルブラだからこそ集まれる方も居る訳で、ナニよりあのマタ~リ感な集まりが大好き(笑)。先の全国OFFは台風にやられてしまったので、フルブラこそはと快晴を願ってたら本当に超絶良い天気予報。この季節に予想気温27℃って絶対汗かくけど、朝晩の長野通過(中央道経由だからね)は寒から、毎度お馴染みのヒートテックを上下に着込み、AM7:30に自宅出発。全国OFFでもご一緒したエイトさんと今回も。待ち合わせも何時もの辰野PAで。中央道で風切っても全く寒くなく、予報通りの良い天気(嬉)。コレなら帰りもガクガク震えなくて済みそうなのだ(笑)。あ、今回も赤鬼号で参加ね.....。

Flb1 Flb2

辰野PAにAM8:30位に到着。エイトさんも到着したばかりな様で、お互い肉まんで朝食。出発後、駒ケ岳SAでの給油と恵那峡SAでの休憩も何時もの通り。今回チョット遅れてAM11:00位にフルブラ会場の上郷SAにハイ到着~(嬉)。主催の穂高さん他、お久しぶり........イヤ全国OFF以来(爆)2週間チョットぶりの方々にご挨拶(笑)。んでFBのV-max倶楽部のメンバーともご挨拶。んで皆さんのVmax拝見しながら色んな方と話したけど、mixi見て初めて参加の方も居たりと、VmaxML・V-max倶楽部・mixi等の様々なSNSの方が来ており、来る者拒まず......のフルブラの理念(穂高さんの理念)が改めて伺えたのだ。ソンな様子を以下に......皆さんとの話に各所で盛り上がったので、あまり写真取らなかったけど(汗)

Flb3 Flb4 Flb5
Flb6 Flb7 Flb8
Flb9 Flb10 Flb11
Flb12 Flb13 Flb14
Flb18 Flb19 Flb21
Flb20 Flb22 Flb23

んで今回、先日のJD-STERドラッグレースでVmax日本一の記録を叩き出したEJさんもトランポでマシン持ってきた(凄)。日本一のVmaxに跨がらしてもらったりと色々話を聞いたけど、スタートに全神経を集中させるドラッグの奥深さと、EJさんの情熱を聞いた管理人も胸熱でした。

Flb16 Flb15 Flb17

で、今回の参加台数は40台強、皆で走るぐるっと1周の狂う図は13:00スタート。今回参加台数がチョット少なかったからか、序盤からかなりのハイペース。時折(心の)リミッターが効いたのはショナイで.........(笑)。内津峠PAで休憩後、この先の小牧JCTから帰路に着く方々とお別れ。再度上郷SAに戻って来て........ハイお疲れ様でした。イヤ~毎度楽しい!数十台で走るナンて滅多に無いから毎度ヘルメットの中でニヤけ顔(笑)。

Flb24 Flb26 Flb25

その後は何時もの腹減りで、2年ぶりに来たらスッカリ様変わりしたレストランで遅めの昼食。様変わりしすぎて、メニューから味噌カツ&きしめん消えてるし.......(泣)。その後は夕方までマターリした時間を過ごすのだ。この間に帰られる方も居て、ロクに挨拶出来なかったのは何時もの反省点.......(汗)。

Flb27

んで時間は忘れたけど(爆)、日も落ち始めた頃に帰路につく。来た道戻って駒ケ岳SAで休憩&給油。エイトサさんと話し込んでしまい、自宅に戻ったのが21時過ぎ(笑)。嫁さんにも連絡取ってなかったから、LINE位入れれば(怒).........と(汗)。 イヤ~充実した1日だったのだ。また来年が楽しみだね。主催の穂高さん、参加の皆さんお疲れ様でした。また来年上郷SAで!!

そうそう、帰路途中に快調なペースで追い越し車線走ってたら、急な進路変更の車が..........。ブツカル~..........(汗汗汗)と前後フルブレーキ.......。後30cmで追突する所だった(怒)。あの車が後2秒遅く進路変更してたらマジ衝突してた.......ヤバかった~.........。自らは気を付けていても、危険は向こうから勝手にやって来る事を思い出した(爆)。

2017年9月22日 (金)

VmaxML全国OFFin新潟へ行ってきた.......其の弐

9/23 一部写真追加、変更しました。

はい、続きです.........

久々の方とのお話も尽きませんが、喉の渇きと腹減り度合い(海鮮丼喰ったのにね)もピークで(笑)、マダァ?(・∀・ )っ/凵⌒☆チンチン な感じで待機。程なくして、つよし@新潟さん幹事ご挨拶と乾杯で宴会スタートなのだ。

Vof17 Vof20

飲み物は生ビールに缶ビール、酎ハイ、ハイボールに日本酒とソリャもう.........って位の量だったから在庫切れの心配ナッスィング(爆)。缶ビール立て続けに2本空けて肉を焼くのだ。ナンか肉もエライ良い肉で超絶美味い。暫くは飲み食いに徹して(爆)、管理人も他参加者も酔が廻って来た頃に各テーブルにご挨拶がてら、あちこちで色んな話して超絶楽しい。楽しい宴会の様子を少しだけ以下に........。

Vof19 Vof21 Vof24_2
Vof22 Vof23 Vof25

暫くしたら恒例のじゃんけん大会が始まる。今年の目玉商品はナント!! KTCのツールBOXとハカイダーフィギュア!! その他にも数え切れない商品数で、全員が何かしら貰えるんじゃないの?って位の商品数。

Vof26 Vof28

別に商品目的で集まってる訳じゃないけど、レア商品にヤハリ希望者は多い訳でライバル多数。御多分に漏れず管理人に当たる筈もなく.........(泣)。その後も延々と飲んで、ミネストローネ喰って、焼きそば喰ってデザート喰って.......色々御馳走になったなぁ.......(嬉)。

Vof41 Vof42
写真撮ってなかったので某SNSより拝借...(笑)

ホンで幹事団のお子さんがその場で作ってくれたバウムクーヘン........美味かったなぁ........。コレも御馳走になりまた飲んで(爆)、随分酔いが回ってきた頃に猛烈に眠くなって就寝.......(つ∀-)オヤスミー 因みに宴会中は台風の存在を忘れる程、奇跡的に雨も風も無く過ごせたのだ。

ソレから寝に入ってどの位経ったか?モノ凄い風と雨の音で目が覚めた。外見たら爆裂な風雨.......(汗) バイク倒れてる?.......って程の勢いで、寝てた何人かが起き出してバイクの心配を......。時間を見たらam3:00......。取敢えずバイク倒れてないのを確認して再度寝に入るが、寝ては起きての繰り返しで目が覚めてしまう。ソンな事を繰り返してもシッカリ寝てたようで(爆)気が付いたらam7:00で風も止んでたので起き出して朝飯喰いながら.......

Vof31 Vof30 Vof32

キャンプ場もVmaxも葉っぱだらけになってしまったが、全車被害は無い模様でε-(´∀`*)ホッ 雨は少し降ったり止んだり、時折夕立のように強く降ったりと安定せず、その時折強い雨でバイク眺めてた7~8人が一斉にトイレに避難して、トイレにぎゅうぎゅう詰めは臭い.........イヤ良い思い出(笑) そんな朝のマターリ時間を過ごしつつ、全員で記念撮影して全国OFFはお開きに。あっ!集合写真..........何処かupされてる?.........誰かデータください(泣)。

Vmaxmloff19_2

Vof33 Vof34

風雨の中、帰路につく方々が出てきた所で管理人も身支度整え、少しマターリした後に名残惜しいが会場を後に山梨..........ジャなく、先ずはお土産屋さんへGo(笑)。お土産買わないとマジやばいので、OFF会場近くの土産物店で買い込んで発送完了でミッションコンプリート。

Vof35 Vof36

ココでにっしぃさんとお別れして、エイトさん、shioさんと共に帰路につく。北陸道では猛烈な横風を受けながら雨に耐え、上信越道の妙高PA辺りで完全に雨止んで路面もドライ。松代PAでは北陸道での雨が嘘だったように超快晴(嬉)。3人で日向ぼっこしてマターリヽ(´ー`)ノ

Vof37 Vof38

その後、更埴JCTでエイトさんとお別れして、諏訪湖SA~双葉JCTでshioさんともお別れ。程なく自宅に到着して、管理人の今年の全国OFFが幕を閉じたのだ......。 VmaxML全国OFFin新潟の幹事団の皆様、参加の皆様、今年も本当にお疲れ様でした&楽しい一時を有り難うございました。また来年お会いしましょう!

Vof40 Vof29

で、今年のノベルティはVmaxMLのお猪口(嬉)。嫁さんが気に入って早速コレで日本酒飲んでた(爆)。因みに隣のRIDEのグラスはじゃんけん大会で貰いました。 あ~そうそう、ココまで書いてなかったけど(爆)来年はRocketmax@横浜さん幹事で神奈川での開催。あ~また来年も楽しみなのだね。来年はML20周年だし.......(笑)。別にプレッシャー掛けてませんよヽ(°▽、°)ノエヘヘヘヘ

2017年9月19日 (火)

VmaxML全国OFFin新潟へ行ってきた.......其の壱

日にx2過ごしやすい陽気になってきてるね(嬉)。ナンてったって家のエアコン稼働率が随分低くなって、夜は網戸じゃ寒いくらいになってきたのだ。ま、管理人は寒い位の方が好みだし、寒きゃ毛布掛ければ済む.....(爆)。真夏でも何か掛けてないと気持ちよく眠れないのだ(笑)。ただこの時期油断してると風邪ひくから気を付けねば.......。

っと台風18号が過ぎ去ったどピーカンな本日に久々のblog書くが先の3連休の後半の17日、18日に、年一回の馬鹿騒ぎであるVmaxMLのOFF会、「VmaxML全国OFFin新潟」へ行ってきたのだ。今年は青鬼号がこの全国OFF目前の2日前に車検が切れたので(汗)、向かったのは赤鬼号なのだ。まぁ車検は切れたと言うよりも切った.......の方が正しいね。前から言ってる様にチョイとしたリニューアルに入るモンでね(嬉)。ソンな赤鬼号のメンテもシッカリ行いつつ、全国OFFを楽しみにピカピカ洗車するものの、台風18号が発生してしまい、直前まで全く天候が読めない状態に........(泣)。山梨&近隣からの参加メンバーと連絡取ると、半数は車参加に変更と........(泣)。まぁ台風来てて無理は出来んので致し方なし。管理人は雨でもVmaxで行こうと心中決めていたので、出発当日の雨も想定内(笑)。雨仕度整えて、自宅をam7:30イザ出発なのだ。因みに会場までは260km程なのでマターリ向かうのだ。

Vof1

ん~......ヤッパ雨だよなぁ.......実の所、カッパ着ての自宅出発はVmax乗り始めて初めてなのだ.........。まぁ赤鬼号で雨の日も安心仕様だから気兼ねなく(?)乗り回せるから、イヤな事は考えずに雨天ツーを楽しんでしまうのだね。中央道~長野道と行くのだが、県境過ぎたら雨止んだ(笑)。上信越道に入って、やはりVmaxで行くことを決めてた同郷のエイトさんと松代PAで待ち合わせ~。

Vof2 Vof3

軽井沢出発のエイトさんも途中で雨止んだらしく、待ち合わせご対面時には2人共完全に乾いてたと.......。曇ってても良いからコノまま降るなよ~.......と祈りつつ、北陸道まではココが最後の給油ポイントなので給油を忘れずに、松代PAを出発~。目指すは全国OFF会場ではなく、寺泊で海鮮丼なのだ(笑)。上信越~北陸道と雨は全く降られず、カッパ着てるの忘れるくらいの良いペースで柏崎ICで降りるのだ。柏崎IC~R352で海岸線走りながら寺泊に向かうのだが、R352に出る途中道間違えて柏崎刈羽原子力発電所の入り口へ入ってしまい、厳重な入り口と厳しそうな守衛さんを見ながらUターン(爆)。流石にバイク止めて写真取る勇気は無かった......。

Vof4 Vof5

天気悪いがあまり荒れてない日本海を横目に、無事に寺泊に到着。ココでtoshiさんと待ち合わせ。あ、toshiさんは車での参加(笑)。天気悪くても休日だからか、ナカナカ人が多い寺泊魚の市場通り。浜焼きでも喰ってユックリしたかったが、お昼も過ぎてしまってたので速攻で海鮮丼を喰らうのだ。

Vof6 Vof7 Vof8

管理人は3色丼ってので、ウニ、イクラ、マグロ(嬉)。ノンアルで乾杯して、各々好きなモン喰ってる途中からモノ凄い勢いで雨降って来た........(泣)。まぁ、ズ~ッとカッパ着てる予定だったから良いんだけどね.......。喰い終わってからユックリとお店回って土産買って発送するつもりだったけど、雨凄すぎてココで土産買うのは断念。一路OFF会場を目指すことに........。

Vof9 Vof10
Vof11 Vof12

来た海岸線を戻りつつ、荒れた日本海で記念撮影........のつもりだったけど、雨凄いのに日本海はさほど荒れてなかったのナイショの方向で........(笑)。台風で荒れた日本海見たかったけど、コノ時点でまだ台風が関西辺り(?)だったからか、随分大人しい(?)日本海を堪能したった。 っと以外に道も空いており、スイスイと来てしまったのでコノままではOFF会場に早く着いてしまう...........ので、会場近くの温泉施設で一旦温まる事に。温泉到着で受付してたら埼玉の松さんに久々ご対面(笑)。んで温泉からは4人で会場へ向かうことにしたった。 温泉からOFF会場までは割りとすぐで、今年のOFF会場である「柏崎国民休養地」(キャンプ場)に到着~。会場には既に数台のVmaxが......台風予報でも来る猛者はやはり居るモンだ(笑)。

Vof13 Vof14
Vof15 Vof16

受付済ませ、バンガローで寝床の準備。酔っ払ったら何時でも寝れるように、寝床の準備は重要なのだ(爆)。寝床準備完了で皆さんにご挨拶。FBのMTGで何ヶ月か前にお会いした方、1年ぶりにお会いする方、数年ぶりにお会いする方.........等x2........、皆さんお久しぶりっス~(嬉)。よぉ~し........今日は飲むゾ~...........2日酔にならん程度にね........(爆)。Vmax組、車組も続々登場で、宴会始まるまで皆で談笑。あ~......ビール飲みてぇ.........のを我慢しつつ、宴会に備えます。

其の弐に続かせて下さい........(爆)

2017年9月 4日 (月)

アンダーカウルとか取付け~.......

チョットもう9月.......(汗)。あと少しで青鬼号の車検切れるからリニューアルに入るんだけど、あまりボケボケしてるとアッという間に寒くなって、クリスマスが来て正月が来て........ってなっちゃうね(笑)。色々有ってダイナの件もまだ記事に出来なく、本当チャッチャと進めたいが......ムゥ~ン........頑張ろう.......。

で、結構前に塗装に出して..........やり直しになってたアンダーカウルが塗装から上がってきた(嬉)。ホンでアンダーカウルやり直しで塗り直しのついでに、以前ブラスト掛けてノッペリしてしまった手裏剣カバーも塗ってもらって、同時に上がってきたのでこの週末に取付けなのだ~。

Ts1 Ts2

手裏剣カバーは色塗った方が手裏剣が際立って格好良くなった......と思う(笑)。アンダーカウルは少々のワレ(ヒビ)や巣穴が修正され、ツルツルで綺麗に仕上がってきた。海外モンのFRPモンは巣穴だらけで塗装屋さんにかなり手間を掛けさせてしまったが、本業の合間にやってくれれば良いよ~......とお願いしたモンでチト時間掛かったが、無事に納品と相成った。取付けは塗装前にバッチリフィッティングしたので(笑)、加工なしで取り付くのだ。

Ts3 Ts4
Ts5 Ts8

手裏剣カバーはボルト2本、アンダーカウルはボルト4本のみなので簡単装着。ん~......両方共ナカナカ格好良いゾっと(嬉)。ほぼ管理人の理想とする形になったのだね。アンダーカウルは割りと後ろまで伸びてる形なので、青鬼号とは違ってナンか新鮮。でも左側はステップ手前で切れてるからチト微妙か.......(汗)。もう少し処理を上手くすれば良かったかな.........。手裏剣カバーも遠目で見て赤い手裏剣が良い感じなのだ。シルバー一色より断然(・∀・)イイ!!。 ナンか全体的に格好良くなったので、シツコイが以下に適当に画像を貼る(笑)。

Ts9 Ts10 Ts12

ただ一点、アンダーカウルの取付けがE/gの左右ケースへの共締なモンでスペーサーを介して、アンダーカウル自体でケースを押し付けて留めており、コレが気に入らない(爆)。シッカリと規定トルク掛けるにはスペーサーを作り直すか加工せねば、管理人の納得出来る取付けに方にならないんだなぁ........。まぁこの辺は後々対応して行く事とするのだ........。何にしてもチョイと格好良くなった赤鬼号に大満足で、当面赤鬼号に大きく手を掛けずに済む。年内は乗れるだけ乗りたいモンである。 
あ、そうそう、ココ最近嫁さんに呪文のように旋盤ホスィ........って言ってたら、昨日一緒に酒飲んでた席で、ソンなん欲しきゃ買えば良いじゃん(怒)..........って半ギレで言ってた(汗)。だからって本当に買ったら怒るんだろうなぁ........難しい........(-_-;)

2017年8月21日 (月)

ジェネレータスケテルン装着......

相変わらず曇りや雨の日が続いており、少しは涼しく.......とはイカンもんで、甲府盆地の日中はムシムシ暑く(汗)首タオルは欠かせないのだ。汗でシャツは直ぐにビショビショ.......ヤッパ.......エアコン欲スィ.......なぁ.....。

先の盆休み後半に、ジェネレータ側のスケテルンのケースをウェットブラスト依頼してたモノが上がってきたのだ。実は盆休み前に一旦上がってきたのだが、素材(元のケース自体)の製造過程での悪さの為、ブラスト後の肌にシミのようモノが目立ってしまい、修正作業と再ブラスト処理をお願いしてたのだ。故にチト時間が掛かった......と。まぁ当初より盆休み中に作業が出来ればヨシと予定してたから、予定通りかな(笑)

Cj1 Cj2

上がってきたカバーは修正作業も有った為か、何時も以上にシットリシルバーな感じに。ウェットブラスト処理後は割りと光ってるが、経年経過と共に鈍い光を放つシルバーに変わって行くから、今は経年劣化(?)待ちなのだ。大体5年位は掛かるかな?(笑)。 組立はOリング入れて透明カバー上からアルミリング、ソレをボルト止めしてから最低限のシールして完了。そうは言っても車両に付けてからOIL漏れは面倒なので、慎重に組立なのだ。

Cj3 Cj4

んで完成(嬉)!。リングを止めてるボルトは他スケテルン部と合わせるべく、陽極酸化処理したチタンボルト。毎度ボルトだけでも結構なお値段だが(爆)、コレ以上チタンボルト使う部分は無いので(タブン....)一段落と言うところか.....。組立後は水入れて約24時間の漏れテスト。特に漏れもなく大丈夫だったので、早速車両に組み込む事に。

Cj5 Cj6

ジェネレータ側の作業は久しぶりだなぁ......ナンて思いつつ、元のカバーからピックアップコイル及びステーターコイルを移植。外したついでにチェックしたけど特に焼けなどの異常なし。配線被覆の状態もOK。以前何かのついでにチェックした時は、ピックアップコイルの被覆が破れて、辛うじて繋がってる状態だったので(原因は不明)、何かの際には要チェックが宜しいかと(笑)。ココ断線するとE/g掛からなくなるからね......。

Cj8 Cj7

後はバラした逆の手順で組付けてハイ完成!........って上の写真はまだ完成してない(汗)。ミドルドライブのカバー付けたら完成なのだ(笑)。 コレにてクラッチカバー、ウォーターポンプカバー、ジェネレータカバー、ミドルドライブカバーの全てのカバー類をスケテルンで揃うことが出来た。もう無いよな?スケテルン化する部分.........タブン無い!(自問自答).......。 でも折角のスケテルン.......もう少し中が見えてメカメカしくなると思ったが、主に見えるのはステーターコイルで、クルクル回るローターはリングに隠れて少ししか見えない(爆).......。まぁクルクル回ってるの然程見えなくても良いか!?.......。 でE/g掛けてみる。


チョット予想と反したのは、センターのローター止めてるボルトの中心穴(穴が開いてる)から、OILがピュ~っと水鉄砲の様にクリア部めがけて出て来る(爆)。 OILが出てくるのは分かってたが、まさかピュ~.......っと吹いてるとは思わんかった(笑)。チョット面白いから当面コノまま使ってみる。飽きたら何かしらOILピュ~ってのが見えないようにしよう(笑)。あとOIL出て来てるから仕方ないけどOILが黒い..........(爆)。まだOIL交換して4ヶ月位ナンだけどね.......。ジェネレータカバーもミドルドライブカバーも黒いOIL見えるから......ナンとも......(泣)。 まぁE/g止めて暫くするとOIL落ちるし、サイドスタンドで傾く側だからあまり見られないようにしよう(笑)。 何にしてもコレでスケテルン化は本当の一段落かな?後は.......フロント周りリニューアルに向けての準備しないとね。ソレと赤鬼号のアンダーカウル........早く仕上がってこんかなぁ.......(泣)。

より以前の記事一覧