2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

広告

2012年4月23日 (月)

コリャダメっしょ.....

某動画サイトで上がってた動画だけど、コリャダメでしょ(´ε`;)ウーン… 何でも今月8日に行われたエキサイティングカー・ショーダウンってイベントの一コマらしい。ブイブイ言わせてる集団も出展していたらしく、ショー会場からの搬出時なんだとか.......。ギャラリーもそれを煽ってるのか.....。 管理人もチューニングカー(動画はドリ車だね)好きだがコリャいかんよ。今は走り屋(言い方古いか.....)と、いわゆる暴走族の垣根が無くなったのかね?? それともドリフトが上手い暴走族?? まぁ、走り屋も暴走族の一種ではあるが、その目的は明確に違うと思うが......。格好良いチューニングカーこそスマートに走ったらもっと格好良いのに......。

2010年2月 9日 (火)

車検ダタ.....

今日は嫁さんの車(ムーブ:軽自動車)のユーザー車検に行ってきました。今まで自身の車やバイクは陸運局で通した事はあるが(バイクは毎回ユーザー車検ダ....)、軽自動車は今回が初めてなのだ。軽だと陸運支局ではなく、軽自動車検査協会(山梨事務所)にて車検を受けることになる。そんな訳で日曜に軽い点検を済ませた。まぁ初回車検なんでほぼ大丈夫だろうと....。AM9:00過ぎに検査協会に到着。受付窓口にユーザー車検と伝え\800払い書類作成(代書)してもらう。勿論自賠責も窓口で加入。自賠責24ヶ月\18,980也。重量税は通常だと\8,800なのだが、エコカー減税か何か知らないが(爆)、色々と基準をクリアしている車両なので今回に限り\2,200だとのこと。予想外に\6,600お得になった ヤタ━━━━━━ヽ(゚∀゚)ノ ━━━━━━!!!!
それと検査手数料\1,400をまとめて払い、隣の建屋で予約番号と書類の確認してもらいラインへGo。チナミに2月から予約がWebで出来るようになりとても便利になったのだ。ついでに陸運局も調べてみたらこちらもWebで予約出来る様になっていた.....シランカッタ.....。

Sy1 Sy2

午前中の早い時間だからなのか(?)、既にラインへ向かう車が大渋滞。当初軽く見学してからラインへ入ろうかと思ったが、検査が遅くなるのもイヤなので並んでから見学する事にした(笑)。見てみると陸運局と同じような機械が並んおり(アタリマエカ....)、ライン長が少し短い位でほぼ陸運局と同じダ。なので見学は物の1分で終了。後はひたすら順番待ちなのだ。その間に検査官が廻ってきてライト点灯やらウインカーやら外回りの点検をする。当然合格!20分位並んだ所でようやくラインへ突入。

Sy3

排ガス、サイドスリップを順調にクリアしていく管理人。でもチト緊張....。スピードメーター、前後ブレーキもOKだったが、ライト(光軸:右)で痛恨のNG.....。下回り検査の後検査官に聞くと少し低いとの事。速攻でバイクの時もお世話になったテスター屋へ駆け込み、調整してもらい\3,000也。まぁ減税分で補えるので良しとしよう(笑)。見てもらうと左もギリギリだったらしい。左右調整し再度ラインへ並ぶが相変わらずの渋滞模様......。更には途中休憩時間も挟んでしまい、エライ長く待つ事に.....。待つ事数十分、無事に再検合格し晴れて車検合格と相成った。窓口に書類提出後、車検証とステッカーを受け取り、鼻歌交じりで帰路につく。コレで向こう2年は安心。だが、バイクと違い別に改造もしていないので、心配する必要も無いのだが.....。まぁ何にしても検査が合格すると何故か嬉しいモンなのだ(∩´∀`)∩ワーイ。

今回の費用
重量税:\2,200
自賠責:\18,980
検査料:\1,400
代書代:\800
光軸調整:\3,000
---------------------
Total:\26,380  ん~爆安!

普通に車屋に頼むと安くても\40,000は下らないので、時間は有るが金が無い(爆)人にユーザー車検はオススメなのだ。しかし忘れてはならないのは、あくまで車検に合格したのみで、向こう2年の運行の安全を保証してくれる物ではないという事。整備は自己責任にて、必要とあらば車屋に整備を頼むべきであるという事なのだ。整備不良は法律で罰せられますyo!

Webike

無料ブログはココログ