2019年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

広告

« コツコツと進めるよ....... | トップページ | リア周りの作業を........ »

2019年3月18日 (月)

E/g内部をキレイキレイに.......

2月の某日、壊してしまった嫁さんムーブのテール交換遂行中にやってもうた......(汗)。って、別にまた車を壊した訳でなく..........腰が........グキッ.......っと.......(泣)。アイタタタ......っとなったが取り敢えず作業は終わらそうと完遂。ホッっと一安心するも腰が激痛だったので家入って背中伸ばしたりしてたけど一向に良くなりそうもなく、うつ伏せで腰部を嫁さんに押して貰う。コノ時は気持ち良い感じがしたが状態は酷くなるばかりで、遂には腰を浮かすことすら出来なくなってしまった.......。何をしても激痛で、所謂ギックリ腰ってヤツ(笑)。コノままじゃバイク乗れなくなってしまう(汗).........と困った管理人は友人の鍼灸師に往診してもらい一時処置。週明けの仕事は2.5日休んでソノ友人の鍼灸院に通ってナンとか動けるようにはなった。が、ヨボヨボ爺さんの様な動作しか出来ず、バイクの作業もお預けに。ソレから3週間程随分回復したので、無理せず作業もblogも再開なのだ。

とは言え力の要る作業はまだ怖いので、腰に負担が掛からない簡単な作業をと、オイル交換なのだが、今回はいつも以上の交換作業でE/g内部をチト綺麗にね。と言うのも、赤青の両機共定期的なオイル交換は当然実施しているが、点検窓から見える交換後のキレイな新オイルが、15分も走れば交換前のオイルが如く、スグに黒くなってしまうのだ(泣)。コレでは気分的にも(笑)良くないので、今回は徹底洗浄してみる。元よりオイル添加剤は大否定派の管理人だが、フラッシングってどうなんだろう?と、今回実験的に管理人家に嫁いで来て7年目の赤鬼号でやってみるのだ。チナミに管理人の通常のオイル交換頻度は、シーズンin時に交換してソノままシーズンオフを迎えるという年1交換なのだ。(余程距離を走ったりした場合はソノ限りではないが、まぁ然程距離走らないから......(爆))

Oi1

用意したのはFLUSHING ZOILと カストロールの4T(10w-40)、ホンで管理人愛用の何時ものオイルSPECTROのGolden4(20w-50)。フラッシング剤(OIL)は今時名の通ったメーカーモンであれば大した違いは無いと思われ、特にZOILに拘った訳ではなく価格で選んだのが正直なところ。ンで、フラッシングオイルは各社E/g内部に残留しても問題無い............とあるが、ソノ謳い文句を信用してない訳ではないが管理人は少しでも残留させたくないので、フラッシング後カストロで再洗浄、んでSPECTRO注入..........の流れでやっていくのだ。差詰めシャンプー ⇒ リンス ⇒ トリートメント.........であろうか(笑)。なおオイルフィルターは最後のSPECTROを入れる時に交換とし、ソレまでは既存フィルターを使い回すが、都度外して内部のオイルを抜く事とする。

Oi2 Oi3

先ずは暖気してチト温めたら既存のオイルを抜く。オイル受けが黒だから色が分かんね~(笑)。オイル処理箱の色を見る限りドス黒い.........。コレでも1年(走行距離3,000km以下)位ナンだけどね......。フィルターを一旦外して古いオイル抜いたらフラッシングZOIL注入!!

Oi4 Oi5

フラッシングZOILはサラダ油の様でサラサラ透明。手に付けてみても全く粘らず、また特に匂いもなくコンなんで大丈夫?って感じ。3L入れてE/g掛ける前にオイル窓見たら、黒い汚れがホワ~ン......と漂ってた(笑)。洗浄性に期待できるか!? で、E/g掛けて洗浄開始。説明には10分~15分のアイドリングまたは低負荷での走行.........とあるが、走行すれば負荷は掛かるので絶対に良くない........との思いから、20分程のアイドリング中に時折3,000~4,000rpmをキープする方法とした。(先に書いた負荷に関してだが、低負荷と低回転は違うからね。コレを混同してる人が実に多い) 事実、回転を上げるとメカノイズが酷くなったので走行しないが正解かと思ワレ。

Oi7 Oi8

で、抜いたフラッシングZOILは..........まっくろくろすけ........(汗)。元々入ってたオイルよりは透明感(?)は有るが、ソレでもコレが普通のオイルだったら交換したくなるレベルの黒さなのだ。 今までの定期交換時にすぐに汚れた事を考えると、普通のオイル入れてもコレ位汚くなったと思うと、全部がフラッシングZOILの効果とは言い難い部分もあるが、確実に綺麗にはなっていると思う。 で、シャンプー終わったらリンスなんで(笑)、お次にカストロ4Tを注入なのだ。

Oi9 Oi11

カストロ4Tは飴色だが、入れた時点でまた黒い汚れがホワ~ンと........(爆)。どんだけ汚れてるんだと小一時間........(笑)。アイドリングで15分放置した後、コレは普通のオイルなので腰を庇いつつ15分ほど実走。乗り出すと何故か腰はあまり痛くない不思議(爆)。で、少々勿体無いがカストロ4Tを抜くと...........またイヤ、もう黒い.........。フラッシングZOILほど黒くなく、また実際は写真ほど黒くないが、ソレでもコノ色だったら交換したいよね(あくまで色判断だった場合)........位の黒さ。本当ならもう一回カストロ入れてみたいと思ったが、腰の状況を考えつつ(爆)フィルター交換と本命SPECTRO注入なのだ。

Oi12 Oi14

画像左が注入後、画像右が15分アイドリング後の15分走行後。注入後の方は黒いホワ~ンもなく、カストロより薄い飴色が綺麗なのだ。走行後も殆ど汚れておらず(走行時間が短いってのもあるが....)窓から見えるオイルが非常に綺麗なのだ。コレでやっと普通の(?)E/g内部状況になったのか?もう少し乗ってみないとナンとも言えないが、今までよりは確実にすぐに黒くなってしまう状態は無くなったと思割れ。今後が楽しみなのだ。っと、ココまで色に関してしか書いてなかったが、フラッシングした事でE/gが調子良くなったかは..............乗ったのが短時間すぎて分かりません(爆)。ただ、カストロ4TとSPECTROでは全然違うのが確認できた。硬さの違いもあるがSPECTROの方がメカノイズが確実に少ないのよ。真夏でも熱ダレた事無いしね。まぁ、オイルは宗教って名言(?)があるから、各々信じたモノを使えば良いと思う。 コレだけ綺麗になるなら青鬼号も徹底洗浄要だな.......。交換毎にフラッシングしなくても、カストロでススグ(?)のは有りかな?カストロ4Tは密林で4L\2,000程だから、実はフラッシングオイルよりも安価な事実.........。

さて、今回の作業時に何回イテテテ......を言ったか.......(笑)。腰を痛めてから世の中の全ての高さが中途半端に感じて仕方がない(爆)。今回のオイル交換作業は床に寝転ぶ作業が多かったから随分楽だったけどね。腹筋、背筋を鍛えなきゃなぁ.......。

« コツコツと進めるよ....... | トップページ | リア周りの作業を........ »

コメント

それそれ、交換のたびに気になる所、先日交換時にもMJ工場にてそんな話しを。。。
以前フラッシングマメにしていた時期があったが(CBX)交換の度に費用が(汗 なもんで費用対効果で辞めちゃったけど、たまにはいいかも!精神的視覚的にも。。。 モチュール入れてるんで、緑の液体が覗ける様に次回してみようか模索中

shioさん>
特に不具合もなく性能的にも影響ないと思いますが、当方も長らく気になってた部分でした。今回は新オイルが気持ち良い位綺麗に見えるので気分が良いから、視覚的な精神衛生も大事ですね(笑)。しばらく走ってどの位汚れるかも楽しみ。でも今は腰のメンテも......(汗)。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: E/g内部をキレイキレイに.......:

« コツコツと進めるよ....... | トップページ | リア周りの作業を........ »