2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

広告

« 本年も宜しくです....... | トップページ | ハンドル周りとMOS-FETレギュ...... »

2018年2月 5日 (月)

ブラケットとフェンダー流用失敗.......

最近の大寒波.....少し落ち着いたけど寒すぎ(爆)。 チョット前に雪降ったけど、山梨よりも都心の方が雪多かったって最近の天気はどうなってんだろうね(笑)。まぁ以前の様な大雪になるよりは寒いってだけで済んでるからまだ良いのかね....。

作業......あまり進んでないけど(爆)ヤれるところはやってるよっと。納期掛かって部品が揃わなかったりするもんだから、休日も車両に手付かず.......なんて日も(笑)。まぁその間は色々と加工をしてしまうのだね。

Mo1 Mo2

ライトステーをマウントするブラケット作ったり、Fフェンダーを取付けるアダプタ作ったりと、ボール盤、旋盤が大活躍なのだ。ライトマウントブラケットは緻密な(?)位置出しから寸法取ったから(笑)さほど労せず完成。コレで強固な取り付けが出来るので安心。光軸ちゃんと出るような角度にしたから車検の度にライト交換しなくて済むかな? 今までのFZ6のライトの時は車体とのバランス見て、かなり下向きに取り付けしてたモンでHIビームにして通常のLOビーム位置を照らしてたからねぇ.......(爆)。今回の仕様は何もせずに車検合格を出来る仕様とするのだ。ホンでバルブはH4にするかLEDにするか考えチウ......。だってLEDって明るいけど明暗がハッキリしすぎて見にくかったりする。昨年、赤鬼号(H4バルブ)で夜に高速走った時に思ったのは、青鬼号のLEDより光量は低いけど見やすいんだよね。暗いながらも照射範囲が満遍なく見えるというか......。LEDは明るいところは明るいけど中間域が無いというか見にくい。管理人の目がオカシイのかね?(笑)。

それとFフェンダー。他人と少しでも違うようにと、最近車種の某車から流用しようと目論んだ。しかし某車よりもVmaxの方が若干フォークピッチが狭いので、フェンダー横がフォークボトムに少し接触(泣)。でもホンの少しだったから、気にしない事にした(笑)。今時の形を採用して、少しでも今時の形に近づけようと試みた(笑)。ただそのフェンダーの上部が丸くRが付いてるので、そのままスンなり取り付かず、強引に付けてもフェンダーのダウンカラーとフェンダーのR部に隙間が出来てしまう。なのでRを部分を埋めるべくアダプタ作製し、流用に勤しんだのだ。

Mo3 Mo4

元のフェンダー高さと合わせて取付~。タイヤ(ホイル)を仮に当てがって、少し遠目から眺めてみたら..........ん~~..........管理人が思い描いていたイメージと全然違う(爆)。造形的に全体的に下がって見えるから、何か間延び感というか気が抜けたフェンダー位置と言うか.....。兎も角管理人のイメージと違うので、このフェンダーは却下なのだ(爆)。違うフェンダーを探すかぁ........とも思ったが、吊り下げ型じゃないフェンダーを流用しようとすると、結局フェンダー上部のRがネックとなり、同じような位置になってしまうなぁ.......と。ンジャ今までので良いや(笑)。と言う訳で、今までのフェンダーを使用するが、ソノまま付けるのは面白くないからフェンダー先端に気合を入れるのだ。

Mo5 Mo6

丸まってる(?)先端を少し鋭利にして今風にと(笑)。マスキングで角度を決め、失敗しても元に戻せないけどナンとかなるとの思いで削るのだ。一応、失敗せず満足の行く仕上がりになったので、後はアッパーカウル共々塗装に出すのだ。 あ、因みに流用しようとした某車ってR25ね(笑)。

しかしコンな事を1ヶ月も掛けてやってたらもう2月だね........。作業ペース配分を考えると.......ヤヴァイなぁ........。あぁ~早く部品揃わないかな........。まだまだやる事は多い......。

« 本年も宜しくです....... | トップページ | ハンドル周りとMOS-FETレギュ...... »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186364/66358790

この記事へのトラックバック一覧です: ブラケットとフェンダー流用失敗.......:

« 本年も宜しくです....... | トップページ | ハンドル周りとMOS-FETレギュ...... »