2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

広告

« 2017年11月 | トップページ | 2018年1月 »

2017年12月31日 (日)

今年も有り難うございました.....

コレ書く今、既に日付が変わってるので2017年は一日を切って、十数時間となりました。コノ辺鄙なblogを見てくださってる皆さんの今年一年はどうだったでしょうか? 管理人的に振り返ってみると..............公私共にやれることをやらなかった(汗)1年で有ったような気がします.......(再汗)。また新たな、そして来る年を目前にして、アレやればよかったな........とか、コレやる気になれば出来たんじゃネ?........とか、ソレ何でやらなかった?.........とかばかり思うです(泣)。ソレらは何もバイクの事だけじゃなく、先日亡くなった嫁父に対しても.......ネ........。まぁ49日法要も無事に終わったので、一応の区切りとしてホッとしてるのも事実。年明けにお墓建てる段取りせねば......。 っと暗い事ばかり考えてる訳じゃなく、マジで青鬼号にももっと早く手を付けとくべきだったなと.......。年ばかり取って、管理人の理想形に完成した頃には体力なくて乗れない.........ってのはマジ勘弁なんで、新年に向けて気合を入れねばね。

Bre1 Fsh1

リニューアル部品は殆ど揃ったので、ホント管理人の気合のみで完成させる事は出来そう(笑)。まぁココ2日位は時間が有る時にガレージで現物合わせしながら、ア~でもないコ~でもない........とやってて中々決まらない(笑)。 ああああ、ソレとショックと言うかガッカリと言うかな事柄が一つ.......。リニューアル後に大きくイメージを決める部分が、夜なx2のワールドワイドなweb巡回で既にそうやってる人を発見してしまった(泣)。管理人的に構想2年.............イヤ構想一瞬、手付かず2年と言った方が良いかもしれん(爆)。取っ掛かりが遅くなったのが仇になってしまい、オンリーワンじゃナイどころか二番煎じに.........(泣)。考える事同じ方向の人居るんだね......。ヤハリやる事はスピード感が大事だね.........って仕事でも散々言われてる(爆)。とまぁ、そんな感じだが今更計画変更は出来ないので、マネと言われるのを覚悟でコノままやってしまうのだね。また何か考えよう...........(´∀`*)ウフフ。

と言う訳で、激動の時代に割りと平凡な生活の管理人にお付き合い頂いた皆様、またコノblogを見て下さった皆様、今年一年本当にありがとうございました!

良い年をお迎え下さい。そして来年も宜しくお願い致します。

2017年12月17日 (日)

ステム取り付け完了.........

いよいよと年末......。週末は忘年会で酒飲む機会が多く、作業時間が著しく少なくなってしまう。最近酒飲んだ次の日は二日酔いじゃ無いんだけど、寝て起きると頭痛が激しかったりするから、半日は時間が潰れてしまう........。何時も目の奥が痛くなるんだよなぁ.......。人間ドックの時にソノ症状を医者に言ったら脳神経外科で見てもらえって言われたけど、面倒だから行ってない(爆)。まぁ、トントンと作業は進んでないが、先週今週で何とかステムを組み上げなきゃなぁ......と。

んで、前回事の続き。フレーム側へのレース打込みは成功したので、ステムシャフトにもレース打ち込むのだ。純正のようなニードルベアリングだとベアリング自体を打込むのだが、今回使うアンギュラ玉軸受は保持器に入ったボールを上下のレースで挟む形になるので、もう一方のレースのみをステムシャフトに打込む。

Stk12 Stk13

っとその前に(笑)、ステムシャフト下部の高さ合わせのためのアルミリングがホンの少しアンダーブラケットより飛び出してるのが気に入らないので(爆)旋盤で外径を少し小さくして、アンダーブラケットのrにピッタリ合わせた。海外製はこういう所が雑だなぁ~.......ナンて思っていたら........

Stk14

ダストシール当てがってみたら、ダストシールも少し飛び出す(汗)........。よってアルミリングはコレに合った形状となっており、全く削る必要が無かった.........(;´д`)トホホ… ま、数ミリしか削ってないから、気にせずにコノままレースを打込むのだ。レースの打込にあたってはΦ30の塩ビ管で打込むのが良いとの事前情報を得てたので塩ビ管も調達。しかしなるべくなら余り力入れずに打込みたいなぁ.........と。なら冷やしてステムシャフトをを収縮させて...........

Stk15 Stk16

なモンで、一晩掛けて冷やしてしまうのだ(爆)。管理人宅に有る、コストコで買ってきたら小分けして冷凍してしまえ!用の冷凍庫にステムまるごとin。次の日の作業時には持ってられない程冷え切ったステムにレース入れて塩ビ管で打撃。3回位叩いたら一番下までスンナリ入った(笑)。しかし冷え切ったステムはコレ以上の作業が出来ない程に冷え冷えだったから...........

Stk17 Stk18

日光浴で自然解凍(爆)。ユックリと常温(?)に戻した所で、ハンドルストッパー部に後々に必要になるハンドルの切れ角調整用のネジ穴も切って........

Stk19 Stk20

ベリンググリスをコレでもか!!......ってほどタップリとベアリング玉に塗り込んで、レースにも盛ってフレームに合体。ステムナットは一回目一杯締め込んで、グリグリとステム動かしてグリスを馴染ませる。アンギュラだからなのか、目一杯締め込んでも結構スムーズに動くのはチョット驚いたのだ。で、ソコから少しずつ緩めては動きを確認して、またホンの少し緩めては動きを確認して...........を繰り返し、ガタ無く軽くスムーズに動くポイントを探って、コノ作業を繰り返すのだ。良い感じ(?)のポイントが見つかったら、アンギュラは予圧掛けた方がスムーズ&長持ちするとの情報を見たので、ソレに習って若干締め込んだ状態とした。....っと、簡単に書いているが、管理人の納得する良い感じのポイントを探し出すまで、1時間位はア~でもないコ~でもないと延々とやってた(笑)

Stk21 Stk22

ココ迄くれば、後はトップブリッジ付けてFフォーク付けて..........で、取敢えずの状態まで仕上げたのだ(嬉)。一応ハンドルとFタイヤも仮付けして、Fタイヤを着地させてハンドル切ってみたら..............マジでメチャクチャにスムーズだった(∩´∀`)∩ワーイ。走るのが楽しみだね。

取敢えずステムが完了したので、次はハンドルとかキャリパーとかマスター辺りの作業を予定なのだ。順調に行けば来春早々に車検取れる........気がする.........。まぁ順調に行けばの話だから..........コノまま順調に行く.........か?........(-∧-;) ナムー

2017年12月10日 (日)

シーズンOFFでメンテ&カスタム........

喫煙者である管理人.......。巷ではicos等の加熱式タバコが随分前から流行っており、ソノ流れに乗ってみようと管理人もgloを購入して1.5ヶ月程禁断症状を我慢して吸ってみた.....。元々煙草を全く止める気の無い(爆)管理人には物足りなさしか無く(笑)、結局今までの有害な(?)タバコに戻してしまった.......。コッチの方が吸った感がハンパなく有るし、色々と加熱式にするメリットが見出だせなかったからヤッパこっちで良いや.......っと(笑)。加熱式にして思ったのは、今までもニコチン摂取の為だけにタバコを吸ってたんじゃなかったんだなと、改めて実感......。味は勿論の事、タバコ咥えて火をつける動作、灰を払ったりもみ消す動作、咥えタバコでのガレージ作業等々........タバコとその様々なシチュエーションをも楽しんでた事.......。オマケにバッテリー(充電)や時間を気にしながらの喫煙(?)って管理人には合わんのだ。なモンでgloは速攻で後輩に売っぱらって元に戻った(爆)。

ソンな咥えタバコ(笑)のガレージ作業で、先週より今季シーズンoffメンテ&カスタムに突入したのだ。以前よりフロント周りのリニューアルを計画してたが、中々実行出来ず1年以上経ってしまった(汗).......。フロント周りリニューアルの理由だが、管理人が使用しているFZ6のライト......。手前味噌では有るがコレを採用した時に、国内外に同仕様の車両が有るか調べ、採用例が無かったので導入した経緯がある。が、昨今FBで見る海外の車両等に採用されている例を多々見掛けるので、ソレじゃツマランなぁ.........と仕様変更。他人とは違う仕様........オンリーワンを目指すのだ!粗方仕様は決まったので..........今はまだ秘密だけどね(笑)。色々とやりたい事は有るが、1ヶ1ヶ手を付けてくのに手始めにフロント周りのバラし~。

Stk1 Stk11

どんどんバラして先ずはステムの交換なのだ。手持ちのステムは海外から入手した物(画像右側)と、ヤフオクで入手した物(画像左側)の2種有るから、どっち付けようかな~っと(笑)。海外物はVmax用に作られたモノだから加工無しのポン付け。ヤフオク品はVmaxに使用してた物だけど他車種(タブンXJR1300)流用な物。なのでオフセットが違ったり、フォークスパンも若干違う.........気がする(爆)ので、Vmaxに使用していたとは言え、恐らく少々の加工は必要だと思われる......。イザ付けるとなるとどっちを付けるか悩むなぁ.....(´ε`;)ウーン… と悩みつつも、何れステムベアリングは新品に打ち替えるのでレースの交換作業をしてしまうのだ。

Stk2 Stk4

ネック部に残ったベアリングレースを取り外すのに、上側のレースはアストロ製の三爪プーラーで爪の掛かりが少々浅いが、注意して作業すればスンナリ外れるので問題なし。問題はVmax鬼門であるアンダーレースなのだ(泣)。レースとフレーム間に爪を掛ける隙間が極僅かしか無く、何も知らなければ悪戦苦闘する筈が、先人達の苦労のお陰で(笑)やり方を真似させてもらった(感謝)。ストレート製のステムベアリングレースリムーバーの爪をグラインダーで薄く削って(元はコレの3倍位厚い)、僅かな隙間にハメ込むのだ。

Stk5 Stk6

シッカリと隙間にハメ込んだら、上から金属棒とハンマーでレースリムバーをガンガンぶっ叩く。この時隙間へのハメ込が甘いとレースリムーバーが外れてしまうので、本当にシッカリとハメ込まねばならんのだ。上手く行くと少しずつレースが抜けてくる。左画像程に抜けた所で、様子を見ながら叩き加減を弱めないとエライ勢いでリムーバーが飛んでいくので注意(笑)。工具加工も含め苦節(?)30分強(笑)で無事にアンダーレースが抜けた ε-(´∀`*)ホッ

Stk7

今回使うベアリングだが、Vmaxに元々使用されているテーパーローラー(ニードル)ベアリングではなく、XJR1300等で使用されているアンギュラ玉軸受(ベアリング)なのだ。この2種の違いは............詳しく開設してるwebが幾多も有るのでココでは割愛(爆)。ラジアルベアリングとスラストベアリングの中間........と思えば分かり易いカモ.....。テーパーローラーの様に面接触でなくボールによる点接触なので動きが良い.......らしい.......(笑)。但し耐荷重&耐久性はテーパーローラが有利らしいが、昨今の技術向上で昔ほどの差は無いようだ。用意したベアリングは........SUZUKI純正品(笑)。ベアリングはサイズさえ合えば販売メーカー不問で使用でき、純正品もベアリングメーカーは大体同じで、YAMAHAもSUZUKIもKOYO精工(現ジェイテクト)なのだ。で、YAMAHA純正品よりもSUZUKI純正品の方が安価なので、SUZUKI純正品購入と相成った(笑)。管理人もドコかのwebの情報だったがURL失念。多分ググれば出て来ると思うので、アンギュラを使ってみようという方はレッツGoogleでおながいします。因みに管理人の購入したSUZUKI品番は、ベアリング上:09267-25009¥1,350  ベアリング下:09267-30010¥1,647 ダストシール下:51644-12C00¥486の3点。ダストシール上はSUZUKIで合う物が調べ切れなかったのでYAMAHA純正品(カバー、ボールレース:1J7-23415-00¥214)を入手した。

Stk8 Stk9

早速レースの打ち込みだが、テーパローラーのレースよりも今回使うアンギュラのレースの方が薄いため(上下共)、奥まで打ち込める工具が必要なのだ。しかし手持ちのベアリングインストーラーに丁度良いサイズ(大きさと深さ)が無く(泣)、ナニか良い手はないか?と考えてアレコレ確認してる内に良い物見つけた.........(嬉)。チョット前に寸法間違えて失敗した旋盤削りだしのブツ(笑)。コレの大きさが上レース外径より僅かに小さく、また打ち込み深さも十分な代物で、まるで上レース打ち込みの為に作ったような寸法なのだ。レースに薄くグリス塗ってトンカントンカン........スンナリ打ち込めた(笑)。

Stk10

続いて下レースもだが、コチラも丁度良いインストーラーが無かったので、一番近い大きさのインストーラーを旋盤で切削(爆)。奥まで打ち込めたらインストーラーとフレームが面位置になるように作ったった。コチラもカンコンカンコン.........無事に打ち込み完了!ん~.......ヤハリ持つべき物は旋盤だった........と自己満足(笑)。............ッとココまでが先週末の作業。

その後、両ステムをジックリと比較し、考え、想像し、妄想し、車両に当てがってみたりで............どっちにスッかなぁ~.........ヨシ決めた!.........っと。海外から仕入れた新品を使う事にした。もう1ヶの方は後々赤鬼号にでも使えばヨロシ.......。と言う事で、長くなったので今週の作業は次に書きます(爆)。当面色々と書く事があるが、最近写真を撮り忘れたりするなぁ........。

2017年12月 4日 (月)

点火マップ設定のソフト......2

忘れない内に(爆)続き書きます。

先に書いた記事で続きを書くと書いたが、良く考えればもう2つの画面は特に説明する程のモノでも無く、前記事で一緒に書いても長くならなかったカモ......な位。なので超絶簡単に書くので、さほど面白くない記事になると思うが、お暇な方は読んで下さい(爆)。

Dy5 Dy6

残り2ヶの画面はDiagnostics(左画像)とConfig(右画像)のtab。
Diagnosticsは走行時のLogをイグナイタよりDownloadして確認できる。リセットするまでズット積算するようだ。各項目は.........特に説明しないので、知りたい方は画面を見て翻訳サイトで調べて下さい(笑)。まぁ何となく単語が分かればナニかは想像できると思う............と、TOEICのテストで何も考えずに全部同じ回答番号にマークしたら何店取れるかな?と実践したら260点も取れてしまった管理人が申します(爆)。
で、最後のConfigはPCへのイグナイタの接続ポート選択と、上部の「Show all switch selectable curve on graph」にチェックを付けると、Curve設定のグラフにCurve1と2のFullThrottleが同時に表示され比較することが出来る(特に画像なし)
以上でマップ設定ソフトCurve Makerの説明は終わり.........(本当に適当ダ......(笑))

ただ、この週末よりいよいよと青鬼号のフロントリニューアル作業に取り掛かったので、次回は作業の様子を伝えられると思う。作業しながら色々と考える所もあるので、ジックリと作業を進めて来春に備えるのだ。

« 2017年11月 | トップページ | 2018年1月 »