2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

広告

« 2017年10月 | トップページ | 2017年12月 »

2017年11月28日 (火)

点火マップ設定のソフト......

先日義父が急逝し、嫁さん長女なモンだからほぼ喪主(喪主は義母さん)の努めだった管理人.....。ナニやって良いか分からんし、嫁さん方の親戚の顔分からんし、色々と大変だった(汗)。しかも葬儀中にクレジットカードが悪用されたとのカード会社からの連絡もあり、コレもコレで手続きが大変(泣)。海外通販に使ったカードだから、恐らくソレ系で情報が漏れたんではないかと推測。でもカード会社でアラームが上がったらしく、ソレらの支払いは保留だったので金銭的被害が無かったのはコレ幸いなのだ。年内に49日法要も済ませなきゃならんので、まだ少しバタバタしそうなのだ......。

で、8月に書いたDyna3000の記事........(汗)。点火マップの設定ソフトに関して書くと綴って........何も書いてなかった(爆)。なので3ヶ月も経ってしまったが重い腰を上げて(?)書くのだ(笑)。先の記事にも書いたが、PCとの接続はUSBなので、先ずはUSBドライバを付属メディアよりインスコ。続いてマップ弄りソフトの「Dynateck Curve Maker D3K」ってのをインスコ。カーブメーカーって名前......ソノまんまだな(笑)。で、インスコ終わるとVmax2種の他、同系E/gのベンチャーやロイヤルスターのショトカットアイコンも作成されるが必要ないから即効削除(笑)。Vmaxの2種は85~89年式と90~07年式に別れてる。コレはイグナイタ(点火方式)の違いによるモノと思われる。

※マップって書いたりCurveって書いたり統一性がないので、以下よりCurveで統一する。どちらの言い方も同じ意味らしいが、管理人的にはマップと書くと回転数の他にスロットル開度や吸気管圧力、排気温度等を加味しての3次元マップを想像するので、点火カーブって言い方(書き方)の方がシックリくるのだ。

Icon  Dy2

で、デスクトップに出てきたアイコンをクリックすると色々とチェックが走って、終わるとコンな画面(画像右)が出て来る。ん~ナンか格好良いゾ!! 因みにコノ画面はAbout(xxに関して)なので何も設定はできない(笑)。設定は上部に並んだ各々のTabでCurve1/Curve2の点火マップを調整する。マップはイグナイタ本体に2ヶ保存でき、別途イグナイタ本体に取り付けるセレクターSWにてCurve1とCurve2の切り替えを行うが、SWを持ってない管理人はどっちかのCurveのみを使う事となる(汗)。どっちかの........とは、SW付けない状態だとどっちが選択されるのか今の所分からんから........`;:゙;`;・(゚ε゚ )ブッ!! 実際に取り付ける際には片方に極端に低いレブリミットを設定してE/g回してみる。そうすればどっちのCurveが選択されてるか分かるからね。Curveの切替は適当なSW付ければ何とかなると思うが、ソレは後々考える事とするのだ。

Dy3_3  Dy4
       Curve1                Curve2

で、画像左がCurve1、画像右Curve2である(Curve1には説明用の色枠を付けてある)。ソフト起動時のCurve1&2は、共にPC内に保存されてるCurveのファイル(dtkファイル)が読み込まれ、コレらはDynatekがプリセットしたモノになる。またCurveはPCからイグナイタに書き込むのみの仕様となっており、イグナイタ内のCurveを読み出す仕様にはなってないので、弄ったCurveを保存する際は別名で保存するか、プリセットされたCurveは別途バックアップしておく等の必要がある。因みにプリセットされたCurve1はHi Compression Timing、Curve2はHigh Performance Curveと明記があり、当然だが各々点火時期が違う。ハイコンプ仕様でない管理人のVmaxではCurve2を使用したい所である。ウオタニの点火時期と比べてみたいがウオタニのデータが無いので........。( ゚д゚)ハッ! ウオタニにデータ貰えるのか連絡してみよう(笑)。

ではCurve1の画像で設定項目を説明するのだ。
赤枠内のBreakPointsがDynaの真髄(?)な部分で、入力項にrpm、Advanceとあり、rpmに回転数、Advanceに点火時期(角度)を入力する。回転数は10項設定でき、デフォルトでは100-800-1500-2800-4500-6500-7000-8000-9000-14000(rpm)となっているが、ココは固定でなくユーザーが任意に100rpm単位で回転数を10項設定できる。よってかなり細かな設定も可能となっている。
点火時期も回転数同様に10項設定でき、C.A(カルシウム.....じゃなくてクランクシャフトアングル)/BTDCで入力する。

因みにBTDCとは.........TDCがTop Dead Center(トップデッドセンター)で上死点の意で、頭に付くBはBefore(ビフォア)で、"BTDC=上死点手前"の意。なので例えばBTDC10は上死点手前10℃の意。火炎伝搬や燃焼速度も含め必ず上死点手前でプラグに点火してるからこの様な表現なのだ。同様に下死点はBDC(ボトムデッドセンター)となるが、点火時期の話では全く出てこない(笑)。バルブタイミングの話では出てくるけど.....(爆)。

ピストンスピード等の関係で低回転では遅く、高回転では早く点火する値(進角制御)を入力するが、コレだ!って値を探すは非常に難しいので、メーカープリセット値から少しずつ弄った値で様子を見るのが良い。余りに早めたりでヘタするとノッキング等でE/g壊すしね......。何にしても点火時期もかなり細かい設定が出来るのだ。

ほんで、コレらrpmと点火時期は、更に設定項上部の別tabにて3シーンの設定が出来る。3シーンとはFull Throttle(全開)、Part Throttle(半開)、Retard(遅延)。全開時は言わずもがな、半開時の点火時期も設定できたりする。ホンで遅延とは高圧縮や過給等のノッキングが出やすい場合の点火時期が別設定できる。しかし遅延を使用するには何らかのセンサー等から信号をイグナイタに入力する必要がある。管理人は今の所遅延は使わないので、全開と半開の設定すれば良さそうなのだ。赤枠だけでもコレ程の設定項目があるとナニをどうしたら良いか?ナニをドウやったっけ?って忘れそうになるかもなので(イヤ、絶対忘れる(汗))、Curveファイルはマメに保存して、何処を変更したかメモらんとヤバそうなのだ........。1Curveにつき20項x3シーン.......とても全てを上手く設定できないな(爆)。赤枠内下部の「Advance Timing」と「Retard Timing」のボタンはそれぞれを押す毎に、現設定値から全設定値が1°づつ点火時期(進角、遅角)が変わるボタンとなってる。

続いて緑枠だが、ココはrpmスイッチ2ヶのスタートエンドの回転数とレブリミッター、ローンチコントロールのリミット回転数が設定出来る。rpmスイッチは回転数によりON/OFF出来る便利機能(嬉)。様々な機器を回転数制御出来る........(ΦωΦ)フフフ…その内使う......かも........。 ホンでレブリミットは14,000rpm迄入力(設定)できるが、絶対にソンな値に設定しないであろう......あ!でもメカチューンすれば......(笑)。 またレーススタート時に有効なローンチコントロールは.........1回位使ってみたいから(爆)。4,000rpm位に設定したら街中で面白いかね?

最後に黄枠。コノ3つはボタンで、Update Curveを押すと、赤枠、緑枠で変更した数値がグラフに反映され可視化される。まぁ可視化した所で、良いか悪いかは乗ってみんと分からんね(爆)。Print Curveは.........読んでソノままグラフの印刷。最後のPrograming Ignitionがイグナイタへの書込み。実際に適当なモノ書き込んでみたが、5秒程で書込みは終わるのだ。でも書き込みボタン押すのはナンかドキドキしる.....。

とダラダラ説明を書いたが、英語読める人は画像見れば分かる......と思う。Curve1/2以外の画面は次記事で書く事とします......。近い内に......書きます.......必ずや........。・゚・(ノ∀`)・゚・。

2017年11月11日 (土)

久々日帰りツーへ.......

ん~........最近またやりたい事がやれてなヒ........(泣) コンな状況だとストレス溜まるね......。休日に仕事だったり、空いてた休日直前で予定が入ったり......。そうなるとテンションだだ下がりで平日作業もしなかったりと悪循環。決して青鬼号に手を付けてない事の言い訳ではないが、ヤハリそれなりにテンション上がらんとロクな作業が出来んからね。今は色々と落ち着くのを待つ状況なのか......。

と言っても予定の中には楽しい事もある訳で、今週の出来事でなく先週の話(笑)だが、寒くなる前にひとっ走り!のツーリングなのだ。フルブラ以降全く乗ってなかったから久々~(嬉)。今回は社内ツーリングで近場にGoなので、距離的、時間的に随分マッタリなツーリング。目指すは静岡方面の県境からチョイ先の薩埵峠。ココで海眺めてナンか喰って帰ってくるだけ(爆)。

Fi1_2 Fi2_2

朝8:30に道の駅 富士川に集合。今回9台の参加で、若人1名は新車卸しツーリング。ソノ若人が購入したのはBOLTナンだけど、実車初めて見るけどカッコイイね、コレ。ソノ若人は家建てたりガレージ建てたりBOLT買ったりって随分羽振りが良い。その羽振りの良さを管理人にも分けてもらいたいモンだ.......(笑)。 でR52を南下で静岡方面へ。毎度R52は修行のような道で、ペースが超絶マッタリ。でも高齢化が進んでる社内ツーじゃ丁度良いのかも(笑)。

Fi3_3 Fi4_4 Fi5_5

ペースマッタリすぎて、特に書くことも無く(爆)、途中1回の休憩で直ぐに目的地の薩埵峠到着。海無し県民なモンだから、海見るとオオ!海ダ!とツイ思ってしまう(笑)。

Fi6_2 Fi7_2

皆で海眺めてボ~ッとして、一服して........。天気良かったからズ~ッと海眺めてられる(笑)。そうは言っても腹は減るわけで昼食へ。

Fi8_2 Fi9_2

昼食はR1沿いの「さくら屋」って所。生物の定食でも食おうと思ったが、店の細木数子似のおばちゃんが天丼勧めるから、全員で天丼。後1週遅かったら秋の桜えびの時期だと聞いて少々ガッカリだったが、時期でなくとも桜えびのかき揚げはヤハリ美味いのだ。
食後はR1~R139~朝霧経由で山梨へ帰ってきた。帰宅も16:00頃と明るい内に帰ってきたので疲れも無く、ソコから旋盤修行へ勤しんだのだ。

Fi10_2

で、勤しんだ旋盤でコンな物作ってたが、寸法間違えて只のオブジェになってしまった(泣)。切り込み量間違えたのでなく、最初から寸法を間違えてた事実.......。旋盤技術以前の問題だね......(汗)。 冒頭にも書いたが色々と落ち着くのを待って、青鬼号へ着手したいモンである。今回のblog記事.......ナンか適当だな(笑)。最近更新してなかったから何となく書いてみた.......感。まぁその通りなのだ(爆)。

« 2017年10月 | トップページ | 2017年12月 »