2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

広告

« 2017年6月 | トップページ | 2017年8月 »

2017年7月24日 (月)

ヤッパここもスケテルンに.......

コノ日曜はFBのV-max倶楽部のビーナスラインMTG開催日で、嫁さん共々2台で参加予定だったが、1日通して天候が思わしくなく本当に残念だったが朝に不参加表明........( TДT) 流石に現地の降雨予想が60%では........断念するヘタレなのだ.......。

Bi1 Bi2

でもね.......嫁さん共々楽しみにしてたんだyo......。前日には2台をピカピカ洗車。荷物積めるようにと嫁さん用のシートバッグまで購入してたり.......。カッパとか入れて突発の雨に対応するんだけど、流石に雨降る予報側に乗り出す勇気は無かった.....(爆)。嫁さんの雨天走行経験値も低いしね.......。

ソンなドン曇りの日曜の予定が潰れた訳で、折角だから(?)とガレージ作業に勤しむ事にした。やる事は色々有れど、目下優先事項は先日届いたコイツに手を付けるのだ!!

Bi3 Bi4

ジェネレータ側のスケテルンカバーなのだ(笑)。スケテルン化はウォーターポンプで最後と思われたが、どうせソコまでやったなら.........とフツフツと思いが湧いてきたのと、サラリーマン半期に一度のお楽しみボーナスの小遣いで支払ってマエ........と、5月に発注かけたモノが遥々海を渡って無事に到着(笑)。今回は新品カバーを加工したモノの購入だったのでチトお高かったが........(汗)。現手持ち品や予備E/gから外したモノを発送して加工依頼しても良かったが、エゲレスまでの送料が凡そ1諭吉.......しかも納期も掛かるしナニヨリ5月後半~6月頭は耳の手術で入院........ってのも有って、新品加工品を購入と相成った.......。入院前にポチッとな......したモノがつい先日届いた。コレをバラして塗装剥離 ⇒ ウェットブラスト依頼......なので、ビーナスラインMTG行けなく(行かなく?)なったから、塗装剥離してしまうのだ。

Bi5 Bi6

ネジ外してリング外してみたら液ガスたっぷりで、コレだけでシールしてるのか?と思ったけど、ちゃんとアクリル(ポリカ?)の下にOリング入ってた。後は剥離剤ブッ掛けて塗装をブラシでシコシコと落として行くのだ。途中、クランクの位置合わせ窓のネジ取ろうとしたら、ココも液ガス盛々&ネジロックでも塗ってあるの?......って思うほど固くてネジ頭舐めた........(泣)。

Bi7 Bi8

なモンでショックドライバーでガンガンやって、ケース割れちゃうんじゃない?(怖)........って位叩いてやっと取れたε-(´∀`*)ホッ ネジロック塗ってなかったけど、相当な力で締め込んで有ったね.......。エゲレス人はバカ力なのかね?(笑)。 剥離剤で落とせる所まで落として、後はブラスト屋にお願いなのだ。この位の塗装残りは恐らくウェットブラストで落とせると思うから(一応相談はする)、後は施工してもらってスルスルお肌になって帰ってくるのを待つのだ。取付けが楽しみだゾっと。

Bi9 Bi10

んで、ココのスケテルンってクラッチカバー同様に自作出来るモンなのか各部を見てみた。ケース側、透明窓(アクリル?)、リング共に微妙な段が付いており、この段差がピッタリと組み合わさってOリングをケース側に挟む形になるので、同じ方法では気軽に自作は出来ない......。別な方法を取れば自作出来ない事はないが、何にしてもフライスは必要になるので加工依頼はせねばならん。フライスが自宅にある人(爆)や職場で使用できる人ならば、然程難しくは無い............カモしれん(爆)。ただこのケース側にはコイルが付くので、強度も考えんとイカンね。 

管理人はフライスよりも旋盤がホスィ........。少し前にガレージにエアコン入れるか........旋盤購入するか.........真剣に悩んでたが、このスケテルンカバーの購入で全てがリセット.......(泣)。また頑張って働かないとね.........。ホンで他の案件も進めないと........。青鬼号は車検切れちゃうなぁ........。

2017年7月10日 (月)

ポジション見直しとブラスト完了......

ナンだか蒸し暑いゾ~......(汗) 夜はエアコン点けなきゃ寝苦しい......。日中の庭の草取りはもう地獄.......。怒涛の汁..........イヤ汗出るし虫刺されるし.......(泣) でも嫁さんの言う事聞いておかないとカスタム進まん(爆)。

と、ココ最近赤鬼号ばかり手を掛けて肝心な自分の青鬼号はほぼ手付かずだが、とりま赤鬼号が一段落するまでは仕方なしか.....。んで今回、嫁さんの希望もあり赤鬼号のポジションを見直す事にしたった。管理人が乗る分には全く問題無いポジションだが、最近の嫁さんとのツーリング時にチョット疲れるとのご意見が.......。年のせいじゃネ?(笑).....ナンて言っても全力で否定される訳で、今の内から何とかしておかないと、バイク乗らない!って言われても寂しいしね。どうすれば良いか聞くと、ハンドルがもう少し高ければ楽になるカモ......っと。ンジャ、ハンドル変えるか?って思ったけど、こんなんを調達したった。

Kc2 Kc3

OVERのライザーなのだ。コレも絶版品で今やヤフオクでしか手に入らなヒ(泣)。コレ導入する事によりハンドル位置が現状より、35mmUP&35mmBackなのだ。35mm手前に来れば相当楽なポジションになるんじゃネ?.......って事で、早速の取付け。ライト周りバラして、クランプ周り外すだけで交換できるから、ハンドルからは何も外さない状態での作業。ブレーキ&クラッチホース、スロットルワイヤー等は取り回し次第でギリギリ交換せずに済む移動量で助かったのだ。

Kc4 Kc5_2

んでサッサと取付け完了(笑)。都合30分位の作業なのだ。嫁さん呼んでハンドル位置を調整して固定。嫁さん曰く、結構楽になった..........っポイとの事。まぁ実際にツーリングにでも行ってみないと分からないが、管理人も跨った感じ随分とコンパクトな乗車姿勢になったなと。足と手が近付いたと言うか、明らかに前傾姿勢が緩くなってる。コレ良いかもしれんね(爆)。ハンドルが高くなる事による全体的なフォルムも管理人許容内で、パッと見は殆どわからん位なのだ。本当は走って様子を見たかったが、アンダーカウル取付け準備で少々バラしている部分が有って、ソコ組み上げるの面倒だったから(笑)アンダーカウル取り付け完了時に併せて様子を見るのだ。別に暑くて作業がイヤになった訳では無い..........あ、本当はそうかも(爆)。

んでもう一つ、何年も前にGermanyより仕入れた物で、ピカピカしてる&コレじゃ無い感が有って取付けを見送っていたモノを、ヤッパ付けてみようかなぁ.........で、ウェットブラスト処理をお願いしていたモノが仕上がってきた。

Kc6 Kc7

ピカピカしてた時よりは随分と良い感じで化粧直しされて来たのだ。ヤハリ管理人はウェットブラストによるシットリシルバーが好き(笑)。肌触りも良いからツイ頬ずり(爆)。コレもついでにインストールするのだね。

Kc8 Kc9

ケースカバーは赤鬼号に、シリンダー横のカバーは青鬼号なのだ。両方共、色の感じは良いがやはりデザイン的にチョット微妙?.......。特に手裏剣のようなカバーはナンだかノッペリしている感じでチョット管理人的イメージと違ったりするが.......。その内見慣れるかな?(笑)。シリンダー横のカバーは新旧比較で写真撮ってみたが、言われきゃ分からんポイから当面このままで行くか.......悩む........(。ŏ﹏ŏ).........

Kc1 Kc10

手裏剣カバー(?)は色塗ったらどうかな?とも思って、イキナリ塗っても後悔しそうだったからフォトショでシミュレートしてみた。手裏剣を塗ったVerと手裏剣外側を塗ったVer。コレが取り付くジェネレータカバーが黒だから.........手裏剣のみ塗ったVerの方が良さそうな気が.......。まぁ、当面は未塗装で悩むとするか.......。まぁ、コノままズ~っと塗らないかもしれん...........純正に戻すかもしれん(爆)。嫁さんにも意見聞いてみるかなぁ?でも大概意見が食い違うんだよなぁ..........(悩)。

« 2017年6月 | トップページ | 2017年8月 »