2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

広告

« 嫁さんリハビリツーへ行ってきた........ | トップページ | Vmax熱対策について2..... »

2017年5月14日 (日)

Vmax熱対策について.....

また一つ歳を取ってしまった....(涙)。ソンな誕生日を迎えた最近だが、例年当日に有給取得しての勝手なバースデー休暇(有給)だったが、今年は仕事の都合で当日取得出来なかったので金曜に取得して嫁さんと蕎麦ツー行ってきたりの平日(笑) 平日って道空いてて良いね。

St

今回常々思ってた、Vmaxの熱対策について書いてみるのだ。FBのV-max倶楽部にも熱対策が投稿されたりと、まぁ他の方も熱い思いをしてるのは同じなのだね(笑)。でVmaxの熱対策に関しては様々な解決へのアプローチが有ると思うが、以下本文は管理人の勝手な思い.........と言うのを先に記しておくのだ。(管理人の理論が全て正解では無いからね....)

先ず良く言われる(耳にする)オーバーヒートについて。Vmaxは渋滞等の長時間アイドリングに弱いくオーバーヒートする? 管理人が乗り始めて数十年.......イヤ十数年。Vmaxを入手して乗り始めの頃、情報に飢えていた管理人がVmax関連を検索して出てくるトラブルとしては最も多く記事を目にした内容だった。Vmaxに関しての発熱やオーバーヒート絡みの話(噂?)がネット上でも公な情報として、Vmax乗りの間では定番となっていた(と思う)。でも管理人はオーバーヒートを経験したことが無い。ソレは管理人が山梨の田舎暮らしで渋滞知らず(可能な限り渋滞は避ける)だとも思うが、ツーリング先で渋滞に巻き込まれてもオーバーヒートした事は無いのだ。まぁ、そもそもオーバーヒートの定義からの話になるが、管理人の考えるオーバーヒートとは(細かい条件は抜きにするが)全く冷却が追いつかず、ラジエター内のLLCが沸騰してリザーブタンクに吹き返して何をしても冷却出来なくなった状態で、ヘタすりゃシリーンダーヘッドまで歪むような事態をオーバーヒートだと思っているのだ。Vmaxで良く言われる、水温計(純正)が赤のH位置に入ってFanが回ってアイドリングがバラついてE/gが止まってしまう......。これオーバーヒートなんだろうか?熱的に厳しい状態で、このままだとオーバーヒートしそうだ!では有ると思うが、オーバーヒートじゃ無いよね?.........と思フ。まぁ水温計が赤いH位置に来てるから心配なのは分かるが(最初管理人もそうだった)、メーカーが設定した温度で冷却Fanが回るのなら凡そ大丈夫である........。Fanが回る温度でも水温計が真中少し上位だったら大概の人はオーバーヒートなんて思わないんじゃマイカ?視覚的な危機感.....ってヤツ。 YAMAHAが何故ソンなギリギリ表示位置にしたかは分からんが、Fanが回る表示位置を赤いH表示直前(アレ?赤に入ってたっけ?)にした事が、Vmaxはオーバーヒート云々.....の謂われの原因だと思うのだ。初期に表示位置を改善しても良かった部分では無いかと思フ。

次に発熱によるE/gストールなのだが、渋滞等で発生する水温絡みの一連の動きは、発熱により 水温上がる → Fan回る → 水温下がる を繰り返す訳で、Fanが回った=オーバーヒート では無く、水冷E/gではソレが普通なのだ。(Fanの回り始めが赤いH表示だからってオーバーヒートでは無いってのは先に書いた通り) Fanが回って水温が下がるのなら冷却も出来ており正常な状態と言える。ではこの時アイドリングが不安定になりE/gが止まってしまうからオーバーヒート? ソレも違い、冷却Fanが回るとヘッドライト1ヶ分(かソレ以上)の電力を消費するので、バッテリー(配線含む)の状態が悪いと点火系への電力が下がり(バッテリー点火な為)失火気味になりE/gがストールする。(ヘッドライトが常時点灯な車両は殊更厳しい)  また同時にバッテリーも熱の影響を受けて温度が上がっており、この為バッテリーの比重が下がる=電圧が低下。んで、最悪ストールした場合にセルモーターが回せない......(でも冷えるとセル回る)となると思う。なので水温上昇に伴うE/gの不調はやはりオーバーヒーなのでなく、バッテリー含めた電装系のトラブルと理解しておいた方が良い。つまり電装系が正常なら特別な対策は全く必要無い.......と思う......と言うか経験談。

ソレを踏まえた上でも、そうは言っても保険的意味(?)で、必要以上に熱くならない様、熱対策を打つ訳だが、過去の例から見て主なモノは....... サーモスイッチ交換、手動Fanスイッチ、Fan交換、ラジエターの大型化、ローテンプサーモへの交換等が有る。コレらを一つ一つ考えていく..........。管理人も幾多の対策を経てるので、管理人的所見も書いてみる。

サーモスイッチの交換:通常105℃で回るFanを98℃で回るようにするモノ。
メリット:早期にFanを回す事により通常より水温を低く押さえることが出来る。しかも自動で。
デメリット:結局Fanを回すので、バッテリーが弱ってたりするとE/gストール等のトラブルは解決しない。また早期からFanが回るのでバッテリーへの負担が大きい。
管理人的所見:FanがOn/Offするレンジが一段階下がる事により、水温計の表示位置が下がる事による安心感が大きい。対策として有りだが、本来まだ回らなくても良い温度で回ってしまうのは......だから外した。

手動Fanスイッチ:Fanの回転を手元のスイッチでOn/Off出来るようにするモノ。
メリット:任意にFanを回す事により水温をある程度コントロール出来るので、H表示に入れないように出来る。
デメリット:コレも結局Fanを回すので、電装系が正常でないとE/gストールのトラブルは解決しないが、自動でブンブン回ってしまうよりはバッテリーに負担が掛からない。
管理人的所見:FanのOn/Offを自身で決めれるので、水温計位置をコントロール出来る事による視覚的安心感を得られる。また回し忘れてもメーカー設定値になるとFanが回るので安心。が、回しっぱなしにしてしまう危険もある(笑).......外した。

Fan交換:Muzzy等の(ツーかMuzzyしか知らない(笑))風量の多いFanに交換するモノ。
メリット:風量が多いため、Fanが回ってからの水温下降が早い。
デメリット:特に無いが、Muzzyは絶版品のため手に入らない(爆)。ヤフオクで偶に出回るが結構高額になる。
管理人的所見:水温降下は早い......気がする(爆)。.......継続使用中。

次に続く.....か......

« 嫁さんリハビリツーへ行ってきた........ | トップページ | Vmax熱対策について2..... »

コメント

ブイマを手元に持ってきた安心感から
全く乗れていない今日この頃ですが・・・
お元気そうで何よりですよ(#^.^#)

オイラも長く乗り続けていますので
過去には熱対策を試しましたが
田舎ではやはり渋滞に巻き込まれる事態が
ほぼなかったため(笑)

サーモはノーマルへと戻しまして
今は全てノーマルです♪♪
メンテナンスをキッチリとやっていれば
トラブルなく乗り続けていますし
今はこまめなメンテナンスが重要と思っていますよ☆☆

都内で大渋滞に巻き込まれて
すり抜けをしない方は
心配になるかもしれませんね

年に2度ほどメンテナンスをお願いしに
都内の店舗へ伺う時でも
すり抜けをせずに渋滞にハマるオイラですが
(都内の方の様にスルスルとすり抜けできないもので)
水温計こそ上がりますけれど
問題なしです☆☆


エイトさん>
お仕事の関係も有りますから、無理せず乗れる時にのりましょう(笑)
お互い田舎でも渋滞と無縁なのは幸せなんでしょうかね。
当方も色々対策しましたが、良くよく考えたり調べたりして電装系が正常であれば問題は発生しないとの結論に至りました。
赤鬼号は何も未対策ですが、ブンブンFan回っても止まる気配すらないので、ソレが普通なのかな?と改めて思った次第です。
エイトさんは某有名店スペシャリストに見てもらってキチっとメンテされてるので、信頼感、安心感が有りますね。
正常な状態を維持するってのは以外に難しいですから、ソレを実行しているのは流石です!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186364/65274062

この記事へのトラックバック一覧です: Vmax熱対策について.....:

« 嫁さんリハビリツーへ行ってきた........ | トップページ | Vmax熱対策について2..... »