2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

広告

« Vmax熱対策について..... | トップページ | 北関東、ソースカツー他まとめて....... »

2017年5月15日 (月)

Vmax熱対策について2.....

前置き無しに(笑)続き書きます.......しかも何も画像なし(爆)。

本題の前に熱対策記事の補足。
ノーマルのサーモスイッチ及び水温センサー取付け部は、冷却前の一番熱い部分での温度となり、ラジエターを通過した冷却水は10℃~15℃程低くなる事を記事の前提としている。

ラジエタの大型化:ラジエター容量を上げてノーマルラジエターより放熱カロリーを稼ぐモノ。。
メリット:必然的に冷却水容量が増えるので、渋滞等の停車時は水温の上昇が穏やかになる。また風を当てた場合の冷却が早い。ナニよりカスタム感満載。
デメリット:容量を上げた分重くなる(冷却水量も含め)。風を当てずに居ると最終的にはノーマルラジエタと同じ現象に見舞われる。割りと高額。
管理人的所見:容量を上げたと言えど、ヤハリ風を当てないと本領を発揮しない。反対に風を当てると水温降下が早いのが体感できる(Fanが回った時も同様)。積極的に風を当てないと冷えない事から渋滞対策としてはあまり意味をなさないが、ラジエターが大きい分、熱放射量も増えるのでノーマルより少し良いかも。あまり意味をなさない.....ナンて言いつつも、ソレでも管理人が交換した理由は......格好良いから(笑)。

ローテンプサーモへの交換:サーモスタットの開弁温度を下げ、早期からラジエターに冷却水を送ることにより水温上昇を抑えるモノ。ノーマルが82℃開弁のモノを76.5℃開弁のモノに交換したりする。
メリット:早期から冷却水を冷やす(ラジエターコアに送る)事により水温の上昇が穏やかになる。
デメリット:ある温度以上からは全開になるので、Fanが回る温度まで水温が上昇した場合はノーマルと同じ現象に見舞われる。交換がチト面倒。
管理人的所見:初期の水温上昇は目に見えて穏やかになり、渋滞等での停車時は手動Fanスイッチとの兼用で水温を低く保つ事が出来る。ただ走行中も常に低い温度で開弁するためにオーバークールとまで行かなくともメーカーが狙った水温よりも低い水温で走行する事になり(特に高速道路等)、E/gを痛める可能性がある。適正水温が85℃~95℃と考えると.......コレも外した。

オイルクーラー:油温を低く保つことによって水温上昇も抑えようとするモノ。
メリット:上がり過ぎた油温を低くする事が出来る。
デメリット:走行風を当てないとオイルが冷えない。適切に運用しないと油温が必要以上に低くなってしまい、オイル本来の性能を発揮出来ない。その場合E/gを痛める可能性がある。
管理人的所見:歌は世につれ世は歌に......では無く(爆)、水温は油温につれ油温は水温につれ.....と油温と水温は密接な関係にあり、水温が下がれば油温も下がりその逆もまた然りなのだ。ただ今回書いている渋滞対策としてのオイルクーラー単体の効果は殆ど期待出来ない。またラジエターにサーモが有るように、オイルクーラーにも本来サーモが必要だが管理人は付けてない(爆)。ソレでも付けてる理由......格好良いから(汗)

コレ以外にラジエターキャップ等もあるが今回ソレらは割愛(爆)。..........と、ココ迄書いて疲れたから......(笑)

で、管理人的結論。電装系がちゃんとしていれば、特に発熱対策しなくても大丈夫!....なのだ。配線の劣化に気をつけて、ツーリング中渋滞に捕まり頻繁にFanが回ったら帰宅後バッテリーを充電する等、日々のメンテが渋滞(での発熱)対策と言えるかもしれん。まぁカスタムは人それぞれだから、上記で管理人が否定的な事を書いたにしても、ソレが本当に良くないと言う事も無い。渋滞の頻度、地域差によ気温条件等の環境が違えば対策も違って良い。ただ一つだけ確実に言えるのは.......日々のメンテが大事よって事。電装系を疎かにして他の対策に走るのは本末転倒.....と言えるのだ。書いた内容と管理人の対策(付いてるパーツ)が矛盾してるってのは重々承知してる.....(爆)。

因みに上記対策をグダグダと書いた件は、ノーマルエンジンと普通ツーリング等で走った場合を想定している。排気量upや過度なE/gチューニングで発熱がノーマルE/g以上の場合、またサーキット走行だったり峠での走行において常に高回転でE/gを酷使している場合は除くのだ。ソンな時こそBigラジエターだったりローテンプサーモが必要になってくる........のかな?

Vmaxは熱に弱い、オーバーヒートするってネガティブな情報を払拭したくココに記す。

« Vmax熱対策について..... | トップページ | 北関東、ソースカツー他まとめて....... »

コメント

ワタシもそれ 違和感持ってました。要はレギュレーターの電圧制御が空冷バイク用で、ファンをアイドリングで回すと電圧低下で、点火系に電気がちゃんと回らず、エンジンストップの連鎖だと認識してます。
オーバーヒート。。。そう言った方がカッコいいから(謎

shioさん>
当方もその認識です。特殊な事情を除き、電装系がしっかりしていれば凡そ防げるモノだと思ってます。
某SNSでもソンな話になりましたが、オーバーヒートではなく熱ダレって言い方のほうがシックリ来ますね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186364/65280751

この記事へのトラックバック一覧です: Vmax熱対策について2.....:

« Vmax熱対策について..... | トップページ | 北関東、ソースカツー他まとめて....... »