2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

広告

« ウプするクラッチ組付け....... | トップページ | 実験2....... »

2017年2月 6日 (月)

酸化処理の実験.......

あ~.......ア~.........(∩゚д゚)アーアーきこえなーい........(涙)。少し前から左耳の調子が悪い......。幼少の頃からの繰り返す中耳炎だったりで、左耳に随分負担をかけて来たようだ。んで少し前に、コリャ不味いッ........って位に聞こえが悪くなり、近所の耳鼻科行ったら手術が必要になるかもシレンから、医大いってCT撮ってこいって(汗)。ナンか鼓膜の状況が相当悪いらしい(爆)。今持って左耳は正常な右の3割り程度しか聞こえんのだyo.......。明日また医者行って手術日決めないと.......( ´Д`)=3

で、耳は悪くてもバイクは弄れる訳で(爆)、ロックアックラッチ然り、以前書いた"今後の予定"は全く無視して(笑)違う事に時間を掛けたりしているのだ。チョットした実験なんかもしたりしてネ......。

Yo1

でナニやったかって、ロックアップクラッチ組んだ際のボルト(皿ネジ)の頭の色が気に入らない。管理人的にココが黒って考えられんのだ。ステンでも良かったが、どうせならとチタンボルト......って探すも、皿アタマのチタンボルトってナカナカ無いのね.....。やっと探し出して組んでみたらコレはコレで有りなんだけど(上画像:一番下のみチタンボルトにしてみたの図)、ケース類に使用しているボルトのように怪しい光具合に心を惹かれるのだ(笑)。その陽極酸化処理(アノダイズ)されている皿アタマなんて尚の事無く、色々知らべたらナンだか自分で出来そうな情報が.......。んじゃやってっみるべ!って、ガレージ陽極酸化処理をやってみた(笑)。因みにチタンが発色するのは酸化膜が光を乱反射させるからなんだって。コノ酸化膜の厚みによって光の屈折度合いが違って、色んな色になる........らしい........。陽極酸化処理ってのは水の電気分解で、陽極と陰極...............説明が長くなるんで、レッツGoogleでオナガイシマス(爆)。

Yo2 Yo3

必要なのは電源とリン酸水溶液、陰極に使用するアルミホイル程度のモノ。今回は実験なので電源は安定化電源等は用意せずバッテリーや電池で済ませた(爆)。リン酸水溶液ってナンだか難しそうだが、コーラにリン酸が入ってるとの事なので、濃度はかなり低いがコカコーラ赤ラベルをリン酸水溶液代替とした。処理対象に油分が付着しているとソコだけ色ムラになったりするので、超音波洗浄機とIPAも借りてきて脱脂は抜かり無く。借りてきたのは........会社から.........(爆)。飲み物は無駄にしちゃイカンので、余ったコーラを飲むのではなく、飲んで余ったコーラで実験開始(爆)。因みに実験中は両手が離せなかったので、コーラに沈めている最中の写真は無い。

Yo4 Yo5

容器にコーラを注ぎ、適当な重いボルトにアルミホイル巻いて沈め、バッテリーのマイナス(陰極:カソード)を接続。入念に脱脂したチタンボルトにプラス(陽極:アノード)を接続しイザ投入。ネジ部をホンの少しコーラに浸したら、陰極側から猛烈な泡と、ボルトから少しの泡。コーラの炭酸とは異質な泡なのだ。んで10秒位で引き上げてフキフキしてみると、綺麗なゴールド........イヤ茶色に変色しているではないか! ナンだか思ってたよりも物凄い簡単だ(笑)。追加で沈めてみるも、バッテリーの電圧13.5V(実測値)ではコレが限界のようだ.......。

Yo6 Yo7

バッテリー以上の電圧を取り出すために、6P電池を何本か用意して直列にガッシ~ン。とりま3本で計算上27Vだが、実測で28.5V位有った。ソレを沈めると.........おお!ナンか綺麗なチタンブルーになったゾ!(嬉)。ンジャお次は4本を直列合体。電圧は約38V。ブクブクと景気の良い泡が出るのだ。

Yo8 Yo9

さっきよりも薄くなったが、コレまた綺麗なブルーなのだね。管理人ご希望は6P3本の色味だから、3本でジャンジャン処理するぜ!..........で、皿アタマ側を処理したんだけど、ネジ部よりも色の付きが悪いのだ。時間長く沈めても酸化処理が進まなくなるだけで、色味も殆ど変わらず、ネジ部の色が再現できれば完璧だったが、そう上手くはいかんモンだね.........。後で落ち着いて調べたら、コーラ程のリン酸量だと、1本処理したらコーラ交換したほうが良いみたい。また陰極の面積(?)や処理対象物との距離、時間でも色味が変わるらスィ.........。当然電池だから電圧も落ちてきてしまう.......ムムン.......簡単に思えたが、希望の色や同じ色で揃えるとなると難しいモンだね..........。ま、今回は実験メインだったから、次やる時はリン酸と安定化電源を用意してリトライしてみる.......かもしれん(爆)。実験用のピースでも売ってれば良いが、度々チタンボルト買う訳にもイカンのだ.........(汗)。

Yo10 Yo11

実験後の皿ボルトを組んでみた。写真では然程元の色と代り映えしないが(どうしても上手く写せず)、ほんのりチタンブルーに仕上がっているのだ。本当はもっと濃いブルーが良いのだが..........。ドコか業者がやってくれんかね.........。取敢えずココはこのまま行くとするのだ。で、スケテルンクラッチカバーのお色直しも着々と進行しており、取敢えず形にしてみたが、ナンだか気にいらない(爆)。赤鬼号と同じでカーボンリングで飾ってみたが、シルバーにカーボンって合わない?ボルトの色が安っぽくて変?何れにしろ管理人のイメージとは全く違うモノに仕上がってしまったので、再考して作り直す予定なのだ.........(泣)。カーボンリング外してココもチタン化しようかのぅ.........。"今後の予定"もまだ先になりそうであるのだ..........(ノ∀`)アチャー でも耳........大丈夫かな...........(ノД`)シクシク

« ウプするクラッチ組付け....... | トップページ | 実験2....... »

コメント

ロックアップクラッチに組み換えるだけでも
『おぉぉぉお〜〜〜Σ(´□`;)』
・・・と思うのにも関わらず

Kaazさんのコダワリは
そのさらに先を見据えているところが
『すんげぇ〜だよこの人マジでっ!!』
・・・と思わず高校生ばりの
驚きかたをしてしまう今日この頃ですよ(笑)

オイラはここにきて花粉症で
ノックアウトしておりますけれど・・・
Kaazさんの左耳の調子も心配ですよ。
ブイマのカスタムとメンテナンスも
とても大事ですけれど
自分の身体のメンテナンスもしてくださいね

おかげさまで、少し頭がよくなった気がします(笑)
自分はチタンの地の色が好きなので、そのままですね。
よかったらボルトサイズ教えて下さい(笑)

エイトさん>
拘りと言う我儘......(爆)。
ココをこうしたいッ!って思うと、そうせずには居られなく、
妥協したVmaxに乗るのもイヤなのでツイツイ......。
勉強代は掛かりますが、ソレが血となり骨となりで目指すVmaxに少しでも近づけばと思ってます。

当方も5月には花粉症の症状が現れると思いますが、今はまだ平気です。
目や鼻が痒いのはツライですね......(涙)。
耳の手術は6月に決まりました。
全身麻酔の手術になるようですが、初体験なので楽しみです(爆)。
手術前の禁煙が.......辛そうです.......。

ブレイドくん>

調べた自分も頭が良くなった気がします(笑)。
道具揃えてやった場合、業者並みに上手く色が付くか分からないので、
同時進行で色付してくれる業者調べてます。
場所により切り素地の色も良いんですが、ケース類は色揃えたいな....っと。
皿頭はM6で奥に見えるテーパーはM4です。
もっとハッキリと発色させたいんでどうしようかと悩んでます(爆)

毎回毎回 「ほほー!」「へぇ~!」「そうながやー!」 の連発ですわ。
なんか楽しく勉強できるし、「うむ。俺もできるかも!」ってきになります。
しかし、その情熱とチャレンジ精神がすごいね~~~ww 

のりんじゃ~さん>

有難うございます。
ココでこうやって書いている自分も他のHPで調べたりなんかして
ほほー!、へぇ~!.....ですから、色々と勉強になります(笑)。
妥協すること無く、ユックリでも良いから自分好みのマスィ~ンに仕上げていきます!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186364/64856919

この記事へのトラックバック一覧です: 酸化処理の実験.......:

« ウプするクラッチ組付け....... | トップページ | 実験2....... »