2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

広告

« スケてるクラッチカバーを製作.......其の一 | トップページ | 今後の予定....(あくまで予定)...... »

2016年11月 6日 (日)

スケてるクラッチカバーを製作.......其の弐

続き書きます.........

凸凹整形が終わった所でアクリルを合わせて、完成後を妄想しながらニンマリ........が、良くよく観察するとアクリルの座りがイマイチ悪い。クラッチカバーのアクリル挿入部の縁が極僅かにスリ鉢状になっているため(タブンそう.....)仕方無いのだが、アクリルの縁が"辺"でハマっている感じでなく、"点"で当たっている感じなのだ。密着しないにしてもコノままでは余分な隙間が多い訳なので気分が良くない(笑)。なので、クラッチケース側の角縁とアクリルの縁をなるべく密着するようハンドルーターで面取りもした(写真は撮ってなかった.....)。面取り後はポコッとハマってアクリルの座りが良いのだ(嬉)。

尚、前記事で書き忘れたが、クラッチケース側の"残す部分"は10mmとしたのだ。アクリル等を止めるボルトは余り目立たせたく無く、最大でもM4のモノで済ます予定だったからね。このボルトをM5、M6で使用するんじゃ13~15mm位残した方が良いと思ふ。

っとココでケース側加工は一旦終了。色々と考えていたアクリル外周の飾りリングをどうするかな?っと.......。青鬼号のMEK製は飾りリング無し。WebやSNS等で見る自作品は殆どがステン等の金属.......。青鬼号同様の飾りリング無しも考えたが、カバーのくり抜き整形が真円で無いためリング無しはナンか変だし、ボロ隠しの為にリングは絶対必要だな........っと(爆)。

Ck6_2 で管理人が採用したのがドライカーボンの飾りリングなのだ。カバーが黒だからコレだとリングは目立たないが、良く見るとカーボンじゃん!っと目立たず渋い存在に(笑)。ただリング幅(内径)をどの位にするか悩んで、ボール紙で作ったリングでシミュレートしてみてもイマイチ感覚が分からなかったので、10mm幅と15mm幅の2ヶを製作したった(チトお高い.....)。ソレとカーボンを艶有りか無しかでも迷ったので、どっちにも対応できるよう、片面艶あり・片面艶なしのリバーシブル仕様とした。カーボンリングが納品された後、仮組み状態で小一時間色々と悩む........。結果、10mm幅はクリア部が最大になるが、内側のシール(予定)部が見えてしまい、粗が目立つ(ボロ隠しにならない)ので15mm幅で行く事と、カーボンは渋く艶無しで行くのだ。

ホンでこの仮組み時にアクリルの厚さも、ガスケット無しでカバーとツライチになる4mm厚に決定。ガスケット挟まない事にしたので、3mm厚だと若干カバー端面より凹んで美しくないのだ。色々と決まった所で穴加工済の3mmアクリルをテンプレに、4mmアクリルとケース、カーボンリングに穴加工。ケース側はM3のネジ穴とした。

Ck7_2 諸々の加工を終えて再度仮組み。おぉ良い感じだぁ!と思いつつも、ナンか管理人のイメージと違う......。ボルトが黒だとアクセントが足らんな......。で、ステンボルトに変更してみたがコレもイメージと違うし、ボルトの頭が飛び出すのも気に入らなくなってきた(爆)。地が黒なので、ココは赤アルマイトのアルミボルトが良いなっと。でもM3で低頭でアルミでアルマイトってソンな特殊なボルト有るのか?..........探すと有るモンだね(笑)。 ボルト調達後、再々度の仮組みで管理人イメージとの相違を確認。9割方イメージ通りなので、コレで本組立てするのだ。 しかしガスケット無しで行くが、オイル漏れを防ぐためにシールはせねばならん。ンジャどうすんダ?.......ってのが........

Ck8 Ck9

液体パッキンでシールしる!紙ガスケット切るの面倒だし(爆)。ケース側の縁(角)に液体パッキンを1周適量塗布(結構少なくても大丈夫)。後はアクリルをハメてムギュ~っと押さえると液体パッキンが広がって行くのだ。ある程度広がった所で飾りリングを乗せて、後はボルトを均一に締めて行くだけの簡単作業(笑)。すると外側にも内側にも液体パッキンがハミ出てくるので、外側は綺麗に拭きx2。内側はケースとアクリルの縁で整形しつつ、余分なパッキンは指で掬い取ってポイッ。後は乾燥を待てばOKなのだ。 この作業時、アクリルや他の部分に液体パッキンが付着しても焦らない事。乾燥後に指でグリグリやれば綺麗に取れます。ただアクリル部は指で擦ると意外に傷付くので慎重に。

Ck10 Ck11

ボルトは内側からナットで止めなくても、液体パッキンがネジロック剤の代わりをしてくれるので大丈夫かと思われる。実際乾燥後に1本外してみたが、容易に外れるモンで無かったしね。後はオイル漏れ防止と回り止めを兼ねて、各ボルトに液体パッキンを盛って乾燥させればハイ出来上がり!

Ck12

構想、部材調達、作業と苦節(?)3週間程で完成と相成った。ボルト頭も飛び出さず、またカーボンの渋さと赤いボルト頭がアクセントの良い感じで出来上がったのだ(嬉)。凡そ管理人のイメージを具現化出来たモノだが、自分なりに未だ詰めが甘い部分が有ったりするので、機会があればもう1ヶか2ヶ作ってみたいモンなのだ。 先ずは今回のコレがオイル漏れ等無い様、実使用で耐えれる物か検証せねばならんナ.......。他にやりたい事も溜まってるし......。

っと、取り敢えず製作工程をblogに記したが、コレ見て"我も製作してみようゾ"と思った方は、くれぐれも自己責任でお願いします。オイル漏れはE/gに重大な損傷をもたらします.......。

« スケてるクラッチカバーを製作.......其の一 | トップページ | 今後の予定....(あくまで予定)...... »

コメント

ぐぉぉぉお〜〜〜〜!!!
メチャクチャカッコいいではないですかっ!Σ( ̄□ ̄;)
素晴らしい出来栄えと
ナイスなデザインですよっっ!!
売れるっ((o(^∇^)o))
売れますよ〜♪♪♪
あくなき探求心とフロンティアスピリッツに脱帽しまくりです・・・

あ・・・そう言えば
今度、ロンスイのお話を伺いたいのですよ(笑)

新型用を作る予定は無いですか?(笑)

エイトさん>
チョット苦労しましたが、中々格好良く出来たと思ってます。
売れますか?....売れますか!?(笑)
素材さえ有れば、作って売って儲けて1400cc化......(嘘)。
変に拘る部分があるので自分でもチト苦労する時がありますが、
ソレはソレでまた楽しくもあります。

ロンスイ?......エイトさんの方が長いじゃないですか!
秘密は何もないので何時でも連絡下さい。

monoさん>
1700ってケース周り(カバー類)確かマグネシウムですよね。
勿体無いですよ!失敗の可能性が大なのに(笑)。

素晴らしい(^^v  
なかなかやりたいと思っても、手が出しにくい部分ですもんね

商売 ぜひ量産しましょうpaper

うぉーーー!! めちゃくちゃかっこえぇ~~~!!
これはいい!! 出来栄え最高じゃないですか!! 
マジで売れますよww すっと元取れますよww


shioさん>
有難うございます。
思ったより簡単なんでシーズンオフ期間にレッツトライです!
量産と言うかもう2ヶ位作ってみたいんですが、ヤフオクで
クラッチカバーが品薄なので、素材の確保が難しいです.....(笑)

のりんじゃ~さん>
うぉ~ーーーー、有難うございます!
素材さえ確保できれば、売って売って売りまくって.......(嘘).....
他の方がどの位の価値を見出すのか、作ってこっそりヤフオク出してみたいです(笑)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186364/64450468

この記事へのトラックバック一覧です: スケてるクラッチカバーを製作.......其の弐:

« スケてるクラッチカバーを製作.......其の一 | トップページ | 今後の予定....(あくまで予定)...... »