2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

広告

« 2016年9月 | トップページ | 2016年11月 »

2016年10月28日 (金)

FBの大黒ミーティング行ってきた.......

USJのお土産に貰ったハリポタの百味ビーンズを、誰がナニ食べるゥ?....不味そうなのはジャンケンで決めて.......っと、テンション高めに喰い始めた管理人一家。草味、土味、セッケン味等比較的食えそうなモノは盛り上がって喰ってたが、鼻クソ味、ゲロ味、耳垢味とかハイレベルなモノを食った途端、テンションだだ下がりで、終いにゃ一家無言の時が流れる.............。部屋の中臭いし(爆)。ウ○コ味が無いだけマシだったが、ありゃ慎重に選んで食わんと後悔するモンだという事分かったのだ(爆).......。

で、そろそろシーズンオフも見えてきた今日このごろの先週の日曜に、FBのVmax倶楽部の大黒MTGに参加してきたのだ。FB関係のミーティングは8月のビーナスMTGに続いて2回目の参加。直前まで仕事が立て込んでおり参加が危ぶまれたが、何とか都合をつけての参加。首都高湾岸線の大黒PAに集合なのだが、1次集合で圏央厚木PAに。各地全3ヶ所程の集合ポイントから各集合ポイント毎に皆が大黒PA目指して集合する........という感じで集まるのだ。

で、当日早起き洗車するつもりが、痛恨の(案の定?)チト寝坊......。ソレでも洗車&ワックスを済ませ、イソイソと双葉SAから中央道Inで東京方面へ。談合坂SAでタバコ1本のみの休憩で、圏央厚木PAへとブッ飛ばしたので、集合出発時間には間に合ったε-(´∀`*)ホッ。でも時間なかったから写真撮ってなヒ........。ビーナスMTG以来の方、お初の方等皆さんに挨拶して、皆で2次集合場所の海老名SAへ。圏央厚木PAから海老名SAまでって凄い近いね(笑)。

Da1 Da2 Da3
Da4 Da5 Da6

海老名で給油してマターリしていると、他集合ポイントチームが合流。ココで既に15台位だったかな?で、ココから最終集合ポイントである大黒PA目指すのだが、生粋の田舎モン管理人に道など分かる筈もなく(爆)(スマホナビは有るけどね)東名~保土ヶ谷BP~ドコか走って~大黒PAって感じだが、東名以外はサッパリ分からんので、誰かに付いて行こう作戦なのだ(笑)。

Da7_2  海老名SAから走り出すと東名が混んでるのも有って、結構バラバラ走行になってしまう.......。ヤバイなぁ......と思った時、前方に見つけたのは長野のO澤さん。暫く後ろに付くとO澤さんペースダウンで管理人の後ろに。降りるICは分かっていたモノの、以後の道が分からんので(爆)暫く走って今度は管理人がO澤さんの後ろに.....。後で分かったが、この時どうやら道分からんモン同士で、先導役押し付けバトルをしていた様である........(笑)。その後、保土ヶ谷BP~ココ高速?一般道?ムムン.....大都会は怖えなぁ.......と思っていたら、ベイブリッジが見えてきた。ココまで来りゃもう迷わんな.......。で大黒PAへIn。既に何台ものVmaxが居ったとさ。他のバイクや車のOFF会ナンかも有るらしく、駐車場はまぁ凄いねの一言。山梨じゃ絶対見ない(見れない)車がまぁ多い事........(汗)。都会の人は金持ってんだなぁ......っと(笑)。おっと、肝心な大黒MTGは、最終的に40台強集まった.......と思う.......数えてなかったけど大体そんくらい(爆)。お久しぶりの方、お初の方等、色々な方に絡んでもらい、また皆さんのVmaxを拝見しつつ楽しく過ごしました。以下少しですが(あんまり写真撮ってなかった......(汗))大黒MTGの写真貼付けます。

Da8 Da9 Da10
Da11 Da12 Da13
Da14 Da15 Da16
Da17 Da18 Da19
Da20 Da21 Da23

で、今回バイク雑誌の取材もあり、チャッカリ管理人も撮ってもらったので雑誌に載るかなぁ......?楽しみx2。飯も食わずに、本当色んな方との話で盛り上がりました。更なるカスタムの参考になる物も多数あり、また脳内妄想が.......(笑)。色んなバイクを見るのって大事だね。

時間はアッという間に過ぎ、帰りの道も勿論わかりません!.......。なのでまた地元メンバーに先導してもらい(爆)、途中、横浜町田ICの分岐点で道を間違え、分岐路を逆走するというハプニングもありながら、圏央厚木PAからは長野組と3台で帰路につきました。

Da25

唯でさえ暗い中央道だが、長野組2台のフォグランプが異様に明るく道を照らしてくれたので、結構なハイペースも安心で無事帰宅しましたとさ。
FB・Vmax倶楽部の幹事団の皆さん、また参加の皆さんお疲れ様でした。ヤハリ同じバイクで集まるって面白いね。また他のMTGにも参加したいと思います。

さて管理人シーズンOFFも目前だが、天気が良く気温が高ければ11月イッパイは乗れるか!?後1回位はドコかツーリング行きたいゾと。赤鬼号は順調に仕上がりつつ有るので、今年最後までに2台で走りたいなぁ.........。嫁さんの予定を押さえないとね.........。

2016年10月19日 (水)

チョット...ゾクッとしたよ.......

ん~.....バイクネタ以外の事を書くのは久々だな(笑)。またバイクネタ以外も日記的に書くのが良いか........バイク絡みのみのblogにしてしまうか.......。ま、ソノ辺りは適当にね(爆)。赤鬼号のクラッチ周りはチョイ部品待ちで作業が滞って..........(爆)

で、今回バイクネタ以外の事で書こうと思ったのが、本当のトコロが分かったからなのだが......。事の始まりは下の子がスキー教室?林間学校?(どっちか忘れた(爆))で撮った写真。ナンてこと無い宿泊部屋でのスナップショット......。(一応、色々と判別できてしまう部分にはモザイク入れました)

Sin2
  (今回写真チト大きくなります)

就寝前に先生が来て、同部屋の皆で撮った写真だそう。皆で撮るんだから当然皆カメラを見てポーズを決める訳ですが、何かオカシイ........違和感が有るんだよね........。ナニがって.......。一人だけドア付近にしゃがんで、写真に写ろうとしてない......。むしろ隠れてるし......。ドコか分かりますか??





Sin3

赤丸で囲ったのがソノ子。当然、管理人も下の子に聞いたさ。何でこの子はしゃがんで隠れるの?って。したら、この時部屋の全員がカメラに向かってポーズしてたんだって.......(怖)。家の子あんまり嘘つく子じゃないし(親ばか?)、態度で嘘(冗談)かどうか直ぐに分かるのだ。はソリャそうだ。先生が撮ったんだから、一人だけこんな撮し方をするはずがない.......と思う。一応子供にもしつこく聞いたが、絶対にコンな子部屋に居なかったし、部屋のメンバーは全員写真に写ってる........と。んじゃコレ心霊写真だなって(爆)。詳しくは知らんが学校でも少し話題になったそうな.......。((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル

で、チョット前に嫁さんがお寺に用事があったついでに、この写真を持っていって見てもらったんだって。(その坊さんの鑑定能力の可否は別にして.....)坊さん曰く、写ってるのは間違いなく子供の浮遊霊で、皆の楽しい雰囲気にツイ出てきてしまったと........。幸い写真からの霊障等は一切無いとの事で一安心。今も大切に保管してあります(笑)。本物の心霊写真かどうか管理人は判断できないが、本物であれば成仏してもらいたいモンである。淡々と書いたが...............怖いワ~(爆)。ツーか、こういう写真てupして大丈夫なんだっけ?コッ、コワ━━━━━(((( ;゚Д゚))))━━━━━━ッ!!!
 

2016年10月11日 (火)

対策品に交換ッと.......

10月18日少しだけ加筆しました。

この3連休の日曜に、急遽バレーの遠征車出し......(泣)。前日土曜は会社の飲み会でツイツイ遅くなってしまい、超絶寝ぼけ眼で東京に......。まぁ現地でほとんど車の中で寝てたけどね(爆)。チョット作業予定は狂ってしまったが、コンな急用にも対応しておけば嫁さんに文句言われんしね。戦術より戦略......だな.......(笑)。

で、前回のメンテ時に判明したシフトドラム部(セグメント)の旧タイプ......。速攻で純正部品発注して交換を実施。特に難しい作業は無く、外して交換するだけなのだ......(笑)。 シストシャフトを少し引き抜いた状態で全ての作業が可能。ただシャフトをずらすと、反対側のシャフトのシールから少量のE/gオイルが漏れるの注意。真ん中のネジはトルクスなのでナメ難いが慎重に外す。ここナメたらチョットヤバイ......。んで交換するセグメントを手前に外すのだが、エライ固くてドライバーでコジッても抜けなかったので、プライヤーで挟んでグリグリやったら無事抜けた。ダウエルピン2ヶで位置決めしているだけなので、組付けも反対の手順でやれば全く問題無し。

Seg1 Seg2

購入した交換品(対策品)の品番等は、セグメント「4NK-18185-00」x1ヶ、ダウエルピン「93604-12037」x5ヶ、ダウエルピン「93604-16092」x1ヶ、真ん中のトルクスネジ「90151-06013」x1ヶで、全部で¥3,000チョイ也。写真でも分かると思うが、対策品はツメ部が一体化しており、ダウエルピンが抜けようがない。コレでこの部分は一安心なのだね。 で、今回の作業のメインイベント........。以前購入してあったコレ投入するのだ。

Seg3 Seg4

バーネットのスプリングコンバージョンKit。クラッチの点検等と言うのは、この作業の伏線に過ぎなかったのだよ.......(  ゚∀゚)ハァーハッハッハッハ!! って訳で、赤鬼号にコレ入れるです。色々と複雑な事情があり、本当は青鬼号にコレ使おうかと購入したモノだが、結局使わなくて済んだので赤鬼号に回す事にしたった。青鬼号のミハラSPコンバージョンは、ノーマルのプレッシャープレートを加工したモノとアルミプレートの組み合わせだが、バーネットは全てが一体式。紫な外観が特徴的だが、逆に好みの分かれるところであろうか.......。ベアリング抜いてアルマイト加工に出して色変えても良かったが、今回はこのまま使用することにした。一部部品が届いて無い事と、更にムフフな計画しているので、組上げはもう少し先になりそうだが.........。 迫るシーズンオフを前に、コノ作業シーズンオフでも良かったんじゃネ?.......ナンて.........少しだけ思ったりもしたが.....(爆)、シーズンオフはオフでやる事(やりたい事)満載なのでね.......。サテサテ、採寸して色々と加工せねば........(謎)。

2016年10月 2日 (日)

赤鬼号メンテで.......

ココ最近晴れてない.........。ど~も全国OFFら辺から天気が良くない......。ついでに季節の変わり目か、夜はスッカリ超涼しいから風邪引いて発熱.......。有給2日使ったばっかだけど、発熱で体動かんのでまた有給(爆)。体調管理シッカリやらんとヤバイなぁ.....。

ソンな発熱明けの週末は下の子の小学校最後の運動会。本当は土曜に開催して日曜はバイクでも......ナンて思ってたけど、最近の天気予報は素晴らしく当たるらしく(笑)、土曜取り止めて日曜の開催との通達があった。ナもんで土曜が一日空いたが天気はダダ曇り........。バイク乗る気にもならなかったので、脳内メニューにあった赤鬼号のメンテをするのだ。

Mc1 Mc2

今回のメニューは、購入してから一度も開けてなかったクラッチ周りのメンテ(点検)なのだね。特に不具合が有ったわけでは無いが、状態把握としてメンテなのだ。ヤハリ嫁さんが(あ、管理人もだ(笑))乗るからには、車両責任者である管理人ヽ(°▽、°)ノエヘヘヘヘが全ての状態を把握してるのが望ましい。と言うか、状態を把握してないと気がすまない管理人なのだ(爆)。状態を把握する事でトラブル時の解決も早いしね。んで肝心のクラッチだが、フリクションプレート規格内、クラッチ版焼け無し、クラッチスプリング規格内等々、全く異常は見られない。まぁ、コレこのまま組まないけどね(謎笑)。

Mc3 Mc4

カバー開けた時に何となく感じたが、コノ車両たぶんクラッチ周り開けたの初めてな感じ。クラッチバラすボルト類に工具跡が全く無いのだ。センターのナットにもロックワッシャを起こした跡が無いから(ロックワッシャ起こすと多少なりともナットに傷が入る)、バージンだったんだろうな.......と(笑)。ソンなイヤラシイ.........事考える訳も無く.......(爆)、粛々と点検を進めていくと.......ナント!..........

Mc5

シフトドラム部が旧タイプなのが判明。折り曲げたツメがダウエルピンを押さえているタイプだったのだ。旧タイプだと激しいシフトチェンジを繰り返していると、このプレートのツメが起きてきてしまい、ダウエルピンが脱落。すると脱落したピンに該当するギアへの(からの)チェンジが出来なくなってしまうのだ。詳しい事は数多のWebをググれば出てくるので、このウィークポイントを知らない方はレッツグーグルなのだ。

なモンで管理人も改めて調べてみたら、ココの対策って98年式以降なんだね。コノ車両は97年式だから当然未対策。管理人はオイルフィルターがカートリッジ式になっている年式は対策済だとズ~っと思ってた.........。ああ勘違い......(恥)。 バラした部分はその日の内に組上げる予定だったが予定変更。ココの部品発注して対策を施してしまうのだね。 まぁこうやって状況把握すると共に、不具合発生するかも?的な部分は先手先手で対策してしまうのだ。予定は狂ったがこんな事も分かったのでチョット安心。冬眠するにはまだ早いから、早く組み上げて残り少ないシーズンをトラブル無く過ごしたいモンである.......。さていつ組み上がるかな..........(爆)。

« 2016年9月 | トップページ | 2016年11月 »