2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

広告

« 2016年4月 | トップページ | 2016年6月 »

2016年5月27日 (金)

青い方で北関東OFF行ってきた......

ムムン........忙しい.......。仕事がバタバタと忙しく、ナカナカ時間が取れずに記事書くのが遅くなってしまう.....(汗)。先週の日曜に恒例の北関東OFF行ってきたのだが、記事書けずにいたら1週間経ってしまうではないか......。と言う事で、駆け足で記事書いてみる(爆)。

昨年は青い方(青鬼号とか言うのが面倒になってきたので(笑))メンテ中だったため赤い方で行ってきたが、色々と問題はあったモノの今年は青い方で行ってきたのだ。晴天で暑くなりそうな予感のAM9:30に出発。東京方面に向かう時の休憩は何時もの談合坂SA。良い天気だからか、休憩しているバイクがモノ凄く多かった。

Ktk1

写真を撮った背後にもマダマダ沢山のバイクが居たが、ヤハリハーレーばっか(爆)。本当、国内メーカー車の比率が低すぎ......。でもハーレーでもナンでもバイク人口が増えるのは良い事なのだ。願わくば若い人に.......バイク居ても管理人含めオサーンばかりなのね......(泣)。 んでそのまま圏央道~関越~北関東道と、途中休憩もソコソコに現地到着。主催のたかさん始め、お久しぶりな方々とも再会なのだ。

Ktk2 Ktk3

毎年北関東OFFは、スナップオンツールショーの一角を間借りして開催されているが、Vmaxやらツールショー目的の人等で、まぁ人が多い事(笑)。

Ktk4 Ktk5 Ktk6 Ktk7 Ktk8 Ktk9
Ktk10 Ktk11 Ktk12
Ktk13 Ktk14 Ktk15
Ktk16 Ktk17 Ktk18

近況報告やカスタム談義、皆さんの愛機を拝見したりツールショーを見たりと充実した1日だったなぁ。様々なカスタム情報を入手する事で脳内妄想が膨らみ、金銭的には毒かも(笑)。んで今年はみどり市の市長さんも来場され、ジャンケン大会は市長さんとジャンケン。管理人は今回の一番の大物を引き当てました(嬉)。

皆さんとのお話も尽きないが、pm3:00位にOFF会場を後にする。関越で事故渋滞に巻き込まれるも、無事に中央道へIn。昼飯喰ってなく腹が減ったので、談合坂SAの伝説のスタ丼へIn(爆)。ツーか、嫁さんにスタダレ(スタ丼のタレ)を買ってこいと命令されていたので、強制的にスタ丼へ(笑)。

Ktk19 Ktk20

スタダレは2ヶ買って来いと命令されていたが、ジャンケン大会で引き当てた大物でウエストバッグがパンパンだったので、1ヶでカンベンして貰うのだ(爆)。自分にも青いのにも給油を済ませ、一気に自宅へ爆走して、日の高い内に帰宅と相成ったのだ。

Ktk21

ジャンケン大会で引き当てたのは、YAMAHAのブランケット。何でも非売品らしい(嬉)。ガレージの壁にでも貼り付けて........ナンて思っていたが、案の定嫁さんへの献上品となってしまった.......(泣)。 ホンで来年の北関東OFFは場所が変わるかもシレンと、主催のたかさん談。ナンでもツールショー会場が今までの場所でなくなるかも.....との事。北関東だと山梨からは1日ツーリングでは良い距離なので、よほど遠くにならない限りは行けるかな?何れにしても来年も楽しみである。主催のたかさん、参加の皆さん、本当にお疲れ様でした&有難う御座いました!

2016年5月16日 (月)

修理完了で復活~.......

GW直後の1週間をようやく乗り切って迎えた週末。ヤッパ休みって良いね(笑)。

GW中に間に合わなかった純正部品も週明けには全てが揃った。んで週末に様子見で乗りたいのと、GW中に乗れなかった分乗りたいのと、他の家族は部活やスポ小で居ないから乗りたいのと...........結局何をしても乗りたいので(爆)、平日夜な夜な作業で仕上げるのだ。バラして各部チェックしてあるから、後は組み立てるだけの簡単作業。クラッチ周りはコノまま組もうと思ったが、ヤフオクを徘徊していると良い物ハヶ━m9( ゚д゚)っ━ン!!

Sk1 Sk2

F.C.Cの強化クラッチキット(笑)。勿論新品未使用品。フリクションプレートのみのモノだが、新品購入すれば2諭吉位で、純正のフリクションプレートが全8枚で1.5諭吉位なのに対して、コレは結構お安く落札出来たのだ(嬉)。って事でフリクションプレートも新品になりました(笑)。

Sk3 Sk4

手持ち予備の純正プレートと比較すると随分と色合いが違う。手で触った感じは純正の方が柔らかく、F.C.Cの方が固い感じ。コレがどう影響するかはワカランが、繋いだ時のフィーリングが変わるのかね?まぁ使ってみないと何とも言えん.......。組み付け作業中はチョット急ぐ事もあり今回写真は無いッス(爆)。フリクションプレートをオイルに浸して組むだけだから........。その辺はチャチャッと組み上げて、最後に一手間(?)加えるのだ。管理人のクラッチはミハラのスプリングコンバージョンなのだが、このスプリングを止めているボルト(6本)を軽量強度なチタンにしたった。ついでにシルバーのボルトカバーも奢ってみた。今までよりもチト雰囲気が変わった感じなのだ。 んで、最後の最後にクラッチケースを被せてボルトで留めるのだが..................

Cs14 Cs15

ええ、買いましたさ、チタンボルト!しかも陽極酸化処理して怪しくブルーに光るヤツを.......(汗)。カバールに類にアルミボルトが使用出来ない(使用しない)んじゃ、ブルーに輝くボルトはコレしか選択肢が思い浮かばんかった(爆)。ケース類の締結ボルトはブルー!ってのが管理人脳内のデフォだから仕方なし........。ボルトの金額は...............恐ろしくて書けんのだ(爆)。書くと改めてその金額に後悔しそうだし.......。勢いって大事だね(笑)。まぁそのお陰で赤鬼号の方に計画していたモノが延伸せざるを得なくなったが.......。兎も角コレでパッキンも新品でカバー類はシッカリと締結出来るので、もう漏れとはオサラバ.......出来れば良いなぁ........。

Sk5_4

全てを組み上げて、家の周りを試乗した感じだと漏れては居ないようだ。なので日曜に一人フラフラとソースカツ丼でも喰うべく、何時もの駒ヶ根のガロへ行ってきた。が、お一人なのでランチ閉店間際に滑り込もうと現地に着くと、未だ外に行列が......。速攻で諦めて、帰路のSAでソースカツ丼を食してきた。家に戻って一応チェックしたが、他の部分も含め漏れはない。コレでようやく安心して今シーズン乗れる気がスル(笑)。

ps:新品で組んだクラッチは特にコレと行った変化もなく、普通に使えている。半クラが若干マイルドになった気がするが、タブン気がするだけで本当に変化がない......。まぁ滑らなきゃ良いし、新品組んだ事で、向こう10年は(爆)クラッチの心配せずに済むかなぁ........。

2016年5月 8日 (日)

修理は途中.......GWは終了......

9日"も!".......と思えたGWは本日で終了.......(泣)。明日からまたお仕事なのね.....。GWは終わるが青鬼号の修理は終わらず。部品発注してもナカナカ納品されずで、コンな時ばかりは祝日が恨めしいのだ......(爆)。

で、オイル漏れその後はと言うと、漏れて湘南より出戻った次の日にリア周り洗車して油分を落とした後に、原因を居追求すべく乗り出して様子を見てみた。そしたら管理人が予想してたブリーザー部ではなく、クラッチのケースカバー上部から滲んでおり、ソレがブリーザー部周辺に溜まって後方へ飛散していた事が判明したのだ。

Cs1 Cs2 Cs3

んじゃ、増し締めすればOKジャネ?とオイルが漏れてる付近のアルミボルトを慎重に増し締めを試みた。したら、もう最初から手応えが変なのさ.......(笑)。手応え軽すぎてボルトがナメてる感満載(爆)。んで外してみると........2本中の1本は完全に折れており、辛うじてプラプラに繋がった状態で外れた。まぁネジ穴に残らずに外れただけラッキーだったかも。もう一本はボルトヘッドの根本にクラックが入っており、少し力を加えるとポキッ......と折れた(爆)。また原因はワカランが、ガスケットに亀裂も入っていた。コレじゃオイル漏れる訳だ......(泣)。 ただ、クラッチ周りとウォーターポンプ周りのメンテが先延ばしになってたので、コレ幸いに(?)バラし&メンテに突入なのだね。GWだが........仕方有るまい........。他のアルミボルトの状態も心配だし、この際ソレも含めてね....。

Cs4 Cd5

クラッチはチャッチャとバラして、ウォーターポンプ側も折れてたらヤバイので、慎重に事を進めるのだ。一応折れてたのは最初の2本だけだったが、以前から強度に不安があり、締結時のトルク管理は怠らなかった......つもり.....。だが今回でアルミボルトを一切信じない事にした(爆)。特に密閉部には使用しまいと.....。今までも強度が必要な箇所への使用は控えていたし、密閉部もガスケットを密着させる意味で、最初に普通のボルトで規定トルクにて締結し、十分に熱を掛けて(走って)からアルミボルトへ交換する......という感じで使用していたがソレでもダメなのだね....。良く考えりゃ、0.7kgしかトルク掛けれないから密閉部には向かんのか!......ん~.....でも5年以上使用してきたモンだし....。アルミボルト使うなら定期的な点検と交換が必須かもね。今更だが(爆)。

Cs5 Cs6

んでクラッチAssyをバラして色々と点検。フリクションプレートの厚みも2.9mm+αで問題なし(下限値2.8mm)。バーネットのカーボンフリクションプレートなんだが、この辺の規定はノーマル同様で大丈夫......だと思う(爆)。クラッチプレートも焼け・歪み無し、バスケット側の段付き等も問題無いレベル。クラッチ周り大丈夫そうだ。ホンで、ココまでバラすとクランクケース内にクランク(カウンター)が見えたりピストンが見えたりしてチト萌える(笑)。

Cs7_2 Cs8 Cs9

次は反対側に回ってレリーズやプッシュロッドも外す。レリーズはバラして内面磨いてシール交換。ホンで今回どうしてもやっておきたかった作業が、クラッチのプッシュロッドとシフトシャフトのシール交換。ココまでバラさないと出来ない訳ではないが、バラした方がシフトシャフト抜けるしラクチンなのだ。スペース狭いし.....。

Cs11 Cs12

双方とも気になる程ではなかったが、ホンの少しオイル漏れてる.......気がしたので(爆)交換と相成った。部品がまだ届いてないので作業はシール取り外しのみだが、コレがまたエライ苦労したのだ......。手持ちのシールプーラーがデカくて入らない(爆)。ホイルのシールとかに使うヤツだから頭がデカいんだけど、行けると見込んだんだけどなぁ......。

Cs13

特にレリーズ側は場所的にマイナスドライバでコジル事も出来ない.....。どうしたモンか.......と工具箱をゴソゴソ漁ってると良い物ハヶ━m9( ゚д゚)っ━ン!! キャリパーのシール溝を綺麗にする工具で、シール溝全然綺麗だったから使わなかったヤツ。コレでコジれるンジャね?長さも丁度良いし。でシール内側に爪を引っかけてテコの原理で.......うぉぉ!取れたぜ!(嬉)。ヤッパ工具に無駄なモノは無いな..........ウンウン...........使い方違うけど(爆)。

って所で、後は部品待ちの状態のままGWが終わろうとしている(泣)。出来ればこの休みに色々と走り回りたかったが......本当に残念でならない........。ま、ここら辺のメンテが終われば、オイルや水が漏れるヶ所は無い!って感じに仕上がると思う。部品来たら夜な夜な作業で組んでしまおう.....。梅雨入りまでが良い季節だから少しでも乗りたいしね。

 

 

2016年5月 3日 (火)

フラフラツーとトラブル(爆)と.....

待ちに待ったGWで管理人は9連休なのだ(笑)。長い所だと10連休ナンてのも有るらしいが、学生やら公務員やらその他色々......暦通りの方も居るので、9連休な幸せを噛みしめつつ、初乗り済ませた青鬼号でフラフラと気ままにソロツーリング行ってきたのだ。

先週の初乗りは前回の記事で書こうと思ったが、LEDライトの記事で長くなったので書いてない(爆)。先週はLEDライト取付とオイル交換諸々を済ませ、チャンと長袖着て(笑)八ヶ岳方面をフラフラしてきた。LEDライトの効果をトンネルか何かで試そうかと思ったが、走り出したらソンな事は忘れていた事実.......。

Vmax1 Vmax2

青鬼号の具合も良かったので、高速有りクネクネ有りで4時間ほど走り回ってきた。帰宅後に各部再確認するも特に異常もなく、コノままGW突入して気ままな無計画ツーリングを画策していたのだ。ンでイヨイヨとGW突入し、土日で用事を済ませで月曜に無計画ツーリングに出かけたった。

Gw1 Gw2

下道だと面倒なので、取り敢えず(笑)中央高速に乗って、取り敢えず東京方面に向かうのだ。本当に何も計画が無いから、走りながら色々と考える。圏央道~関越~長野道のコースは前も走ったし.......、首都高に出て湾岸線........渋滞イヤだな........。圏央道を下るルートは.........高尾山ICは間違えて行った事があるけど、ソコから南下した事無いな.........って事で、圏央道を南下する事にした(笑)。道も良く、意外に空いていたので、ア~っと言う間に海老名JCT。行ける所まで真っ直ぐ行ってまえ~っ.........って真っ直ぐ行ったら、新湘南バイパスの表示。湘南......って響きが田舎モンには格好良く感じるのだ(笑)。んじゃコノまま西湘バイパスだぁ~.......って、大磯ロングビーチで芸能人の水泳大会を想像する生粋の田舎モンのオッサンが爆走。着いたのは西湘PA。で、海見ながら休憩なのだね。

Gw3 Gw4

海無し県に済む管理人は海見るとチョット興奮するのだ(爆)。一通り休憩した後、さて何処行こうかのぅ......とスマホ片手に考える。ツーカ、ココまで来たら考えるまでもなくターンパイクじゃね?と自己完結したので、給油後にMAZDAターンパイクに向けて走るのだ。

Gw5 Gw7

¥520のお布施を支払い、大観山目指してカッ飛ば.......道ワカランので安全運転で........。途中、カッ飛びで追い抜いていったSSに付いて行こうとするもグングン離されるし、ナンかリアがヌルヌルするし.......。オマケに雲が掛かってて見通し最悪。なもんで、のんびりとターンパイクラウンジに到着。一服しながら写真撮ったりしてたら、リアタイヤ右側にナンか付いている......。手で触ってみると.......ん?オイルっぽい?青鬼号??.......

Gw8 Gw9

よく見回すとブリーザー部に大量のオイルが付着している。その場で断定は出来なかったが、恐らくココから吹いているだろうと.......(泣)。この状況じゃユックリもしてられんのだ。さてどうするか........。取り敢えず持っていたタオルで綺麗にして、最短ルートで帰宅することにした(泣)。最短ルートは.......おぉ.......ここLTEで繋がらん.......。うろ覚えの地図だと、芦ノ湖方面~山梨は時間が掛かりそう。なのでターンパイクを下って、ココまで来たルートを逆戻りする事に。ターンパイク下って料金所出た所で再度チェック。拭いたハズのオイルがまたびっちり付着している......(悲)。マタマタ拭き上げて、油温とオイルレベル警告に目を光らせつつ、そのままノンストップで帰宅した。甲府昭和ICを過ぎた辺りで燃料警告灯が点いたが、何とか無給油で自宅に戻ってきた。早速原因究明を試みるが、オイルが滴り落ちるほど漏れてる(?)ので場所の特定が出来ん........。ブリーザー周辺がモノ凄いオイルだらけ.....。ツーか、右リア周りオイルまみれ(泣)。 本当なら何処かに泊まっても良い位の気持ちで出かけたのに、夕方には自宅に戻ってきてしまった.......。(´Д`)ハァ…土産も何もない.....(;´д`)トホホ… GW中には原因究明とその対策を講じねば........。近いうちにリベンジツーするかのぅ.......。十国峠、伊豆スカ辺りも走ってみたかった........。 兎も角、明日は原因究明とオイルまみれのリア周りを洗車......だな.......。GW.......まだ余裕は有る........。

« 2016年4月 | トップページ | 2016年6月 »