2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

広告

« 2015年1月 | トップページ | 2015年3月 »

2015年2月12日 (木)

作業順調......

折角購入したストーブだが、火力が弱くて寒い故に夜な々々長時間の作業は出来ない.....。そもそも、毎日作業を行っている訳ではなく、出来る時にやっている感じである。ガー.....ッとやらずに確実に.....をモットーに作業に邁進す。

前回からの続きでフロントバンクに続きリアバンクのバルブクリアランス確認をしようと思ったが、各バンクは分けて作業する事とした。そんな訳でフロントバンクのヘッドカバーを洗浄液にドブ漬け洗浄後にヘッドカバーパッキンを組込み、規定トルクで締め付けて完了。ヘッドカバーもピカピカで気持ちが良い。気が付いたら全く写真を撮ってなかったので、ココまでの写真は無い......(爆)。さてリアバンクを......と考えたが、何を思ったかリア周りをバラしに掛かる管理人(再爆)。別にボケている訳ではない.....。チョット思う所もあり先にコチラに取りかかる事にしたのだ。

So3_2 So1

サイレンサー外してリアサス外して.....んでホイル外したらハブ部がエライ事になっていた(汗)。赤い錆のような物がビッシリ.....。ホイル側だけでなくデフ側も真っ赤っか....。でも良く見たら錆ではなく、何かが変質して赤く粉っぽくなったようなモノだった。グリスが変質?前回のタイヤ交換の組み込み時に何のグリス塗ったか忘れたが、カラカラに乾いてたので恐らくグリスか?ん~.....ワカラン.....。兎も角ホイルもデフもブラシで擦ってキレキレに。またまた写真は無いが、元の状態に戻って一安心なのだ。その後スイングアームやら何やらも取り払い各部のお掃除。

So2 So4

リアフェンダーは面倒だったので外さなかった(笑)。普段絶対に手が入らない部分まで念入りに磨くのだね。スイングアームも取付までにはピカピカに磨きたいゾと。リア周り掃除も一段落した所で、さぁ再度リアバンクを.....と思ったが、また違う箇所(気になってた部分)に手を付けてしまった`;:゙;`;・(゚ε゚ )ブッ!! ソリャ何処かと言ったらシリンダー(ヘッド)なのだ。写真はリアバンクなのだが、フロントバンクも同様に塗装の剥げが激しい。ハッキリ言って汚い.....。汚れを飛ばそうとエアガンでシュッと吹くと、塗装まで飛んでいく始末.......。コリャ何とかせんとイカン.....ツー事でヘッドを塗装するのだよ。

So6

ヘッドを塗装する訳だから当然普通の塗料ではマズイ。耐熱性が求められるのだ。耐熱塗料........耐熱塗料と言ったらオキツモ......って事で、購入したのはオキツモのマフラー用スプレーの半ツヤ黒。耐熱550℃なんでシリンダーヘッドでも安心なのだ。ヘタな耐熱スプレーを使用すると、黒に塗ったハズが熱を掛けたら茶色っぽくなってしまう物も有るので注意なのだ。その点、オキツモは色味の変化が殆ど無い。また以前、同社の耐熱マーカー(ペイントマーカーみたいなヤツで、手軽にタッチアップ出来る)も使用した事があるが、ツヤ消しだったため全く色味が違ってしまった事がある。なら半ツヤが丁度良いんじゃネ?な安易な発想で半ツヤで塗る事に(爆)。このスプレーをシリンダーヘッドにシューッと........は吹かない(笑)。

So5

紙コップに必要分を吹き出して筆塗りなのだね。脱脂して早速塗ってみた所、見違えるように綺麗になった(嬉)。熱掛けなくても24時間で完全硬化するので、ユックリと作業する管理人には丁度良い。まだ一部しか塗ってないが、フロントバンク全部を綺麗にしてからリアバンク作業に取りかかる予定。ソレに筆塗りって久しぶりで面白いし(笑)。マスキングしつつ、部分毎に分けて塗り塗り作業を進めるのだ。ただガレージ内でストーブ焚くと水滴が発生して塗装出来ないので、寒さを我慢して塗装するか、昼の暖かい内に塗装するかの2択になってしまう。当然管理人は.......後者......だろうなぁ......。マダマダ先は長い.......。

« 2015年1月 | トップページ | 2015年3月 »