2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

広告

« 2014年7月 | トップページ | 2014年9月 »

2014年8月22日 (金)

RXリペア中だが新型も.....

盆休みも明けて通常運転に入っているが、中々休みモードから抜けない....。盆休み中は天気が悪かった事もあるが、用事が重なりまくって気が付けばVmaxに乗ったのは3時間位だった....(涙) 修理中のRX(ヘルメットね)も修繕済みの内装を取り付けようと思ったが、ストラップ類の交換を決めたのでソレらを交換してからの内装取付となるが、ストラップ修理も出来ぬまま盆休み糸冬 了..._φ(゚∀゚ )アヒャ 何だかなぁ~......(;´д`)トホホ…

ってな所だが、RXはコンな感じ.....φ(゚Д゚ )フムフム…

Sim1

コレ見て気が付いたソコのあなたはSimpsonマニアです(笑)。そうです、コレは修理中のRXではなく、新規に購入してしまったRX(本国仕様)なのだ(爆)。今までのは随分前に購入したSnell規格SA2005のモノだったのだが、今回のモノはSnell規格が変わり2011年からモデルチェンジ(?)したSA2010のモデルなのだ。

Sim2 Sim3 Sim4

基本的なディティールは変わってないが、新型はシェルが若干大きくなり小振りなRXがお気に入りだった管理人としては、つい最近まで購入は見送っていたモノ(検討はしていたんだけどね)。だが今回旧RXがアンな事になってしまい、RX好きの管理人としてはリペア出来なかった時の事を考えて、今回の新RX調達と相成った。折角なので旧RXと比べてみる事にする。旧RXはリペア中なのでアレな状態だが......。

Sim5 Sim7

新型RXは単体で見るとさほど大きくなった感じは受けなかったが、やはり新旧並べるとシェルが大きくなっているのが分かる。横幅よりも上へ大きくなった感じ。因みにサイズは両方とも71/2。アイポート、シールド共に大きくなっているが、シールド上部に貼られたステッカーのお陰(?)で精鋭さが保たれている感じ。シェルの凹凸は新型の方がハッキリクッキリとしている。また旧型はシールド開けた際にシェル上部へシールドが当たっていたが、新型はクリアランスが保たれており当たらなくなっている。ただシールド開閉がもの凄く固い.....。まぁコレは使っている内にもう少し緩くなると思うが.....。側面のDリングは付いてないので、走行中のガチャガチャ音に悩まされる事は無くなった(笑)。

Sim8 Sim9

アイポート周(前面)りにスポンジが貼られており、シールド閉めると密着する。このスポンジ、劣化で剥がれそうではあるが.....。因みにこのスポンジの予備が1ヶ付いてきた。それとストラップがリベット留めでなくトルクスネジになっている。経年劣化した際に容易に交換出来れば良いが.....。

とまぁ、もう少し色々あるが、後は割愛(爆)。
少し大きくなったシェルは少々気になるが、RXらしさは受け継がれているのでコレはコレで有りだと思うし、何より管理人が気に入ったのだ(嬉)。旧RXのリペアも進め、リペア後はその日の気分で新旧使い分ければ良い(爆)。
久々に自身のヘルメット新調は嬉しいが、今までのが直るんじゃ新しいの要らなくネ?.....と嫁さんに言われたような夢を見た気がした今日この頃。何にしても新品は装着感から臭いから気持ちいいモンである。ヽ(°▽、°)ノエヘヘヘヘ

2014年8月11日 (月)

SpeedwayRXをリペア.....

前記事に有るように、管理人愛用のSimpsonのRXをどうにかしたいのだ.....。Webで探した複数のヘルメットリペア店にも断られ放心状態.....(涙)。どうせこのまま被れずにディスプレイにするのなら、せめて一端バラしてみるか....。って事で、ベトベトなチークパッド部を取り外す事にしたのだ(`・ω・´)ゞビシッ!!

カッターと金属ヘラを使って慎重かつ大胆に内装とシェルの間をガシガシやって接着剤を剥がしていく。両頬から口元までが一体になっており、特に口元部分はベース(?)のウレタンが薄いので破れないように細心の注意を払う。どうしても外れない部分は、多少犠牲にした(破れた)モノの概ね上手く取り外す事が出来たのだ。

R1 R2

外した部分は裏も表も粘着ベトベトで触るのも嫌な位に酷いモンだ。内装をシェルへ固定する接着剤は変質等しておらず全く問題ない。やはりこの外した部分の中からベトベトが滲み出てくる.....。さてさて、コノ布をどうやって外そうかのぅ......。接着剤が剥がれる部分は引っ張って外したが、シッカリと接着剤が効いてる部分は、無理に外そうとするとウレタンやスポンジが破れてしまうのだ。原形が無くなっては困るし......(悩)。まぁ使えなくなって元々だから.....と自分に言い聞かせ、布地にパーツクリーナー吹いてみる......。コレが功を奏し、粘着が弱まったお陰でバリバリと剥がれる(嬉)。コリャ自分で張り直しが出来るンジャね?とRX復活に賭けて期待が膨らむ。

R3 R4

剥がした布地の裏は表よりも更にベトベトが酷い。オマケにスポンジもベトベトなのでコレも表面をパーツクリーナーで拭き拭き。完全には取れないが随分と良くなった。口元のウレタンに付いた接着剤はパーツクリーナーでも取れなかったので、そのまま再利用する事とした。

R5 R6

嫁さんから布生地を売っている店を聞き出し、速攻で買いに走る。Simpsonの採用する元の布地は難燃性のノーメックスだが生地屋にソンなモノが売ってるはずもなく、ヘルメット内装に良いと思われる肌触りの良い伸縮性の有る生地と、普通(?)の薄い生地の2種を購入。双方50cmづつ購入して凡そ¥800也。先ずはスポンジ部に薄い生地を貼り付ける。残っているベトベト対策でスポンジ部は2重構造とする事にした。頬の当たる部分に接着剤は使用せず、縁の部分最小限に接着剤を付けて覆ってしまうのだ。貼り付ける接着剤は、GPクリアーとSUを使い分けるのだ。薄い生地を貼り付け終わった所で良く乾燥させ、いよいよと肌触りの良い生地を全体に貼り付けていく。

R7 R8

いきなり全体に張らず、部分x2で貼り付けて行くのだ。シワにならないよう生地を少し伸ばしつつ、貼り付けたらまち針で動かないように固定して、乾燥までジッと我慢。コレを何回か繰り返し、ようやく全体への貼り付けが完了した(嬉)。ん~~、素人が初めてやった割には上手く行ったんで内科医?? 細かい所に粗はあるが概ね綺麗に出来たと思う。RX復活はほぼ確定したのであるワーイヽ(゚∀゚)メ(゚∀゚)メ(゚∀゚)ノワーイ 

シェルへの組み込みは焦らずに行うのだ。ただココまでやると、ストラップやら何やらも交換したくなる.....。ソレらも年季が入ってボロくなってるからね......。ストラップ何処か作ってくれる所ないかなぁ?......。 ま、取り敢えずコンな感じで仕上がって一安心。しかし次にダメになった時は......もうリペア出来ない気がする......。絶版モデルの取り扱いは慎重にしないとイカンのね。でも常用を考えるとあまり気を遣うのも嫌だなぁ......。

2014年8月 7日 (木)

寿命かのぅ.....

暑い。とにかく暑い(爆)。連日の酷暑日で昼も夜もエアコン三昧な管理人。来月の電気代請求額が恐ろしい今日この頃.....。

自身のVmaxが調子よく(今の所....)走るので、先週末も会社の後輩と朝早くから半日ほど走り回ってきたのだ。県内を南下しグルグルと走り回り朝霧の道の駅で一休みしている時にその異変は起きたのだ(怖笑)。ヘルメット(SimpsonのSpeedwayRX)を脱ぎ、暑いなぁ....とタオルで汗を拭うとやけに顔がベトベトするのである....特に頬廻りが......。汗や汚れにしちゃベトベト過ぎ。取り敢えず顔を洗うが、このベトベトが落ちないのである(汗)。トイレ備え付けの洗剤(あの薄緑のヤツ)で洗っても少し残る感じ。何だか原因が分からぬまま取り敢えずそのまま休憩し、再出発時にヘルメットをチェックすると原因判明。ヘルメット内部のチークパッド部がベトベトなのだ。何だかゴム系の接着剤でも付着したような感じ。その場で何とかする事も出来ずに、そのまま被って帰宅。8年も被ってるモノなので、経年の汚れが堆積したか?因みにファブリーズ処理(?)は都度しているが、内装が取れるモデルではないので丸洗いは一度もした事がないのである。いよいよ丸洗い慣行か....。Simpsonの中で一番気に入ってるモデルなのでマダマダ使用したいのだ。

Sim1 Sim2

写真では分かりにくいが、ソッと触るだけでもベトベト.......。この部分だけを洗う事は出来ないので、日曜に丸洗してガレージ内で日陰干し。ほぼ乾いたであろう月曜の夜にチェックすると.......ベトベトが落ちてない....(泣)。何だか余計に酷くなったような気もするが.....。このまま被るわけにも行かないが、原因もワカランのです。原因を究明するために致し方なくチークパッドの下部を切開してみた。

Sim3

すると中から接着剤の溶けたような粘着物がイッパイ出てきた(爆)。なんだコリャ?状態だったが、このヘルメット、部分的にパッド部の布地とスポンジが接着剤で貼り付けてある。ソレが経年劣化で溶け出して、布の目地から染み出てきた.......と言う結論に至ったのだ。流石に8年使用していると致し方ないのかのぅ.....。Simpson本国仕様はRXの他、SuperBandit(サブ)も所有しているが、他のヘルメットに乗り替える気もないのでネットでヘルメットリペア屋を探してお見積もりなのだ。だがしかし!......このモデルは当店でリペア出来ません........の回答(つд⊂)エーン。

さてさて、どうしたモンか......。このヘルメットリペアしたい......。管理人随一のお気に入りなので何とかしたいモンだが.....。誰か直せるお店知りませんか????? 現在絶賛お悩み中である。

マジで何とかしたい......。

« 2014年7月 | トップページ | 2014年9月 »