2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

広告

« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »

2014年6月28日 (土)

削りまくって装着したが.....

ワクワクしながら始めたステダン取付だが、途中からドキドキしたりで中々楽しい......と思う.....(爆)。取り敢えずステーが付いた事を確認したので、肝心な本体を即発注。月曜に発注し木曜には到着。色は他の色にするのは何だか変な感じだし、黒だと映えないのでシルバーに決定なのだ。

で、早速ステーにセットしてみると予想通り色々と当たりまくり......。まぁステダン本体の分の切削は覚悟していたので、またまたマーキングの後に削りまくる。散々削って無事にタンクカバーに当たらずに取付が出来た。(ただココまでの写真は撮ってなかった....) なのでステムナット部に着けるリンクも取り付けて確認するのだyo。

が、しか~し......ステダン本体は何処にも当たらない物の、ステムナット部に着けたリンクとダンパーのロッドエンドが当たってしまう.....。コリャまた切削なのね.....(汗)。

Sdt1 Sdt2

リンクとロッドエンドの通り道(?)を見極めマーキング。削り粉まみれになりながらガンガン削るのだ。何回かのチェックを挟みつつ、双方が当たらない様にしたところでハイ完成!と行きたいところだが、当たる場所を避けるように削ったために細く残った部分があったりで今一格好悪い。んじゃソコも削り落としてしまへ~.........って事で更に切削。結果......かなりポッカリと前側が空きました.......。

Sdt3

コンな感じに仕上がりました(汗)。ウゥ~....やたらと削った感が否めませんが......。ただ実際にステダン共々装着すると、意外にポッカリ穴は見えなくて良い感じなのだね。フレームに近い部分は何かしら目隠し的な物を考えるとて、ソコ以外はこのままで大丈夫そうなのだ。

Sdt4 Sdt5

前輪上げて、ハンドル左右に切っても当たらない事を確認。オッシャー!ミッションコンプリートか?と思われたが人生そう上手くはイカンのです....。ハンドル左イッパイに切ってもOKだが、問題は右イッパイへ切った時なのだ......。

Sdt6 Sdt7

問題は2カ所有り、まず一つ目はニョキッと出たステダンステーにハンドルクランプ部のハーネスが挟まってしまう。ハーネスを持ち上げれば大丈夫なのだが、根本的解決にはハーネスの取り回しを変える必要が有る。んで最大の問題点は二つ目.....。ナ、ナ何と、ダンパー本体の右端がトップブリッジより突き出したFフォークに当たるのだ.......。( ´゚д゚`)アチャー 突き出しを戻せば.....とも思ったが、戻したところで今度はイニシャルアジャスターに当たるの位置関係......。そもそも突き出しを戻すと、管理人的黄金比率(1G時の前後バランス)が崩れてしまうから突き出し戻したくないし(爆)。と言う事で、どうやらハンドルストッパーが必要な模様.....(涙)。まぁそうは言ってもハンドルストッパーさえ有れば、正常運転(?)出来るのだからその辺は良しとしよう。適当な物を物色するかのぅ....。

一先ずステダン取付は9割方完成と相成ったので、コレ以外の作業を進めるために、今回取り付けた物は一端全部取り外しとなる。もう少しアレやコレを直すと完成となるが......。まだ梅雨は明けそうにないので、一つ一つ事を進めるのだ。梅雨明け早々からは乗り回したいモンである(不安)。

2014年6月22日 (日)

ステダン取付考察....

暑かったり涼しかったり日々の気温変化が激しいが、体調は至って快調な管理人。先週末は梅キャン(梅ヶ島キャンプ)に一家で参加したりと家族サービスにもぬかりなく、文句を言わせない雰囲気を作って自身のVmax作業に勤しむのだ(笑)

んで、今回作業に励むのは以前より取付を考えていたステダン。取付を考えていたと言っても、ハンドルが振られるから.....とか、直進安定性が......とかを考えていたわけではなく、OVER製のタンクカバーとの相性(?)で悩んでいたのだ。何故かと言うと、ステダンも各社有れど、車体側面にニョキッと生えている(?)タイプは好みではなく、ハンドルとタンクカバーの間に収まるのがスタイリッシュで良い感じなのでソレに決定。そのタイプで発売されているのは、管理人が知る限りハイパープロとマトリスのみ。入手性やアフター等を考慮するとハイパープロとなる訳だが、某OFF会で見たハイパープロはノーマルのサブメーターにギリギリの所で取り付いている。明らかに前方への膨らみが大きいOVER製のタンクカバーにはそのままでは取付が出来なさそう.......と、コンな事を考えていたのだ。そうは言っても想像だけでは何も進展しないので、思い切ってステーのみ入手して考える事とした。ステダン本体は取付目処が付いた時に購入すれば、最悪の場合の被害金額(?)が少なくて済む算段だ(爆)。 で、ステー入手して仮合わせしてみると、薄々予想はしていたが完全に取り付かない(涙)。

Sd1 Sd2

ステダンを取り付ける部分どころか、リンク機構(?)も思いっきり当たるし、フレーム側の一部も当たる......。チョット強引に何とかすれば取り付くレベルでなく完全にダメなのだ。それじゃタンクカバー付けなきゃ良いか!って、んなバカな事はしないのだ(笑)。ムーン.....と考えた挙げ句、決断したのはタンクカバーの切除。1品物や絶版品ならコンな考えにはならなかっただろうが、幸いにしてこのタンクカバーは現役品。最悪、本当に最悪な場合は再度購入すれば元には戻る.......。と自分を言い聞かせて、早速どこを切除すればいいのかマーキング。色々と考えると迷いが出るので、即リューターで一太刀入れるのだ。

Sd3 Sd4

残す側に刃が滑らないように慎重に削る。粗方落としたところで仮フィット。当たる部分を確認してまた削る.....。を繰り返して.....、途中思いの外削る感じに不安になりながらも、ココまで削ると現状のステー類には当たらなく取り付けする事が出来たのだ。何だか随分削ったなぁ.....。

Sd5

この状態だと恐らくステダン本体を取付けた時に、ステダン本体がタンクカバーに当たると思われるので、更なる切削が必要と思われる。が、ソレらは本体を購入後に確認しながら削る事とするのだ。今予想で削るのは大変に危険なので(汗).......。ゴリゴリ削った部分は車両に取り付けてしまえば現状でもさほど目立たないが、最終的には端面処理を綺麗にして、ポッカリ空いてしまった部分は何かしら処理をしようと思う。それ以外にも考える所もあるので、取付完了はもう少し先になりそうだが......。おっと、ココ以外にも直さなきゃならん箇所もあった.....。何か最近自分のは直してばかりだな......。梅雨が明けるまでには問題箇所はクリアしたいモンなのだが.......。

2014年6月 1日 (日)

もう真夏け?....

ここの所ステップ関連で手間取っていて、チョット抱えた不具合箇所の修正が出来ていない.....。週末に手を付けるかな?何て思っていたが、子供が所属するバレーボールチームが先週の大会1日目を勝ち上がってしまい(?)(勝ったから嬉しいんだけどね)週末作業が厳しいと思えたが....。今週末の大会2日目は管理人の地元の体育館での開催だったので、遠征ではなく徒歩で試合観戦。その体育館、家のすぐ裏だし(笑)。試合は残念ながら初戦敗退で午前中で終了.....。何か良くワカランが3位になったらしい。子供と嫁さんは終日体育館なので、管理人は午後からはフリーなのだね。さぁ作業と思ったらアチーの何のって......。未だ6月1日なのに気温35度超え(爆)。ガレージに居られるわけもなく作業諦め。フリーな時間を何もしないってのも勿体ないので、Mamax洗車してチョコッとブラブラ散歩してきたのだ。

Bts1

ササッと洗車してホイルの感触も確かめつつ1人で散歩へと行くわけですが.......。ココでこの写真で何か気が付いた人はMamaxマニア(?)認定です(嘘)。そう、タンデムステッププレートを管理人が使用していたBEET製のバックステップから移植したのでした。元々BEET製は管理人のVmaxに付け戻す予定だったのでこんな計画は無かったが、ヤッパコレ付けたら格好良いんジャネ?...って事で平日の夜間作業で取付済み。管理人のは...........後に考える(爆)。

Bts2 Bts3

シフト側はリアエンジンマウント(だっけ?)と一体感がありカスタムな雰囲気。ブレーキ側は.......言えば分かる位の雰囲気ヽ(°▽、°)ノエヘヘヘヘ まぁ何となく管理人好みになったのだ。

Bts4

イザ乗り出すともう真夏並みに暑い.....。R20辺りを走っても暑いだけなので、涼を求めて山側へ足を向ける。やはり山側は幾分涼しいのだね。日陰に入るとヒヤッと冷気が気持ちいい。所々で休憩入れながらマターリと走る。ホイル入れ替え後にユックリと乗るのは初めてなのだが、やはり以前よりも車体が軽く感じるし、切り返しも軽快感がある。ただ車高が低くなっているから、タイヤはアマリング状態(端まで使ってない)にも関わらず、センスタをガリガリ擦ってしまうのだね。センスタストッパを切り詰めるとするか....。自身のホイルが変わった車両にズーッと乗っていた事もあり、ホイルのこれ以上のインプレは無し(爆)。ホイル交換はスタイルの好みが分かれるところだが、管理人はコッチのスタイルが好きなのデス。 その後チョコッと高速使ってキッチリ上まで回したところで、用品店に寄って細かい物を購入して帰宅。帰宅後も暑いのは相変わらずだったので、今年初めてのエアコン始動で家でマッタリでした。何だかんだやっている内に、良い季節はとっくに過ぎた実感をした散歩でした(笑)。

それと余談ですが、一番下の画像のMamaxの奥に写っている鳥居のような物。ココ以外にも希にコレと同様な物が有る場所も有り、前までは何か有る(有った)のかと思い、呪われないようにと(笑)心の中で手を合わせていた管理人でしたが、ゴミ等の投棄を防止する意味での物だという事を最近知った管理人でした......。なんだかホッとしました(爆)。

« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »