2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

広告

« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »

2014年5月26日 (月)

バックステップ取り付けたが....

見た目が綺麗に仕上がり、単体で仮組したったESPER製バックステップ。数点カラー類を発注しており、全部が揃わなかったが我慢出来ず(爆)週末に取り付けてみた。しかし思っていた部分の他にも調整が必要だったりで、パーツ量販店へ走ったりと割とバタバタと....。揃っていないカラーの部分は、あり合わせのカラーを重ねて寸法を出して取り付けたが、走行する分には全く問題なく取付完了なのだ。

Bt3 Bt5

また一部純正部品を使うのだが、BEET製に変えた時に外したノーマル部品が有る訳もなく(汗)、慌てて通販(爆)。一部メーカー欠品の物もあったが、どうにか探し出して調達。
シフト側の交換はナンの苦労もなく終了。今までのBEETと交換のみで、ペダル位置以外の細かな調整等は何もない。シフト側を交換した時点で跨がってBEET製の位置と比べてみた。画像でも分かる通りESPER製の方が後ろ寄り。高さも若干高くなっており、BEET製と比べると明らかに膝の曲げ角がキツクなり、より戦闘的(?)なポジション。ただ元のBEET製も105mmのバックなので、BEET製が苦にならない人はESPER製も大丈夫な感じだし、実際管理人はこの位だったら平気だった。

Bt1 Bt2 Bt4

ブレーキ側は多少の調整が必要だが、さして難しい作業ではない。カムホルダー(?)(L字の部品)等を付けてマスターの位置を合わせ、プレート付けて完了。が、ココで問題発生.....。ブレーキ側のペダルをBEET製のペダルと凡そ同じ位置まで上げようとすると、途中からクラッチカバーに当たってしまうのだ....(泣)。管理人の取付が何か間違っているのか?と悩む....(´ε`;)ウーン… 考えても埒があかないのでmixiで呟いて助け待ち(笑)。すると複数の方が写真付きで回答くださった(嬉)。回答くださった方、有り難う御座いましたd(゚Д゚ )☆スペシャルサンクス☆( ゚Д゚)b

当たらないようにS字に曲げている方、ペダル部に5mm程のスペーサーを入れて外側へオフセットさせている方も居たのだが、基本このままで正解らしい。当たらないギリギリの位置で固定して跨がってみると、もう少し上側が好みの物の、この位置でもブレーキ踏めるし実走行において問題は無さそうである。もう少し上にしたい場合は管理人も5mmのスペーサーを入れようと思っていたが、ソレは後々考える事とするのだ。

んで、組み終わった日曜の少しの時間と月曜の午後(コレ以外の所用が有って会社半日休暇`;:゙;`;・(゚ε゚ )ブッ!!)に試乗してみた。跨がっている時から薄々は分かっていたのだが、ふくらはぎにサイドカバーがモロに当たる.....。今までのBEET製は普通に乗っている分には当たらず、つま先乗り(?)をすると当たる程度で、実害は殆ど無かった。しかし今回ばかりは常時当たるようになってしまい、ソレが気になって足の動きが制限されてしまうのだyo。まぁコレは管理人が装着しているサイドカバーが、もの凄くボリュームの有るサイドカバーなのでこうなってしまうが、普通のサイドカバー(?)であれば大丈夫である。バックステップの使用感としては、ペダル類の動きが非常に滑らかかつ剛性感有る物で、BEET製のメンテ不足かは分からないが(爆)ペダル操作が軽くなった。ポジションも意外にシックリきて、あまり疲れなさそうで(あくまで試乗のみだが...)良い感じである。ただ.....ただ....サイドカバーが足に当たってしまうのであ~る.....(泣)。このままの状態で、当たるのを我慢してか.....無理な姿勢で乗るのは考えられない。バックステップを採るか.....サイドカバーを採るか......ムーンと一頻りパズドラやりながら考えた(爆)。考えた末...........元に戻そうと......(つд⊂)エーン。管理人の目指す姿のVmaxからこのサイドカバー無しは考えられないのだ。ESPER製を外してしまう事で、後に計画していたバックステップスタビライザー装着計画も練り直しになってしまうが、今は仕方なかろう......と言う事で少々もったいないが、ESPER製バックステップは取り外す(BEET製に戻す)事を決めたのだった.....。コレに掛けた金額は勉強代だと思い、今後の色んな計画時にはこんな事例も想像しておく必要が有ると思っておかねばね。正直、足が当たるかも?何てことは全く考えてなかったからねぇ...。本当に残念だがヤフオクにでも出すか.....(泣)。何方か......欲しい方.....居ますか?......(´;ω;`)ウッ…(´;ω;`)ウッ… あ、因みにブレーキペダルの位置はこの位置で踏み込んでも下がりすぎずに丁度良い位でした。

2014年5月17日 (土)

バックステップも綺麗に.....

Mamaxのホイルが一段落したのと、先週の北関東OFF会参加で気分の良い(笑)管理人。また何処かツーリング行きたいゾと。

Mamaxホイルと同時進行していたバックステップだが、コッチも綺麗に色々とやっていた物が戻ってきたのだ。ウェットブラストはホイル塗装と同時に山崎工業さんに施工してもらい、その後別の所にお願いしていたアルマイト加工が終わってようやく戻ってきた。ウエットブラストのみでもツルピカに仕上がったが、アルミ素地は腐食が早いので、アルミの質感を残すようにシルバーアルマイトとした。

Eb1

コレに調達しておいたニードルベアリングを圧入。ホイルの時も書いたが当然プレス機は無いので、バーナーで暖めた後にニードルベアリングをググッと押し込んでから、当て木をしてプラハンで叩いて入れた。万力でもあれば楽なんだろうね。万力は購入しようかとズーッと思っていたが、中々機会もなかったので購入してなかった.....。因みに叩いてる途中に中のローラーが飛び出して外れてしまい焦ったが、丁寧に再度組み込んで事無きを得た。

Eb2

ココまでの作業で一端終わろうかと思ったが、仮組みしてみたくなったので片方だけやってみた。同じく購入しておいた内輪を使い、プレートにペダルとステップとを組み込んでみるが、内輪の幅が少し広いので隙間が出来てしまう。このままの状態だと隙間分ペダルがガタガタなのだが....。

Eb3 Eb4

ソンな事もあろうかと、北関東OFF会に行った時にESPERのバックステップを使用している車両をよ~く見ておいたのだ(笑)。ワッシャー(シム)若しくはOリングが入っているようなので、後ほどコレらを購入し色々と試してみようと思う。摺動部なのでOリングが妥当なのだね。ステップ等の取付ボルトはあえてプレートより飛び出させて、脱落防止の意味でセルフロックナットで止めた。

Eb5 Eb6

んで、ステップ端とペダル部のゴム端(?)には少しでもオリジナリティを出そうと、こんな色物(笑)を付けてみた(爆)。ん~中々良いんでないかい! ココまでくれば車両に直ぐ取り付け出来そうだが.......。まぁ、焦らずにジックリやるのだよ。カラー類も調達せねばならんし.....。しかしココまで組み上げた段階でも、ペダル部の動きのスムースさが良く分かる。流石ニードルベアリングを使用しているだけの事はある。

最近Mamaxに掛かりきりだったが、管理人Vmaxも久々に一歩前進.....ってまだ取り付けていないが....(爆)。あ~......ジックリなんて先に書いたがヤッパ早いとこ取り付けたいのだ(笑)。

2014年5月12日 (月)

北関東OFF会行ってきた.....

GWには色々と作業ばかりでユックリと乗っている暇もなかった....。GW明けた週も休みボケが続き、ボケたまま週末に突入なのだ(笑)。そんな週末、mixiで告知されていた「V-MAX北関東オフ会 in スナップオンツールショー」へ行ってきたのだ。色々と用事も立て込んでおり当初参加が厳しかったが、嫁さん子供はバレー練習試合で夕方まで居ないのとの事。ただその後の用事のためにpm6:00迄には戻ってくるように.....との事なのだ。ソレだったら余裕だね....なので参加確定。冬眠前にある程度メンテはしてあるので、状態確認したのみで前日に管理人VmaxのE/gを今シーズン初めて(爆)掛けてみる。バッテリー充電完了後セルを回すが.....掛かりません(泣)。初爆すら無い.....。チョーク(スターター)引いても駄目...。あれこれやってるとマフラーからアフターファイヤーしまくり......。パンパンうるさいし、マフラーエンドから一瞬火も見えるし(笑)。これ以上は危険と近所迷惑(夜だったから)と判断しプラグを外して見てみると、見事にビショビショ....。冬眠前にキャブから燃料は抜いておいたのでオーバーフローは考えられない。ま、そもそも落下式ではないし....。考えられるのはガレージで子供がVmaxに跨がって遊んでいた時にアクセル回して、加速ポンプから燃料吹いた.....位か.....まぁ正確にはワカランが.....。その後プラグを清掃して再度取付して無事にE/g始動(嬉)。 マフラーにバッフル付けて静かに(?)E/gを完全に暖めてからオイル交換も済ます。コレで準備万端なのだ。

OFF会当日、早起きして洗車を済ませ、中央高速~圏央道~関越~北関東自動車道で伊勢崎ICを目指す。休憩もソコソコに途中1度の給油で現地を目指す。北関東自動車道に入ったところで安心したのか、ボーッとしてしまい伊勢崎ICを通り過ぎてしまう(爆)。この時点では通り過ぎた事に気がつかず(再爆)、アレー??と思っている内に栃木に入ってしまい足利ICで折り返す(笑)。トンデモナイ所まで行ってしまったが、何とか伊勢崎ICまで舞い戻り、AM11:00位に現地到着となった。

Ko1 Ko2 Ko3

TTMAXさんはじめPURPLEさん他お久しぶりな方々とご対面。お初の方とも色々とお話しさせて頂きました。ソンなんで皆さんのVmaxを観察。するとPURPLEさんとkazu!さんから管理人のVmaxのキャブがインシュレータから浮いているとの指摘が(汗)。kazu!さんに工具まで貸してもらいその場で押し込んで応急処置。キチンと直さなくては.....。ご指摘有り難う御座いました。

Ko5_2 Ko6_2 Ko7
Ko8_2 Ko9_2 Ko10_2
Ko11 Ko12 Ko13

そしてVmaxのOFF会だけどスナップオンのツールショーで行われてるので、当然ツールショーも見てきました。外にはブガッティ・ヴェイロンが有ったり、中にはGT-RのGTカーが有ったりと気合いが入ったショーとなってました。因みに管理人はスナップオンの工具類は何一つ持ってません(持てません)(爆)。

Ko14 Ko15 Ko17
Ko18 Ko19 Ko20

キャビネット類も色々あったり、ハンドツール類も色々と販売されています。ショー価格なので随分とお得な値段なのだそうですが、そうは言ってもスナップオン!中々良いお値段です....。ショー会場内では様々なデモが行われており、管理人も見入ってしまいました。全自動のタイヤチェンジャーは正直スゲェーと思ったし、プレス機や溶接機等が欲しくなったのはナイショの話。宝くじでも当たらんかなぁ....と思いつつ見てました(笑)。

Ko22 Ko23 Ko24_2

そしてOFF会の最後にじゃんけん大会が行われました。OFF会主催者であるSABERマスターさんから様々なスナップオン景品が提供され、サブ主催者のTTMAXさんとジャンケンです。かなりの数の景品で、チャンスは多かったのに全然勝てない管理人....。しかしトリで出てきたスナップオン時計の時に偶然にも勝ち上がって最後の5人まで残りました。この時点で他4名の方は既に少なからず商品get済みだった事と主催者さん側の計らいで、本日誕生日の管理人がナンと!そのまま時計を頂いてしまいました(嬉)。

Ko25 1369445849_150

主催者さん、またジャンケンを辞退して頂いた方々、本当に有り難う御座いました。誕生日の良い思い出になりました。ただ物が大きいだけにどうやって持って帰ろうかと(汗)。主催者のSABERマスターさんに相談し、発送して頂く事となりました。届くのが楽しみなのだよ(ΦωΦ)フフフ…

その後夕方からの用事もあったので、pm2:00過ぎに会場を後にしました。久々に自分のVmaxで中距離ツーリング、お久な方ともお会い出来、最後に景品を頂き無事に帰宅。
夜には心地良い疲れでビールも美味かったし、仲間に感謝、家族に感謝です!ココ数年で最も充実した日を送れた誕生日でした。゚・*:.。..。.:*・゜ヽ( ´∀`)人(´∀` )ノ・゜゚・*:.。..。.:*

2014年5月 6日 (火)

Mamaxホイル換装.....

6日間のGW(管理人は)も最終日....。何時もながら休日はアッと言う間に過ぎてしまうのだね。年を取るごとに時間の流れが速く感じるが、仕事時間は早く過ぎて休日はユックリと......ッてなうまい具合に行けばいいのだが、ソンな訳には行かないのが世の常(笑)。

そんなGWに連日作業にてMamaxのホイル換装を完了させたった。当初予定していた作業完了日が遅れてしまったが、何とかGWに完成させた。前々記事にもホイルの件はチョコッと書いてあるが、入手したのは絶版のPVM製のホイルなのだ。ヤフオク落札で塗装がエライ事になってたので、パウダーコート(粉体塗装)に出した。山梨でのパウダーコートは情報が無く、色々と当たるのも面倒だった(爆)ので、google検索でヒョヒョイと塗装屋さんを探す。ソンな中から見つけ出したのが、今回塗装してもらった静岡の山崎工業さん。メールで丁寧に御教示頂きながら塗装色を決定。ミラーシルバーの2コート(クリア)に決定なのだ。本当はGW前に一端出来上がってきたが、チョットしたトラブルでクリア層の修正となってしまったが、素早い対応で直ぐに戻ってきた。

Mh1 Mh2

出来上がってきた物はツルテカのピカピカ!(当たり前か....) 新品と見紛う程のクオリティーに管理人もニンマリ(嬉)。イヤーさすがプロなのだね。そしてこのホイル、ヤフオクの出品説明では「JWL刻印無いので、車検時注意ください」って謳ってたが、再塗装後のホイルを見るとJWL刻印が出てきたではないか!! 元々の塗装が厚くて埋もれてたんだと思う。塗装屋さんに送る前に光にかざすと極薄く見えた気がしたので期待していたが、前後ともJWL刻印が出てきたのはラッキーである。コレで車検も堂々と受けられるしね。

Mh3 Mh5

そして予め調達しておいたベアリングを圧入するのだが、油圧プレスとかは持ってないのでコレが一筋縄ではイカンのだ。夜な夜な作業で途中挫折しかけたが、簡易プレス機を作成(笑)。と言っても両切りのボルトで締め上げるだけ(爆)。8割程度入れた所で、ディスタンスカラーとのクリアランスを確認しながら、元の抜いたベアリングを当て木(?)にインナーレースに衝撃を加えない様、慎重にコンコンと叩いて入れるのだ。この時のクリアランスとしては、左右どちらかのインナーレースを手で回した時に、カラーを介して反対側のベアリングのインナーレースも回る位(少し固い位)にしておくのだね。回りが固い(渋い)とまずいと思うかもしれないが、ホイルを車体に取り付けた時にはインナーレースは両側から締め上げられるので、締め上げた時点でベアリング内の玉が両レースに揃うようにするとベアリングがより長持ちと言う訳なのだ。因みにベアリングは機械屋(機構屋)が断然安いが、内部クリアランスはC3を指定する。標準はCNなので内部クリアランスが狭い物になってしまうので注意なのだ。

何とかベアリングとシール類の圧入を終え、次にノーマルホイルよりローターを移植する。が.....リアホイルで2本ナメてしまった....(泣)。

Mh6 Mh4

ナメたボルトはドリルで穴を開けエキストラクターで無事救出。エアバルブはゲイル(アクティブ)からアルミ製の横向きの物が出てるので、それを取り付ける。標準の真っ直ぐな物はエアチェックがやり難いから、コリャ便利アイテムなのだね。次の日にタイヤを某用品店で購入。ダンロップのROADSMARTⅡをGW特価で購入しようと思ったが、残念ながら売り切れだったので管理人と同じBT023を購入して、いよいよ車体へ取付なのだ。

Mh7 Mh12

っとその前に、ホイル取付と共にフォークガードを取り付けるためにスタビの切削作業をしてもらった。mixiのマイミクであるマサさんに色々と無理をお願いし加工して頂いた。マサさん有り難う御座いました(TдT)アリガトウ。 フォークガードのステーはスタビに合わせシルバーに塗装。この位の塗装は管理人でも......出来る......(爆)。 スタビ、フォークガード、フェンダーダウンカラー等々を取付てからホイルも取り付けてハイ完成 ワーイヽ(゚∀゚)メ(゚∀゚)メ(゚∀゚)ノワーイ

Mh8_2 Mh10_2
Mh9_2 Mh11

中々良い色バランスだな....と自画自賛(笑)。良い感じに仕上がったと管理人満足。車高が下がって足付きが良くなったと嫁さん満足(笑)。試乗した感想等は後日記事にスルです。連休明けからまた仕事頑張らなくては....。休みボケが3日続いたら土曜なんで、来週までボケてる予感が.....(ΦωΦ)フフフ…

« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »