2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

広告

« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »

2012年12月31日 (月)

今年も有り難うございました......

え~、あと数時間で今年も終わろうとしております。今年は後半に色々と大変な事もありましたが、嫁さんは快方に向かっております。クリスマス・(年が明けた)正月と一家揃う事が無いのは残念ですが、職場の仲間、バイク仲間、幼馴染、近所の方等々、色々な方から励ましの言葉を頂き本当に感謝しております。本当なら今年中に終わらせたかった案件(主にMamax)も来年に伸びてしまい、コレに関してご迷惑掛けた方も居て申し訳なかったのですが、まぁ楽しみが先伸びになったと思えばまた良いモンです。来年は楽しく忙しい年になってもらいたいですね。

では皆様、

今年一年本当に有り難うございました。
良い年をお迎えください!

2012年12月23日 (日)

近況報告......

ん~、前回の更新より1ヶ月以上が経過してしまった......。毎度この時期は仕事で忙しく、blog更新も滞りがちなのは平常運転なのだが......。今年の冬は何時もとチト事情が違うのだ。色々と大変な状況が続くが、備忘録的に書き留めておくのだ。これを書けるって事は管理人は大丈夫なのだが。

色々と忙しい仕事もあと一息って所で、夫婦揃って風邪を引いてしまい1週間ほど寝込んでしまった。熱は38度台でダルいし関節は痛いしで、まぁ何時もの風邪だと思っていた。3日目位に医者に行き各種検査を実施するも、インフルエンザやマイコプラズマ肺炎等の菌は一切検出されず。原因不明のまま点滴を打ってもらい帰宅。2日程経過の後、管理人は一応回復傾向で何とか仕事復帰。嫁さんは依然高熱が続き、その間も医者通い。更に2日後位にいよいよオカシイゾ??と言う事でセカンドオピニオンよろしく違う医者へ連れて行った。最初の医者同様の検査をするも、やはり菌の類は一切検出せず。肺のレントゲンに白い影があり、僅かながら肺炎をおこしているので、甲府市内の病院を紹介されその日の内に検査。すると嫁さんそのまま即入院。病院の待合室で待機していた管理人もまたダルくなり、看護師さんに体温計を借りて測るとまたまた38度台.......。管理人もそのまま診察してもらい、夫婦揃って点滴コース。管理人の肺は大丈夫だったので、薬を処方されて帰宅。薬を飲んで寝ていたらまたまた回復傾向。一応1日安静にして、明けた平日に嫁さんの正式入院手続きを済ませる。嫁さんの肺は日に日に悪化していき、入院から3日立ったレントゲン写真では既に真っ白け。呼吸も苦しいので鼻からの酸素吸入開始。相変わらず熱は高いままで、時に40度台を記録するようになってしまった。抗生物質等の投与を受けるが一向に回復せず、体内酸素濃度は更に低くなりマスク式の酸素吸入へ変更。数種の抗生物質を試すが何れも有効な効果は見られず......。チト強めの解熱剤を処方され、それを飲むと一旦は熱が下がる物の(と言っても平熱に比べれば高い数値)、半日経てばまた熱が上昇してしまう。有効な手立てがないまま今度はステロイド系の投与に変更。その間、食べ物は一切口にする事なく、栄養は点滴のみという状態なのだ。仕事帰りに毎日病院へ向かうが、事態は一向に好転しない。そんな2日前、仕事中に電話があり、遂に自発呼吸もままならなくなり集中治療室へ運ばれ加圧式の酸素吸入になってしまった(泣).........。主治医とも色々と話し、腕や足に点滴が打てなくなったので首の静脈からの点滴に切り替え。このままさらに呼吸が苦しくなる様なら、気管へ管を通し人工呼吸器を使用するとの事。全ての説明を受け、全ての処置許諾書(?)にサインをしてきた。そんな中の本日、薬が効いたかどうかは定かではないが、割と熱も下がり意識がハッキリしてきた。このまま回復に向かって欲しいのだが....。今はただ医者を信じて容態を見守るしかない。

兎も角現状で判っている病名(?)は細菌性肺炎って事だけ。恐らく管理人も同じ菌に侵されたに違いないと思うが、感染原因、経路が不明なのだ。風邪をこじらせて肺炎で入院ってのを何度か聞いたことがあるが、正にこれがそうなんだなと実感。たかが風邪と侮ってはイカンのだね。最後に..........こんな暗い記事を掲載してスマンです。自分で現状を活字にして再認識してます。( TДT)ゴメンヨー

« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »