2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

広告

« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »

2009年9月28日 (月)

【全国OFFへ其の四】いよいよ鳥取へ......

朝気持ちよく目が覚めるも、前日夜の財布の中身計算では所持金が心許ないのだ。ガソリン代、途中飲食代、お土産代等々、計算すると一応大丈夫そうなのだが、帰りのガソリン代が少々心配だ。心配しながらの旅もイヤなので、無い知恵を振り絞る。サラ金を探すか!?.....イヤイヤソンナ.......。嫁さんに振り込んでもらうか?....本日は日曜日だ......。リアルタイムに反映しない......。そこでハッっと閃いた!JNBならリアルタイムに反映されるな!!っと。早速JNB口座持ちの友人数人に「誰か振り込んでオクレ....」とメールをする。すると直ぐにTELが掛かってきた。友人M君が入金してくれるとの事。助かった~(v^ー゜)ヤッタネ!!  その後変人...イヤ友人HさんからもTELがあり、改めて友人の大切さを思い知る.....(´Д⊂アリガトゥ....。程なくして入金メールが届き、これでお金の心配は無くなったのだ。早々とホテルをチェックアウトし、中国道「滝野社IC」を目指す。途中振り込まれたお金を降ろそうとも思ったが、今日の所の手持ちは十分有るので、帰りに何処かで降ろそうと思いそのまま中国道から一路米子を目指して爆進開始なのだ。渋滞もなく良いペースで快調に走る。途中休憩&給油で立ち寄った「勝央SA」でやっと新旧Vmaxを見かける。なんとここまでVmaxには一度も遭遇していなかったのだ。軽い挨拶を済ませしばしの休憩。先に一団がSAを出発し、管理人も給油を済ませ出発。米子道に入ると案の定渋滞に.....。スリ抜けx2で進んでいくと、先程のVmax集団に合流。そこからは「蒜山高原SA」までズーッとご一緒させて貰った。SAに到着すると、何台ものVmax乗りが休憩しており、駐輪所は軒並みVmaxばかりに(笑)。そんな中に松さんを発見。一年ぶりの再会なのだ。聞く所に寄ると昨日の午後に埼玉を出発し、途中のSAでテントを張って寝たとのこと。ん~強者だ(笑)。

1 2
3 4

一通りの休憩後出発するのだが、先程管理人が合流した関西軍団は走り足りないので、途中ICで降りて峠道を進むとの事。管理人はそんな気力もなく、松さんと行動を共にする事にし、米子道~山陰道最終に有る「道の駅 大山恵みの里」を目指す。到着後、2人共腹が減ったので取り敢えず遅めの昼食を取る事にした。食堂(?)に入ると米の炊き上がりまで30分......。マアイイヤと注文を済ませ、その間に色々と見て回ったのだが、外で鳥取名産の梨と桃や梨の漬け物が売っていたので試食しまくる。20世紀梨とあきづき梨を試食し、あきづきの方が美味かったので、即購入し家への配送手続きを取る。次に漬け物類だが、桃の漬け物は意外に美味い!フルーティーなのだ。梨の漬け物は.....微妙......。購入は見合わせた(爆)。その間に注文してあった「大山風唐揚げどんぶり」が出来上がったので、スッカリ空になった胃に詰め込む。

5 55
6 7

松さん共々空腹を満たした後、さてさて会場はドコダ??...と道の駅にあるマップ看板を眺める.......が、全くワカランデス!借り物のツーリングマップルを広げようかな?と考えていた時に、梨売りのオジさんが声を掛けてきた。目的地を聞かれたので、看板を指さしながら「山香荘」までの道を聞くが、国道9号等の広い道の説明は判るのだが、細かい道になるとオジさんの説明が解らない.....(笑)。コリャ困ったなぁ....と思っていると、爆音を轟かせながらカチ上げマフラーのVmaxが道の駅に入ってきたのだ。
(其の五へ続く....)(長くなってスマソ....)

2009年9月26日 (土)

【全国OFFへ其の参】東尋坊、そして渋滞.......

翌朝、意外に早く目が覚める。今日も天気が良いゾ~。取り敢えず昨日の疲れは取れた様で、腕のかったるさも無い。早々と支度を済ませビジホをチェックアウト。一路向かうは東尋坊なのだ。鯖江ICから北陸道へ乗り、少々戻る形で丸岡ICへ。この日がSW初日の為か、高速が混んでいて思う様に走れず.....。オマケに横風が強くてフラフラ走行状態なのだ。丸岡ICを無事にETCで通過後、さぁどう行けばいいのかな?と考える。今回の全国OFF会場である中国地方のツーリングマップル(借り物)は持っているが、北陸地方の地図など持っていない。何せ急に来てしまったのだから.....。取り敢えず国道と思われる広い道を、東尋坊が有ると思われる方向へ向かう(笑)。程なく走ると、東尋坊~kmの看板が有ったので、安心して看板通りにバイクを走らせる。暫くすると眼前に日本海を発見。昨日は高速ばかり走っていたので、ゆっくりと日本海を眺めている時間が無かったのだ。東尋坊まで残り数キロの所で公園の様な場所があったので、マターリ一服することに。日本海の美しさと荒々しさをしばしボーッと眺める。

T1 T2

一息ついた所で、目的地である東尋坊を目指す........モノの2分で到着。無料駐車場の係員が管理人を手招きするので、それに従って駐車したのだが、見事にお土産屋さんの駐車場だった(笑)。だから手招きしてたのね......。断崖絶壁を見学した後に、少々小腹が空いたので、お土産屋さんにて焼きイカを食す。ビールが欲しくなったが、先は長いのでグッと我慢なのである。

T3 T4
T5 T6

その後、東尋坊近くの石油備蓄基地を見に行くも、巨大備蓄タンクは全て色々な会社の敷地内にあり、近くまで行く事が出来なかった.......。セキュリティも厳しそうだった。そのまま兵庫まで向かう事に決めたが、ズーッと高速道路は飽きてしまい、時間も余裕そうなので敦賀ICまでは下道を走る事にした。越前海岸線を気持ちよく走り抜ける。若狭湾&敦賀湾はとても綺麗だった。「越前・河野しおかぜライン」は最高のロケーションだった........が写真は撮っていない(爆)。迷うことなく敦賀ICに辿り着き、再度北陸道で南下する。滋賀県に入り「賤ヶ岳SA」で給油&休憩。
T7

この辺から徐々に車が多くなり渋滞気味に。本来なら高速を降りて琵琶湖を見学したかったが、この先大阪を抜ける時に巻き込まれるであろう渋滞を考え、泣く泣く名神高速を目指す事に。名神に入ると最初は良いペースで流れていたが、栗東手前辺りから完全に渋滞なのだ。車列の真ん中をスイスイ走るが、時折急な進路変更の車に焦る事もしばしば。オマケにバイク便の人にはクラクション鳴らされるし.......。バイク便は危ない位に物凄い早さでスリ抜けていった.........。渋滞をスリ抜けつつ、給油ポイントである「草津SA」まで何とか到着。暫くの休憩後に給油へ向かうが、そこで見たモノは!!!!.........なんと!「給油45分待ち」の看板アワ((゚゚дд゚゚ ))ワワ!! マジですか.....次の給油可SA迄は持たないし.......致し方なく並ぶ管理人。給油に45分も待つのは生まれて初めてなのだ(笑)。

T8 T9

30分程で給油出来たが、流石に疲れた.....。本線に出るも、延々と渋滞の為ペースダウンを余儀なくされた。有る程度の流れが回復したのは中国自動車道に入ってから。早くシャワーでも浴び、横になりたいとの一心で休憩無しで「滝野社IC」へ直行。ICから10分程度で目的のビジホに到着。周りにラーメン屋等何もなかった為、コンビニで弁当&ビールを買い込み部屋でくつろぐ。ユンケルとRedBullも飲み干した。明日はいよいよ鳥取ダ!と言う事で早めに就寝。クレカを忘れた為、所持金チェックをするが......少々心許なくなってきた.....。チョット心配ダ。
(其の四へ続く....)

2009年9月24日 (木)

【全国OFFへ其の弐】目指せ日本海.......

全国OFFへ向かうに当初は19日出発の予定だったが、何故か急に日本海が見たくなり急遽18日に出発したのだった。当然会社へは有給休暇......をTELで伝える(爆)。無事にETCにてゲートを抜けた後、向かうは日本海!つーことで、中央道 → 長野道をひた走り、最初の給油ポイントである「梓川」へ。水分補給&一服後にGSへ。その時チョットしたトラブルが......。何処を探してもクレジットカードが無いのだ。給油は全てクレカで済ませようと、自宅で準備中に財布から出し..........ああぁぁぁ.........そのまま忘れてきたか?.........。取り敢えず現金で給油し、速攻で自宅にTELを入れる。嫁さんに事情を伝え、管理人の部屋を見てもらうと、チャーンと机の上に有ったそうな。紛失していなくて良かったとの思いと、持ち合わせだけで大丈夫か?との不安が.....。まさか引き返す訳にも行かず、なけなしの諭吉5人が管理人を励ますので、このままツーリング続行を決意。まぁ何とかなるだろう。そこからは長野 → 新潟と北陸道を快調に走り続ける。途中、蓮台寺PAで休憩中にkawasaki乗りの青年と出会う。何でも2週間の予定で本州一周しているそうな。気を付けて~、と別れるが、 遅めの昼食をと立ち寄った富山の「有磯海SA」でまた一緒になる(笑)。休憩ポイントって大体同じナノネ。ネギトロ丼を食したが、足りないので更にたこ焼きを食べるのだ。食後に青年と色々と話をし、再度別れ北陸道を再爆進する。
O1 O2

富山を抜け、石川に入り小松を過ぎた「尼御前」で本格休憩。ここまでは給油と小休止しかしなかったので、結構疲れてきているのだ。ソフトクリームを舐めながらボーっとしていると、上空から爆音が近づいてくる!ナンダナンダ!?と思い空を見上げると、3機のF15が変態....イヤ編隊飛行しているではないか!アッという間に過ぎ去り、こりゃ貴重なモノを見たな~等と思っていると更に3機が通過。あ~写真取れば良かった.......チト後悔。計6機が遙か彼方の海上でバトル(のような感じに見えた)を演じている。管理人を含めた観光客一同がそれを眺める。

O3 O4

十分に休憩を取った後は、本日の行き先である福井へ直行なのだ。福井では是非とも「東尋坊」を見ようと思う.........が、このままの時間だと到着が遅くなってしまうし、何よりも少々疲れたのだ。疲れを明日に残したくないのもあり、宿泊先である「鯖江」のビジホへ直行。明日、東尋坊を訪れようと誓いつつ、ホテル近くのラーメン屋でビールとラーメンを一人ススるのであった。部屋に戻り、缶ビール2本目を飲み切らずに、気が付いたら寝てしまった。あ、寝たんだから気が付かないのか......。

(其の参へ続く....)

2009年9月23日 (水)

【全国OFFへ其の一】先ずはETC取付&動作確認を.....

VmaxML全国OFF会場の鳥取へ向かうには、ルートはどうあれ高速道路が必須である。中々進まなかった(単に怠けていただけだが....)ETCの取付と動作確認であるが、出発まで時間も無いので動作確認はブッツケ本番と相成ったのだ。んで取付だが、色々考えたが既現取付済みのカメラマウントを使用する事とした。一番安易な発想である(○゚ε゚○) 先にも書いたとおり時間が無いので、今回の仕様は"取り敢えず使えれば何でも良い"仕様なのだ。適当なアルミ板を幅=ETCと同じ幅 x 長さETC+3cm位に切断し、角を面取りしたモノを用意。そのアルミ板をサンドイッチするように、上にETC本体、下にバッテリーBOXを両面テープで貼り付け(笑)。一応心配なので布テープで補強したのだ。スピーカー部も急な雨を想定し、防水の意味でテープを貼り付けたが、それ以外の所が何も貼ってないので無意味な事に途中気が付く.....。マアイイヤ......。後はETC後端に出っ張ったアルミ部分に適当な穴を開け、ハイ完成( ・∀・)イイ!! カメラと共締めすれば一石二鳥なのだ。カメラを付けない時は蝶ネジで固定する。チナミニ雲台側はインチの雄ネジ。カメラマウント本体も風圧で動かないよう増し締めし、仮付けした所問題無さそうなので、このまま出発当日の本番を迎える事となった。実際に取り付けた所の写真を取り忘れたので、ツーリング中の適当な画像より切り出したのだ。少々見難くてスマソ.......。

Et1 Et2

チョット不格好ではあるが、今回はETCゲートさえ通過出来れば良いのである。後々スマートに取り付け出来る様、考える事とした。出発日、中央高速昭和IC入口手前で、どうせなら動画も撮ろうとカメラと共にマウント、電源SWをON!スタンバイ表示を確認し、イザGateへ!チョットだけドキドキしながら通過する。モノの見事に成功である(v^ー゜)ヤッタネ!! コレで高速料金の心配は無くなったのだ。後は電池が切れては元も子も無いので、忘れずにSWをOFFに。何せ両面テープで付けてしまった為に電池交換が出来ないのだ。晴れてETCにてGateを通過出来た事により、管理人の鳥取へ向けた長旅が幕を開けたのである!(其の弐へ続く....)

2009年9月22日 (火)

無事に帰還しました!

Vmax ML全国OFFメインのロングツーリングより無事に帰還しました。昨日は鳥取から直に山梨への帰還だったので、到着後に疲れ果てて寝てしまいました。MLとmixiには帰着報告したモノの、Blogへの報告を忘れてました.....。改めて全行程を無事に終え、無事に帰郷した事を報告いたします。ツーリングや全国OFFの様子は、後日徐々にupしていきたいと思います。先ずは疲れを癒すのと、家族サービスをせねば.....。

V1

2009年9月19日 (土)

明日は全国OFF!本日出発?イヤイヤ.....実は......

明日は予てからのVmaxMLの全国OFFなのだ。管理人は本日19日に出発し、途中一泊してからの会場入り...........のはずだったのだが、実は既に昨日出発していたのだ(笑)。思い立ったように会社の有給を取り(会社関係者見ていたらご容赦を.....)3泊の予定で山梨を出発。何と!日本海側を回って本日に至るのだ。中央道 ⇒ 上信越道と長野を抜け新潟に。そこから北陸道で新潟 ⇒ 富山 ⇒ 石川 ⇒ 福井なのだw(゚o゚)w 昨日は福井へ一泊したのだが、移動だけで疲れてしまい観光は出来ず仕舞い.......。んで本日、東尋坊へ行き、その後石油備蓄基地を見学(と言っても、外から見るだけだったが)。そこから滋賀 ⇒ 京都 ⇒ 大阪 ⇒ 兵庫のルートで爆進し、本日兵庫のビジホに宿泊している。このブログはホテルのPCから書いているのだ! 明日はいよいよ鳥取県なのだ。イヤッホーゥ! 早めに出発し、鳥取砂丘へ行きたいのだが、疲労がショウショウ......。今日兵庫へつくまでに、京都と大阪でエライ渋滞にハマり、スリ抜けx2で来たのだが、気疲れしてしまった。オマケに草津SAでは給油に45分待ちだったし........。詳しくは全国OFFより帰ってからレポートしたいと思うのだ。これを書いてる今も腕がかったるい。さっきコンビニでユンケルを購入してきた。明日もガンバルぞ~ヾ(;´Д`A

2009年9月13日 (日)

ロボットがラーメンを....

全国OFF前の家族孝行と言うわけで、チョット面白いラーメンを食して来た。とは言っても、食べ物自体はラーメンなので面白い訳ではなく、何と!ロボットがラーメンを作ってくれるのだ!その名も「ロボットラーメン」なのだ。会社の友人からの情報で、面白そうなので家族って行ってみた。友人からの前情報によると、ラーメンを作る工程の殆どがオートメーション化されているそうな。家の子供らはスターウォーズのC3POの様な人型ロボット(いわゆるアンドロイド)が作るとスッカリ思っている(笑)。家から30分程で場所がチト分かり難かったが何とか到着。お蕎麦屋さんに併設されている形で営業している。店の周りにコンテナ等があり、ラーメン屋とは思えぬ外観なのだ。
R1 R2

早速注文しようとするが、注文の仕方が解らない(爆)。お店の人に聞く。どうやら入って直ぐのPCにて注文するようだ。ラーメンの種類も色々とあり、細かく注文すると何と!900万通りの注文が出来るらしい。確かに詳細画面で注文しようとした所、スープの種類、麺の堅さ、ダシの濃さ、スープの濃さ等々、何をどうやって注文して良いか解らない位の調整(?)が出来るのだ。面倒になった管理人は初期画面に戻り、簡単注文で注文。こちらは4ステップ程で注文が出来る。チナミに家族4人分を皆違う味で注文したのだ。PC隣にある精算機にお金を入れ、PC画面の精算ボタンを押すとオーダーが入るらしい。んで精算ボタンを押すと、程なくして機械が動き出す。
R3 R4

ドンブリの配膳やスープ供給、本当に全てがオートメーション化されている。見ていて面白いのだ。子供も興味津々で見ている。麺の湯切りまでも自動なのだ。唯一人の手が入るのは生麺の投入とチャーシュー等の上に乗るモノの供給だけだ。でもどうせならここまでもオートメーション化して欲しかった....。注文通りの4種類のラーメンが次々と出来上がってくる。子供がいるのでテーブル席で食す事に。管理人はカウンターで食べたかったが....。4種類を食べ比べてみると確かに味が違う(当たり前か.....)。機械で次々と出て来た割には本当に味が違うし、注文画面に表示されていた「~風味」もキチンと再現されているのだ。感心感心。
R5 R6

一通り食した後、再度厨房見学をし帰路についた。いやはや面白いモノを見せてもらったのだ。ラーメン屋さんもオートメーションの時代なのか....。それと帰る時に気がついたが、出入り口のドアもエアーシリンダーで開閉する。動作時に"プシューゥゥゥゥ..."とSF映画の宇宙船の扉のような感じだ。ご主人が機械モノを好きなようで、店舗裏の倉庫には工作機械類が色々と有ったなぁ。実に面白いラーメン屋であった。子供がまた来たがっていたな......。

値段はどのラーメンを注文しても一律\500。ミニは\300也。精算機は札が使えなかったので、お店の人に両替してもらった(笑)。大盛りメニューが無いので管理人としては寂しかった。是非大盛りメニューも追加して欲しい所ダ。家に帰ってきてGoogleで検索すると、この「ロボットラーメン」に関して色々な記事を目にする事が出来る(シランカッタ....)。YouTubeに動画まであるので、興味のある人は検索してみて下さい。

ロボットラーメン
山梨県南アルプス市桃園1421-2
TEL:055-284-4432
営業時間:昼11時から2時半  夜6時から8時
定休日:特になし

2009年9月10日 (木)

シートバッグ購入.....

予てから購入予定だったシートバッグを"やっと"購入した(笑)。もともとタンクバッグやシートバッグ類はもっておらず、日帰りツーリング時はウエストバッグのみ、1泊位だと適当にネットで括っていくのみであった。どうにもバッグ類を付けたバイクのシルエットが好きになれず、極力荷物は積まない主義だったのだが、最近ではツーリングへ行く度に「ヤッパリ有った方が便利?だよなぁ....」等と思うようになり、今回の全国OFF参加を機会として購入したのだ。シートバッグと言えどメーカーや種類が数多く、改めて購入しようと思うと何を選んで良いのか迷ってしまった。一応管理人側の条件としては、あまり全体的なシルエットを崩さないモノで、それなりの容量のモノ.....縦長よりは横長....って事で色々とWebで見て回ると、一番イメージが近いモノがコレだったのだ。購入したのは「TANAX ミニフィールドシートバッグ」成モノ。
Sb

Webで安い所を探しまくって、送料込みの\9,500也。容量は標準状態で19Lだが、両サイドを7cm程づつ拡張出き、最大で27Lへと可変するのだ。これだけの容量が有れば、管理人が持つ荷物であれば2~3泊位は余裕そうだ。オマケにペットボトルホルダーが両サイドに計2ヶ付いているが、コレは管理人としては取り外し出来る方が有難かったが、縫いつけられており取り外しが出来ない。試しに取付予定場所へ置いてみたが、大きさもVmaxのタンデムシートより少しハミ出る位で丁度良い感じ。必要以上に縦長にならず、スマートに取り付け出来そうだ。ここまで準備して全国OFFへ行かない訳にゃ~イカンダロウ....。ツー事で晴れて参加が完全決定したのだった。後は天気が心配だが、このバッグおかげでカッパの収納も楽々なのだ( ̄ー+ ̄) が、出来ればカッパは使いたくないのが本音。神様に天気でも祈るか.....ナ....。

2009年9月 7日 (月)

参加.....決定?....たぶん....

以前このBlogでも紹介したと思うが、9月20~21日に鳥取県にてVmax MLの全国OFFが開催されるのだ。一応管理人も参加予定で、連日(でもないか..)予定を調整してるのだが、今ひとつ予定がハッキリしない現実。とは言うモノの、先週末が締め切りだったので参加予定の方向で申し込みを済ませたのだ。もう何が何でも参加出来るよう、参加費の入金もしたし19日に出発し、1日目の宿の手配もした(笑)。ここまで予定してあれば嫁さんも駄目とは言わないであろう(爆)。まぁ、粗方行く事は出来ると思うのだ。
Sakyuu

行き先が鳥取県だが、一日で到着する事は難し......くは無いが、折角遠くへ行くのだからゆっくり、ノンビリ行こうと思うのだ。今の所の予定では全国OFF前日の19日に出発し、1日目に大阪は抜けてしまいたいので、兵庫に一泊する事に決めた。そうすれば次の日は200km強の距離なのでさほど辛くないだろうとの算段。ついでに鳥取県と言えば何と言っても鳥取砂丘!って事で鳥取砂丘を見てみたいので、全国OFF会場到着前に砂丘見学へ行こうとも思っているのだ。まぁ、時間に余裕が有ればの話だが.....。着々と準備は整いつつある。VmaxのOIL交換とデフOIL交換、各部の点検は今週末にでもやろうと思う。どうやらこのままだとETCはブッツけ本番になりそうな予感。まぁ何とかなるだろう(笑)。約2週間後に迫ってはいるが、事を急ぐと何かと良い方向には行かないので、落ち着いて予定を調整し、気持ちよく参加したいと思う。今の所の参加可能率70%位か!? マターリ高速クルージングを楽しみたいモンである(笑)。

« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »